蝉と自分が嫌いでした。

5 2,527 退会したユーザー 4 年前

蝉と自分が嫌いでした。
みんみんみんみん、気が狂うぐらいに鳴いてるし
“夏の風物詩”だなんて言われてる割には、うだるような暑さを引き立てることにしか役立っていない。

あぁ~、それって私もだな。性格悪いし、実行もしないくせにグチグチ悪いことばかり考えてしまう。それで、たまにでる一言で周りの空気を悪くしてしまう。
だから私自身が嫌いで、そんな私に似ている蝉が嫌いでした。
鬱陶しいなと思っていました。自分と蝉が憎むほど嫌いでした。
学校での人間関係とか、思春期まっただ中で家族と仲良くしたいのにできないこととか、そんな悩みをほったらかして、夏になるといつも蝉だけに嫌々ベクトルを向けていました。

ですが、1週間前に、凄い場面に遭遇して、大っ嫌いだった蝉のお陰で、
大っ嫌いだった自分のことが少しだけ好きになりました。
私に大切なことを教えてくれた蝉のことも、少しだけ好きになりました。
部活帰りに、ぼーっと歩いていると、私の天敵が目の前に現れ、
そいつはいつも通り、みーんみーんと鳴いていました。
元気だなぁ…と思いながら通り過ぎようとすると、急に鳴き声が小さくなってきて
コロンっと、音もなく落ちました。

……何と言うか、呆気なかったです。蝉はいつもうるさいのに、こんなに静かに一生を終えたのか。と。
命の終りに直面したようで、見てはいけないものを見た気分になりました。すごく悲しかったです。

と、ここでふと考えました。
心底嫌っている蝉が、目の前で死んだ。その事実を私は、受け止められないでいる。悲しく思っている。
でも自分は時々心無い言葉を、「死にたい」と、ひとりで勝手に嘆いてみたりする。
バカだな、自分。蝉みたいに、不格好でうるさく目立って、でも最後は静かに消えていく、そんな人生を送れよ。なんで死にたいって言ったの?
必要とされなくたっていいじゃん。自己満でもいいじゃん。

自分のことを、今までにないぐらい恨んだのと同時に
大切なことに気づけた自分が、ちょっとだけ好きになりました。
蝉のこともほんのちょっと好きになりました。
 
皆さんにも、何かによって大切なものを得た経験はありますか?

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • あめ
    2015/09/22 23:09

    中学校から徒歩5分のところに本屋がありました。
    本を売ると同時にレンタルも併設されていて、アニメや漫画が好きだった自分は、そこでマンガを買ったり、友達とビデオやDVDを借りてました。
    正に自分のオタク人生はそこから始まったと言っても過言ではない場所でした。
    しかし、高校の年、突然その本屋が潰れました。前から話にはあったんですが、ある日久々にそこで本を買おうと意気揚々と向かうと、車はあっても店は開いていませんでした。いつも点いている明かりはなく、入り口から見える店内は真っ暗でした。
    その年の夏、友人たちと映画鑑賞する習慣がありましたから、DVDを借りるため違うレンタル屋に向かいました。
    まあ、言ってしまえばTSUTAYAなのですが、それがあるのが如何せん遠いんです。田舎なので、車で十分はかかるんです。
    そうして向かって、一人一本ということで借りることにして、自分はさっさと決めて、ジュースを飲むため店を出ました。外にはベンチがあって、そこで飲んでると自分と同じように決め終わった友達がやって来て、隣に座りました。
    何を話すでもなく、適当に目の前の景色を眺めていたら、そういえばこの方角の先にあの本屋があるなと思い出しました。
    思わず「なんだかなぁ」と呟くと「どうした?」と聞かれました。
    「中学のとき、通ってた本屋あったでしょ?」
    「あー、あったね。今年潰れたらしいね」
    「うん。それでね、大切なものってなくしてから気づくんだなぁと思ってしまって」
    と素直に答えたら、爆笑されました。
    「いや。まあ、確かにね」と言われたんですが、言葉の端々に草生えてるようにしか聞こえませんでした。
    そんな夏の日のお話でした。

  • 2015/08/21 18:07
    退会したユーザー

    こんにちは。
    ラビオリの夏ソング「せみ」です。よろしかったら、ぜひお聴きください。

    https://www.youtube.com/watch?v=Nux_9woBzCw

  • 2015/07/31 09:26
    退会したユーザー

    泣けるいい話だって朝からいい気分になりました。ありがとうございます。
    私もセミにまつわるエピソードがあります。空き地に止めてる自転車を取りに行ったときのことです。自転車のかごに鞄を積んで、自転車に乗ろうとしたときに足元でうじゃうじゃ動くものを感じたんです。思わず叫びました(笑)よく見ると、脱皮に失敗したセミに蟻の大群が群がってたんです。私は何を思ったのか、蟻の大群にペットボトルのお茶をかけ、セミをハンカチで包みました。そして、ダッシュで家に帰って、母親を起こしてどうしようって動揺してました(笑)死んでしまうかもしれないけど、そっとしておくことにしました。捕まりやすいようにカーテンのレースにセミを捕まらして。半分脱皮している状態の上に、お茶をかけたことを少し後悔しました。でも、そうでもしないとセミはありに食べられてしまうし…、複雑な気持ちになりましたが、その日は私も静かに寝ました。朝起きると、セミのからがカーテンにくっついていて、そのとなりには、立派なクマゼミがいました。羽は伸びきっていなかったけれど、立派な姿に感動しました。朝のうちに桜の木に逃がしました。ちょっと寂しかったです。それに羽もないような感じだから、ちゃんと生きていけるのか心配でした。でも、わたしができるのはここまで。あとはセミ自身が生きていかねば。まるで、旅立つ子どもを見送る母親のような気分でした。んー、熊吉は元気に生きたかな?(笑)

  • 2015/07/30 18:24
    退会したユーザー

    まいんさん、ありがとうございます。
    まいんさんのブログ読みました(*^-^*)
    私と思っていることが同じで
    改めて蝉のすごさ・偉大さを思い知りました!(^^)!
    些細なことでしたが、生きる勇気を貰いました。
    ありがとうございました(*^-^*)

  • 退会したメンバー
    2015/07/30 12:42
    old
    ココトモメンバー

    不眠少女さん
    ちょうどこの前セミの話をブログに書いたのでびっくりしました(°д°)
    http://kokotomo.com/55788/
    セミも含めて、命ってあっけないですよね。
    生きていたら辛いことやしんどいこともあるから、つい、忘れてしまいがちで
    傲慢になったり投げやりになったりしてしまうものです。
    が、
    どこかで不器用にも頑張りたい自分もいるものです。ただ、諸事情で奥に引っ込んでるだけで。
    人生の本番は一度きりですから
    悔いのないように過ごしたいものです。
    メンバーまいんでした。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP