褒められるのが嫌い

1 235 hika0720 8 ヶ月、 1 週前

私は褒められるのが嫌いです。
容姿だけではなく、性格や、自分が出した成果なども含め、褒められるのが嫌いです。

『かわいいね』とか『綺麗になったね』とか言われても、『本当はそう思ってない』と思ってしまい、反射的に「お世辞はいいです」と答えてしまいます。

内面も同じで、『優しい』とか『強い』とか言われても、『そんなことあるはずが無い』と内心で否定してしまい、結局否定してしまいます。

成果が出た場合でも『凄いね』とか『流石だね』とか言われても『そんなもの出来て当たり前。でもあなたよりは上手くない』と思ってしまい、
逆に失敗しても『頑張ったね』と言われると『頑張っていようがいなかろうが結果的に失敗したのだからそんなもの関係ない』と思ってしまい、終いにはキレてしまいます。

褒め言葉というものが全て嘘に聞こえてしまい、それらは私の御機嫌を取るためにやっているのではと思ってしまうのです。
それは他人、親、友達関係なく、そう言った言葉を素直に笑って受け止められないのです。

褒められるっていうものは嬉しいものじゃないですか。また頑張れる活力で、褒めて欲しいから頑張るという人も多いはず。
なのに私は褒められるとやる気をなくして全て放り投げてしまいます。

私は結果が全てだと思っていますし、それに対して頑張った頑張ってないは関係ないと思っています。私が成すこと全てに。

でも他の人が頑張ってる姿を見れば、頑張ったね、凄い、と褒めることが出来ます。褒められてる姿を見るとホッコリします。頑張る過程にこそ、意味は生じるものだと思っています。認められると良かったね、と思ってしまいます。

私は、”私が褒められる事、認められる事”に対して腹が立つのです。
私に対する言葉は、全て思ってもいない事を言われている気がしてなりません。

逆に『使えない』だの『可愛くない』『デブ』『キモイ』『嫌い』とか、そういう暴言はなんともなく、寧ろ面白いと思ってしまうのです。
そしてその通りだと納得もします。

こんな私の感覚がズレている自覚はあります。
理解されないものだと、分かっています。
だから、嫌でも私は褒め言葉を聞き続けます。仕事ですので。

ただ少し、聞いて欲しかっただけです。
失礼しました。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 2019/03/07 16:15

    どうも珈琲と言います。
    私にも似たような感覚があります。
    あくまで似た感覚です。
    私も褒められるより
    「今日は失敗してしまいましたね。また明日頑張りましょう」
    といわれる方が素直に言葉が受け取れます。
    多分同じ意味の発言でも
    否定的に語るだけでぐっとリアリティが増すと思うんです。
    だからただ褒められても受け入れないのかもしれないと私は思いました。
    そして確かに常に全力であるなら
    頑張ったとか頑張ってないとかは関係ありませんよね。
    やっている事だったら申し訳ありません。
    どうか自分のことで、結果のみならず過程にも目を向けてあげて欲しいです。
    どうやったらもっと上手く出来たのかを過程の中から見つけて
    自分のここが良かった悪かったという判別をして工夫して実際にやってみる。
    それこそが努力と工夫なのだと私は思います。
    成功にしろ失敗にしろ振り返ってこそ経験は活きるのだと私は思ってます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP