親とのことが頭から離れない。学校無理気味に行って壊れてしまった

0 58 arimikan 1 週、 3 日前

こんにちは。よろしくお願いします。
ダブり質問でしたらすいません。同じこと述べているかも(;^_^A
親とのことが頭からなかなか離れないし、整理がつきません。
両親ともに学校イケイケといい私は無理気味に学校を卒業しました。
その結果、二度と学校とも社会とも関わりたくないという立派な人間となりましたw
友達がいなかったり恋人がいなかったりしてとてもつらかったので行きたくはなかったけど
行かないことに寄る選択肢も当時存在しなかったので無理気味に学校なり大学なりを卒業しました。
カウンセラーからは色々フォローしてもらったのですが、アドバイスがちぐはぐでいまいち腑に落ちません。
カウンセラーはいい大学卒業したんだから立派ですよ!といいました。でも2浪してますし、大学が特に一番つまらなかったです。友人関係、異性。
親からしても社会からしても、学校卒業したんだから、さー社会人だというのが一般的なシナリオですが、私は就活すらしませんでした。1社も面接受けてません。
実家戻ってきて、ネットで商売を始めようとしたら父親からすごい反対されて、ノイローゼ状態になりました。せっかくの大卒、新卒というのをごみ扱いにしてカードを全く使おうとしない私と、卒業したんだから立派な会社勤めろという父親。
これに関してカウンセラーは過去をうじうじ悩んでいたら終わったことで再度苦しむからやめましょうと促しました。それはおっしゃる通りだと思いますが、整理はつけたいところです。
母も私が学校行きたがらないことにすごいショックを受けていて、いけいけの一点張りでした。
家庭は一時崩壊し、学校生活も、就職だの就活も、全部崩壊しました。
カウンセラーは過去は過去だし忘れて未来を見ましょうと促しました。でもそれもだめなのです。なぜなら、学校本当に行きたくなかったので、行き続けてしまったことに寄って性格は歪み、デートだのデートスポットだの旅行だの、祭りだのイベントだの出世だの、優勝だの人生のすべてを真っ黒に塗りつぶしてしまったようなのです。何でもどうでもよくなってしまった。
なので何の夢も共感も抱けないし、普通の人と同じような人生を歩むことが非常に難しくなってしまいました。
また、こうなった以上人と同じ道は歩みたくない、独自の道を歩みたいという風に思うようになりました。昔学校に行っていた時不登校だった時期もあるので、年下の先輩とか言うのができてしまって話したり人間関係を構築するのがすごく嫌でした。お前といわれたり、こちらが敬語使うのもすごく嫌。今思い出してもむかつきます。
今は自営みたいな仕事をやっています。カウンセラーはその人自身も自営で、一応フォローしてくれるのですが、そいつ旦那さんがすごいお金持ちらしいし、なんか心こもってないように思いました。
私の人生は挫折が多かったと思います。その都度かなりボロボロに傷つき、負け惜しみ正当化で
独特の人生観が生まれ、その見たことも聞いたこともない独自のつぎはぎ人生観で私が形成されています。カウンセラーさんは今の私を立派だとか言いましたけど、何かわかってない感じでした。
健全な成長は立派な石垣ができてそこにお城が立つようなイメージです。私のは負け惜しみ正当化による無理気味の石垣や一時しのぎ何かを無理やり組み立てて、蹴とばせばすぐ崩壊するかもしれない。お城を立てたいのかどうか何を目指しているのかよくわからん状態です。
なのでその不安定な状態を立派だとかいい、とかいうのであれば今後もそうした組立が正しいという前提で生きていくことになるはずなので、私も違和感を感じたのだと思います。
紆余曲折があったけど、今は幸せといいたいところですが、立派な自営業者になった!と個人で吠えても、女性がそれを認めてくれません。つまり挽回など所詮できてはいないのではないかと感じます。カウンセラーは、私は自営業者が好きですよと嘘こきましたけど、その人が好きかどうかは単なる個人の感想でありフォローにはなってないと思います。ま、カウンセリングとはそういうもんかもしれませんが。
落ちこぼれ扱いされるのはすごい嫌ですが、負け惜しみや正当化を必死に試みてもどうしてもその単語がちらちらうごめきます。
なんで今も昔をすごく悩んでいるのかというと、出会い系とかで女性と合ったら子供とか、将来とかそうした話をせざるを得ないのです。過去を整理する必要性に迫られます。真っ黒な過去。真っ黒に塗りつぶしてしまった価値観、矛盾だらけの正当化それで接していかなければいけません。
話少しそれてしまいましたが、私の人生が何なのかよくわからないし、親が学校イケイケ言ってくれたことがいいことなのか感謝すべきなのか恨むべきなのか、何なのか整理が全くつかない状態です。
いい大学を出ることに寄って得たものはあったと思います。但し、大学を出るまでにあまりにボロボロに傷つきすぎてしまい、何が何だかわからなくなり、挽回不可能になってしまったので、そのメリットをほとんど享受できなかったと言えます。
就職、恋愛はいい大学云々ではなく人柄で決まるようです。それも大学卒業しておそらく初めて知りました。そのためいい高校いい大学出ていても、その価値を享受することはほとんどできませんでした。
また、それを知ってショックだったので、せっかくいい大学を出たのに全部ごみだと強烈に思ってしまい、コンプレックスすら感じる混乱ぶりです。
カウンセラーは、私は人生経験が少なくて、こもった価値観で決めつけているという風にしてきました。それはそうかもしれません。
学校行く→年下の先輩かいてすごく嫌だし、友達作りも下手なので、どうしても孤立してしまう。
学校行かない→いうのは簡単。でも素晴らしい未来なんか待ってはいない。学校や人生をどうとらえるのかで女性とかと話が合わない。人生や楽しみを健全な目で見ることがとても難しい。
正直子供持ちたいとか思うのかどうか知りません。持ったら学校行くべきかどうかを親としてアドバイスできないと思います。私自身が矛盾を抱えているので。
当時できれば、なんで学校に行きたくないのか親は私にちゃんと聞いて対策を練るべきだったと思います。こちらとしてはたぶんどうせ言ってもわからないと感じていたと思いますけど。当時は忘れましたが親子の対話促そうとしている人はいたような気がします。
親が学校イケイケとうるさかったことを今になりどう整理したらいいのかアドバイスを頂きたいです。

自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!

ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋愛相談・恋人マッチング(完全無料)・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。

Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/