進路のことで

4 74 konatsu 1 週、 5 日前

高校に入学してから、デスクワークは苦手なので、ほんわかと将来は技術職をしたいと思ってきました。特に何になりたいというのはありませんが、進路の先生からの勧めもあり医療系の職を目指していました。
ただ3年になりこのまま進んでもいいのか、と不安になってきました。誰に相談しても自分の中での決意が固まらず、某知恵袋に質問しました。その回答は私にとってかなり辛辣でしたが、生半可な覚悟で頭も良くない私が、医療の道に進もうとした事の考えの甘さに気付きました。
オープンキャンパスも行き、高校生の間の2年くらいはその進路で考えていたので、いざ、なりたい職業像を聞かれても何も出てきません。
ですが今のままの進路ではきっと進学した先でやめててしまうと思います。
あと半年弱しか時間がありません。
こんな焦った状態で別の進路を決めてもきっと納得できませんよね…
通信制高校で、ほぼ独学なので今から受験勉強なんて間に合いません。そもそも大学に通えるほどのお金もありません。
行きたいとも思えない学校に奨学金を借りてまで通うのも馬鹿らしく思えてきてしまって。もう就職するべきなのでしょうか。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 2019/07/03 22:51

    「デスクワークは苦手なので、ほんわかと将来は技術職をしたいと思ってきました」

    ここが重要ですね。

    この「ほんわかと」というのは無意識の中から出た選択だと思います。言葉では詳細に説明できないけれど、なんだかそっちの方を望んでいる。私の経験上、情報や他人の助言、社会通念に従った選択よりも、「なんとなく、こっちがいいな」と思った選択が良かったことが多かったです。ですから、今あなたがすべきことは、“とりあえず”気が向いた方向へ進むことです。

    ハローワークの職業訓練(6ヶ月)も一つの選択ですよ。あなたならアルバイトしながら学べます。進路相談専門の人がいるのでいろいろと相談できますし。また、実際の技術に触れることで何か閃くかもしれません。事前に見学もできます。

    まあ、焦らず行きましょう。人生、どうにかなるもんですよ。

  • 2019/06/19 22:26

    こんにちは。
    やりたいことがないまま大学に進み、やりたいことが見つからないまま社会人になってしまった者です。

    某知恵袋さんは、みんなやりがいだの責任がどうだの、長続きしないんじゃないかとか言うと思うけど、一旦置いておきましょう。

    私もやりたいこと、なりたいものが見つからずに過ごしていました。
    そこで焦りもしたし、半ば「これでいいか」と妥協を繰り返しながら進んできました。そんないい加減なやつが新社会人になって「こうすればよかったかも…」と思ってた身としては、

    ・大学は大なり小なり貰える給料が変わるので行ったほうが良い。が、奨学金は一生まとわりつく借金なので、行く大学の学費、自分や親の収入を踏まえてシミュレーションする。

    ・大学に行けても行けなくても資格は取る。特に医療系なら医療事務、それ以外なら簿記やITパスポートなどを取ると職に困らなくなる

    この2点です。

    やりたいこと、なりたいものがすぐに出てくる時もあれば、
    数年かかっても出てこない人もいます。それこそ還暦を迎えたおじいちゃんでも、やりたいことを探している人だっています。
    でもこの先「お金」と「仕事」は手放せないもの。少しでも選択肢を増やすためには、大学に行けても行けなくても、取っておいて損のない資格を取ることをお勧めしますよ!

  • ChacChaMaru
    2019/06/19 14:26

    こんにちわ。医療系の仕事をしています。
    僕も意見は同じで、焦らなくていいと思います。
    ゆっくり、あなたのペースで、「この仕事に生きがいを感じる」と思えるものに出会ってください。そうすれば自然と問題は解決しますよね?

    デスクワークは苦手とのことですので、未経験者でもOJTで経験可能な技術系のアルバイトや、正社員のポジションに就いてみて、実際に仕事をしてみて好きか、あまり向いていないか試してみてはどうでしょうか?僕はまだ若い頃に、コールセンター、広告代理店営業、派遣など色々とアルバイトで試しましたよ。その過程に後悔はしていません。いい思い出です。

    あなたが、まだ医療系の仕事に興味があるのであれば、病院内のショップでもよいし物品整理でもよし、直接ではなくても患者さんや医療従事者にふれあえる環境で働いて、医療の仕事への興味を深める機会を自分に与えてみてはどうでしょうか?興味を持った職種のスタッフからお話を聞ける事もあるでしょう。

    医療の仕事は様々な社会経験のある患者さんを相手にするので、ストレートに大学や専門学校を卒業して現場に入るよりも、異業でも少し社会経験がある人の方が、患者さんを理解し、よりそう上ではプラスになると思います。人生経験に無駄なものなど、ひとつもありません。

    医療系の大学、専門学校はその専攻への職業訓練校の要素が高く、興味がなければ続かないので
    ある程度の覚悟が出来た時点で入学するのが妥当でしょう。どうしても勉強したい、なりたいと思った時に入学しても遅くはないと思いますよ。

    同級生や世間の風潮に焦らされず、あなたらしい仕事への出会いを追求してください。
    応援しています!

  • doorknob
    2019/06/18 21:15

    もう30過ぎてるけど、未だに明確なやりたい事をイメージして生きてはいないよ

    本当に明確に将来の職業なんかを決めて生きてる人間なんてそんなにいないし、決めて一心不乱にその職業になる為に努力したけど、実際にその職業になってみて現実を知って挫折する人とかもいるよ

    大学に行けるならいった方が良いけど、その為の経済的余裕が無いなら就職しても良いと思う
    まだ社会に出た事のない歳で、社会に出た後の事を明確に考えることなんてできる人の方が少ないよ

    就職というか、いろんなバイトをしてみて、この業界、この会社で働きたいという道を探すのも手だと思うよ

    焦らずゆっくり考えよう

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP