肉親の死とダイエットのことで悩んでいます。よろしくお願いいたします。

1 92 mitako 5 ヶ月、 3 週間前

はじめまして。
みたこと申します。30歳、女、某企業で事務をやっていますが現在、睡眠障害で休職中です。兄弟は居らず、実家に母と二人暮らしです。

前置きが少々長くなります。

わたしは16歳の頃から精神的に不調となり、ボディカットをしていました。当時、診てもらった医者に酷いことを言われ医者不信になり、病院に行かないでいました。大学2年生の時に6ヶ月間、引きこもりになり留年し、20歳で統合失調症と診断され投薬が始まりました(この時161cm、40kgでした)。大学は5年かけて卒業できましたが、薬の副作用で、9年後の29歳の時には体重が投薬開始時からプラス34kg、74kgになっていました。
幸いなことに、薬の量が最小量にまで減っていたので、ダイエットについて調べ、病院で栄養指導も受けながら、健康的な減量を目指して努力しました。お陰様で、ダイエット開始から8ヶ月後には、マイナス18kgを達成し、56kgになれました。生理も止まるどころか周期が安定し、もちろん体力も落ちていないし、寧ろ筋力がついて、いつもは嫌いな自分のことも、すこし好きになってやってもいいかなと思えるくらいでした。

そんな時、父が亡くなりました。
実は父は、亡くなる4年前に交通事故に遭って脊髄を損傷、四肢麻痺となり、首から下が全く動かない身体で、ずっと寝たきりで天井だけ見ている生活を強いられてきていました。当時わたしは就労移行支援施設に通っていましたが、そんな場合でもなくなって、母と福祉の皆さまが主に父の介護をして、わたしは家事や雑用をして暮らしていました。
あるとき両親が「あなたにはあなたの人生があるから」と、わたしに就活をさせてくれて、就職できたのが昨年です。母も、父も、わたしの就職をとても喜んでくれました。父が急性呼吸不全で他界したのは、わたしが就職して僅か2ヶ月後のことでした。

父が亡くなって忌引き休暇の内に、葬儀だのなんだのと済ませるにあたって、わたしは「ダイエットをしている場合じゃない。葬儀には親戚・縁者、父の仕事関係者などたくさんのかたがお越しくださる。父の娘として立派にやらなければならない。母のことも心配だ、わたしが元気に、しっかりしないと」と思いました。それで、8ヶ月継続していたわたしのダイエットを、お休みすることにしました。

それから、ダイエットが再開できずにいます。来月で1年になります。体重は、8kgも戻ってしまいました。何度も、再開しようとしましたが、父が亡くなる以前にわたしが持っていた、やる気やパワー、エネルギーといったものが、いま見当たらないのです。
わたしは自分のことを醜いと思うし、太っていることを自己嫌悪や自己否定の材料にしてしまうし(それをすると、彼氏に怒られますが;)、「嫌いな自分のことを認める試練」といえばそうかもしれませんが、やっぱり痩せてキレイな身体に憧れますし、筋トレは面白かったし、何より、自分の理想の自分に自分を近付けていくのは自己肯定感も高まるし楽しかったです。

ダイエットを再開したいです。
なぜ再開できないのでしょうか?
どうしたら再開できるでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • Kukka
    2020/02/12 18:42

    みたこさん、こんばんは。

    読ませていただきました。よくここまで歩んできましたね。みたこさん自身、どう感じているかは少し置いておいて、私の素直な感想は、本当に辛い中、自分をこの世界から消す事なく生きていてくれた事がとても尊いと感じています。

    私なりにですが、少しだけ深掘りさせて下さい。
    もしかしたらですが、ご家族を不幸にしているのは、ご自身だと思っていないでしょうか?
    そんなご自分はこのままの方がいいかもしれない…そう感じてはいないですか?

    心の中に記憶としてこの様な思いがあると、「したくてもできない」「やる事の方が圧倒的に自分が良くなるのに動けない」のです。

    まず、この置き去りにされてしまっているものを「ごめんね、ありがとう。」という気持ちで抱き締めてあげる事が必要になるかなと感じます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP