新婚生活がつらい……

643 9 person退会したユーザー refresh2年、4ヶ月前

はじめまして。

去年の9月に結婚し、今年1月に子供も生まれ
楽しい毎日を過ごしたいと思っているのですが、妻との喧嘩が絶えません……

私が25歳で、妻が26歳です。

よく喧嘩するのが
①お金のこと
②家事育児分担のこと

とくに①についてが多いです。

①のお金についてですが、
現在、妻は専業主婦で私の収入のみで
生活しております。
月収手取りは約37万前後で、
その内10万円を天引きにて貯金、
残りの約27万円で家計を
やりくりしてもらっています。
家計の内訳が
・家賃13万5000円
・食費5万円
・日用品1万円
・光熱費1万円
・養育費2万円
・妻の小遣い3万円
・雑費2万円

になっています。
正直全く無理のない範囲だと思っており、
なんなら少し余裕があるとおもいます。
この家計の余った分は妻の小遣いにして
いいとしています。
妻の頑張りで余った分だと思うので。

また、私の副業で(会社は副業に問題ないです)
月に20万〜30万円ほどあり、
その収入は私の好きに使っていいとの条件で、
本業の収入を全て妻に任せています。
ちなみに、副業から
・私と妻の携帯代
・妻の奨学金
・月5万円の貯金
を支払っています。

この副業=私の小遣いからなにに使おうが
私の勝手だと思っており、毎日なにに使ったかをいちいち聞かれることに非常に不愉快で
喧嘩になります。
私は妻がどのような用途で
使用したか聞きませんし、こちらもそこは自由にさせてほしいんです……
私は競馬も趣味にあるので、そこに使うくらいなら家計にいれるなりしろとのことだと思います。

レシートは?とか聞かれる度に本当に
ストレスで……

②の家事育児分担に関してですが、
私は月〜金は9時〜18時頃まで仕事で、
帰宅してから料理、洗い物、娘の沐浴など行います。また、土日の内一日は私が子供をみて、妻に自由に過ごしてきていいよとしています。

掃除洗濯もその日に出来るだけしています。

わたし的には頑張っているつもりなのですが、
今朝も、競馬をしたことを言われ、
自分だけ好き勝手に楽しんで私は楽しむことがない、子供の世話だけしてればいいのか
と言われ大喧嘩しました。

私が間違っているのかもしれませんが、
最近本当に家に帰るのが嫌になってきて……

長々と申し訳ございませんが、
ご意見いただけると幸いです。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメント一覧

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • 2019.01.20 12:45

    ちなみに副業はどんなものですか?投資とか株ですか?

  • 2019.01.20 11:02
    退会したユーザー

    副業で20万儲かってるなら10万円くらいあげるといいですね。
    それでも文句いうなら
    離婚ですね。

    単純に育児だけの生活で
    自由時間がなく
    稼いでこれるわけでもなく
    怒りを向ける方向がわからなくなって自分で解決したり
    稼いだりすればいいことを
    結婚したことへの不満に変えてあなたを縛ってる。

    この奥さん、自由ができたら不倫しそうですね。

    夫婦問題のカウンセラーを入れて話し合うことをお勧めしますよ。

  • sara0707
    2019.01.20 09:59

    こんにちは。
    他の方がコメントしているので、必要ないかとは思いますが、
    産後3ヶ月は、「非常事態」と思ってください。
    母親は、生理的にも、精神的にも、とにかく余裕がなくなるときです。

    私は、妊娠出産が好きで、授乳が好きで、新生児と昼寝するのがとても好きでしたが、
    それでも、初産で生後3ヶ月は、これはいったいいつまで続くんだろう、と思っていました。
    寝不足だと、人間ちょっとおかしくなります。
    主人に早く帰ってきてほしい、と思っていました。
    すべて自分だけに責任がかかっていて、トイレにもゆっくり入れない、ご飯もゆっくり食べれない、、体調もまだもどらず、洗濯ものを干すのに腕をあげることさえつらい…
    なんとか少しラクになったのは、産後4ヶ月からでした。

    本当は、この時期は「育児だけしていればいい時期」ではあり、それでいいと思えれば問題ないのかと思いますが、
    奥さまは、この生活の激変に適応できかねているのでしょう。
    今まで自分を優先できたものが、すべて赤ちゃん優先になるわけですから。
    試練のときです。苦行に感じることもあると思います。

    奥さまからしたら、自分は赤ちゃんを優先する生活のために、すべてをあきらめているような状態なのに、ご主人だけ変わらず好きなことが出来てずるい! みたいな気持ちかと思います。
    ストレスがあっても、赤ちゃんに当たることは出来ないし、自分を抑えてしまうので、ストレスはたまると思います。

    「自分は楽しむことがない」と感じている奥さまに、
    帰宅後、何か言われる前に、
    「赤ちゃんをみててくれてありがとう。いつもよくやってくれてるよ。大変だったね」
    と声をかけてあげて、
    ちょっとでも、奥さんがご主人に赤ちゃんを丸投げして「楽しめること」をする時間をこまめにあげる方がリフレッシュしてもらえると
    思います。
    週末に1日、自由な日をあげているようですが(それはそれで素晴しいです)
    私は30分でいいから、毎日自由な時間がほしかったです。
    ひとりで赤ちゃんと接していると、産後って何か、休憩時間なしで24時間、働いているような気分になるんですよね。日中自分しかいないと思えば、煮詰まります。
    2人目が生まれたときは、上の子が下の子を構ってくれているだけでも、(そこに頼ることはできないのですが)だいぶ気が楽でした。

    女性は出産後、生活ががらりと変わりますが、男性は仕事をしていれば、そこまでは変化ないので、温度差があって当然だと思います。
    もちろん、世の男性よりも、よく奥さまを手伝っていらしゃると思います。

    あなたが、自分のしたいことを自由にする権利を奪われるのは、嫌だと感じて当然だと思います。
    でも、奥さまも、(出産は望んだことであっても)今、自分のしたいことをする自由を奪われている ように感じているのではないでしょうか。
    そこに、ご主人だけしたいことをするのは、ゆるせない、不公平だ、という感情が出てきても
    不思議はないと思います。余裕がなければ、なおさらです。

    少なくとも、どうか産後3ヶ月は、普通の状態ではない、と思って様子をみてあげてはいかがでしょうか…

  • 2019.01.20 02:28
    退会したユーザー

    多分、問題は金銭面ではなく、
    家事や育児の協力でもないように思います。
    現在、私も旦那も27歳です。

    私が産後の時のお話しですが、
    私は産後、多分ですが今思えば
    軽い育児ノイローゼ、産後うつだったのではないかと考えています。
    病院に行ったわけでも、専門家の方にお話しを聞いたわけでもないので、確実ではないのですが
    今考えても、情緒不安定とかそのレベルではなかったと思います。

    というのも、うちはあなたの家庭ほど
    金銭面に余裕はありませんでしたが、
    あの時の不安や苛立ちは、けしてお金だけではありませんでした。

    旦那はあなたと同じように、
    とても育児と家事に協力的で
    周りからも褒められていましたし、
    文句のつけようがない人です。

    ですが、私はその、「旦那が褒められている」
    そのことでさえも、苛立ちを感じていました。

    私は仕事をしているのですが、
    子どもの保育園が決まるまでは専業主婦でした。

    これはもちろん仕方のないことですし、
    子どもを授かる前からちゃんと決めていたことです。

    けれど、まず、
    旦那だけが仕事に行けることにイライラしました。
    あの時の私にとって、「仕事に行く」ことですら、「自由の時間」の括りになっていたのです。

    仕事をしていれば、もちろんお給料がもらえる。
    そのことですら、イライラしました。
    何故なら、「私は確かに家にいるけれど
    あなたよりも寝る時間が短く、あなたと違ってまとまった休憩時間などもない。それなのに、私には1円のお金も入ってこない。」
    そんな考えを持っていたと思います。

    子どもが小さい頃、大袈裟ではなく
    毎日毎晩、1日も休むことなく
    夜泣きがありました。
    結果的に2歳まで起こされ続けたのですが
    私の身体と心は疲弊しきっていました。

    まとまった寝る時間が欲しかった。
    例え2時間でも、3時間でも、
    「2時間寝れる」という安心感が欲しかったのです。
    子どもがやっと寝たあと、「やっと私も寝れる」と思っても、起こされる時間は何時間後かわからないのです。
    むしろ、1時間でも寝れれば充分。
    もしかしたら、30分後には起こされるかもしれない、そんな緊張感がずっと続いていました。

    夜寝ないなら、昼間でも寝てくれれば良かったのですが、うちの子は本当に寝るのが下手くそな子で、夜も2回、3回と必ず起きるのに、
    朝起きるのもとても早く、昼寝もほとんどしてくれなくて、仕舞いには、黄昏泣きといって
    夕方になると癇癪を起こし、抱っこしようが何しようが泣き止まない子で、平気で1時間、2時間と泣き続ける子でした。

    なので、子どもの泣き声が耳から離れない、
    イヤホンをして音楽を流しても
    子どもの泣き声だけが頭に響いて
    家事も上手く手につかなくなりました。

    抱っこしても泣き止まないから
    子どもが泣いているのをただただ
    見ていることしかできなくて
    旦那が仕事から帰って来るまでの間
    ただ時間が過ぎていくのを待つだけでした。

    そんな中、「今日も疲れた~」と帰ってくる旦那が、羨ましくて、憎くて仕方なかったのです。

    何に疲れたのだろう?と。
    言葉が通じる相手と話してきたんでしょう。
    怒りたいときは怒れたのでしょう。
    面白いことがあったら、笑っていたのでしょう。
    「疲れたな」「今日は大変な作業だな」
    「眠いな」「やっと休憩だな」
    そんな言葉を誰かに伝えることもできたでしょう。
    誰かと共感し合うことができたのでしょう。

    私は1日、私の気持ちを共感してくれる人はいなかったよ。
    怒りたくても、怒れなかったよ。
    疲れても、休憩することができなかったよ。
    昨日も眠れなかったよ。

    そんな気持ちばかりが膨らみ、
    最終的には、旦那だって仕事から疲れて帰ってきたのに
    家事をこなせていること、子どもに笑顔を見せることができていることに、
    罪悪感と、嫉妬心と、苛立ちと、自己嫌悪と、
    とにかく負の感情から抜け出すことができず
    いつからか、旦那に毎日八つ当たりをするようになりました。

    なので、旦那が休みのときに、
    1ヶ月に1回のパチンコに行くことも
    許せませんでした。
    お金の問題ではなく、旦那だけ、楽しめる事があるのが許せなかったのです。
    正確には、私自身が何をしても楽しめないのに
    旦那が何をしても楽しめていることが羨ましかったのです。

    私の場合はこのように、
    金銭面でも、育児や家事の協力性でもないんです。

    ただただ、自分をコントロールできなかったのです。

    もっと言えば、「私と同じように苦しんでみろよ」
    そんな感じだったと思います。

    悲劇のヒロインもいいとこでした。

    もう、妊娠、出産、育児そのものが
    私にとって良い思い出として、良い出来事として
    残っていなかったのですよね。

    里帰りもしなかったし、
    親に手伝ってもらうこともなかったので
    それも1つの原因かなと思います。

    行き場のない気持ちは全て、
    旦那にぶつけることしかできませんでした。

    泣きながら思いを伝えることができたら、
    まだ可愛らしかったのかもしれないけれど
    苛立ちに任せて出てくる言葉に
    歯止めはききませんでした。

    相手を思いやることの意味も理解できませんでした。
    「私は誰にも思われてないのに、どうして私は旦那を思いやらなければいけないのか。」そういう考えになっていたからです。

    とにかく自分が1番でした。
    自分が1番頑張っていて、自分が1番可哀想でした。

    私とは理由が違うかもしれないけれど、
    奥さんにも、行き場のない何かしらの気持ちがあるのかもしれません。

    大目にみてとは言いませんが、
    私たち夫婦の場合は、旦那の忍耐と、
    旦那が私への思いやりを諦めずに
    ずっと続けてくれたから
    だから今の幸せがあると思っています。

    本当に、あの時の私を見捨てずに
    八つ当たりも全て受け止めてくれたこと、
    「それでも嫌いになんてなれない」と言ってくれたこと、
    どう考えたって八つ当たりなのに、
    「八つ当たりなんて思わない。お前がそう思うなら、俺が悪いんだから、言いたいことはちゃんと言うべきだ。全部聞くから。」と言ってくれたことや、
    「少しでもすっきりするんだったら、八つ当たりでもなんでもいいから言えよ」と言ってくれたこととか、
    その時はその言葉ですら「調子のんな!ふざけんな!」って感じだったのですが(笑)
    今思えば、感謝しかなくて。

    それから、
    旦那はとてもストレスの消化が上手?というのか、嫌なことは忘れられるタイプの人間で、
    今、当時の話しをしても、
    「そんなに八つ当たりされてた記憶がない。」
    「お前が若干育児ノイローゼ気味だったのは覚えてるけど、家事がそんなにできてなかったとか、俺だけがなんでもこなしてた記憶がない。」
    「家に帰りたくないって思ったことは1度もない。覚えてない。」と言います。笑

    嘘でもなんでも、私の負の感情は
    旦那がくれた言葉たちのおかげで
    全てなくなっていきました。

    長くなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

    あなたはとても良い旦那様なので、
    これ以上、どう支えたらいいのかわからないくらいだと思います。

    あなたが考えている「奥様のストレス」は
    もしかしたら全く別のところにある可能性があります。

    本当は、競馬に行かれるのが嫌なのではなく
    お金を自由に使っていることが嫌なのではなく
    貯金を増やしてほしいわけでもなくて、
    自分の行き場のない苛立ちをあなたに押し付けるために、競馬やお金を理由にして八つ当たりしてるだけの可能性もあります。

    粗探しみたいなものですかね。
    他に文句を言う面がみつからないから、
    これだったら文句を言う理由にもなるだろう、みたいな。

    また、奥様も自由に使えるお金があると思いますが、育児中で、もし奥様が私と同じように
    育児ノイローゼや産後うつ気味でしたら、
    自由に使えるお金を渡されても、
    自由に使うことができないのです。

    子どもがいるのに、どうやって出かけろって言うの?とか、
    子どもと一緒だと、好きなお店にもゆっくり行けないし、好きな服も買えないじゃない。とか、
    もしくは、自分の物よりも、子どもの物を優先して買ってしまったりするのですよね。
    「子どものも自分のも買えばいいじゃん」
    と思われるかもしれませんが、
    例えば本当に、奥様が節約家だとしたら、
    その選択はできないわけですね。

    そうすると、矛先はやっぱりあなたで
    「私は自分のお金も子どもに費やしたいという考えなのに、あなたはどうして競馬に費やそうと思えるの?」みたいな感じでしょうか。

    もちろんこれも、あなたがダメと言ってない限り、けしてあなたは悪くなくて
    奥様が「自分で決めて子どもの物を買った」だけのことなのですよね。
    あなたを責める理由にはならないわけです。

    もし可能でしたら、
    子どもを誰かに預けて、1度2人でゆっくりデートをしたり、穏やかな気持ちで話し合える場を設けた方が良いかもしれません。

    あなたが奥様のことをどれだけ考えているかも
    奥様が抱えている悩みも
    「穏やかな環境」だと、話しやすいと思います。

    一概に、「育児ノイローゼや鬱」とは言いきれませんが、その可能性も拭いきれないので
    あなたもお疲れだと思いますが、
    様子をみてあげてほしいな、と思います。

    あと、家に帰りたくないときは
    多少いつもより遅く帰っても良いです。
    でも、奥様には、
    少し仕事でトラブルがあったとか、
    すぐに帰るから待っててねとか、
    そういった伝え方をしてみてください。

    あなたの思いやり、優しさが
    いつか奥様に届くことを願います。

    たくさんの参考になるコメントが来てる中、
    長々と私の話しをしてしまい、
    申し訳ありませんでしたm(_ _)m
    読んで頂き、ありがとうございました^^

  • 2019.01.19 21:52

    こんばんは
    おっしゃる通り通常であれば、何で喧嘩になるのか不思議なくらい割と理想的ぽい家庭ですね
    うらやましいくらいですw
    奥さんが子供第一になり過ぎて、教育費うんたらがみがみうるさいのかなとか勝手に妄想してしまいましたが。
    相性悪いのかもというくらいしかフォローできません。すいません(;^_^A
    ひとつきになったことの一つは育児、家事を手伝っていることです。
    昔の男女はそれぞれ家事、狩りをすることで全く異質だけど、役割分担してうまくいっていたらしいのです。
    それ考えると家庭内で男女が協力して似た様なことをすることに寄ってむしろ喧嘩になってしまうのかなと妄想します。
    仕事とかも似た様な興味関心を持った人たちが同じところに集まります。だからこそ協力もできるけどだからこそ喧嘩になります。
    男と女は脳の機能が違うみたいなので、男の常識は女の非常識、逆もしかりみたいです。

  • Kukka
    2019.01.19 00:13

    こんばんは。
    お金って、結構センシティブな領域ですから、不用意に踏み込まれると確かに喧嘩の原因になってしまいますよね…。
    お金はエネルギーの象徴ですので、関わっている人の色んな状況や、気持ちが乗っかりやすくて、表に出やすいのですよ。やはり私もここの皆さんと同じく、奥様の不安な気持ちが出ているのかなと思いました。

    Jejeさんは、競馬好きなんですね!普段の気分転換にはお一人で行動されているのでしょうか?
    女性は肉体的に受け入れて育む側なので、気持ち的にも内側で処理しようとしてキャパオーバーになる方は少なくないかなぁと感じます。ご結婚されてから、短い期間で色々経験なさっていますね。例え、喜ばしい事でも奥様の中では心と身体が追いついて行かないのかもしれないですね。
    まだお子さんがいない状態でしたら、Jejeさんと同じように、何処かへお出かけして外に発散する事も難しくないのかもしれませんが、もしかしたらその方法だけでは、上手く気持ちを処理できていないのかもしれません。
    1人で気分転換を図るよりも、話ができる誰かといたいと感じているかも…と思いました。

    まだお子さんが生まれたばかりなので、もう少し先になるかと思いますが、一度ご家族で競馬場に行くのも良さそうかなぁと…最近、結構宣伝してますよね!私は行った事ないのですが、家族で楽しめるってよく聞くので、無理のない範囲でお誘いしてみるのも良いかもと思いました。
    後は、月並みですがお家でまったり映画鑑賞とか(実際まったりできるかどうかは別として…)、家事育児に限らず、誰かとその場で何かを共有できるものがあると、不安な気持ちが少なくなる様な気がします。

    何れにしても、私も皆さんと同じで、Jejeさんと奥様がお互いに優しく歩み寄る事ができると良いなと思っています。

  • 2019.01.18 23:32
    退会したユーザー

    Jejeさん、こんにちは(*^-^*)
    Jejeのお話、拝見いたしましたっ。

    ご相談内容へのお話をさせていただく前に…少しだけ個人的なお話をしてしまうのだけど…。

    競馬、私もたまーにテレビで見るわよー!あまり詳しくはないのだけど(笑)お馬さんは可愛いし、走ってる姿はカッコいいなーと、ホレボレしちゃうわね(*´ω`*)

    ちなみに私が好きなお馬さんは、ゼンノロブロイ、ダイワスカーレット、オルフェーヴル、今気になってるのはアーモンドアイね(*^-^)

    と、個人的な話はここまでにしておいて…(笑)

    奥さんと、お金のことや家事育児の分担で、お互いの意見がすれ違ってしまうことで、口論になってしまうのね〜。

    そうなることで、Jejeさんは不愉快な気持ちになってしまったり、自分も悪いのではないかと思い悩んでしまったことで、家に帰ることが嫌だなーと考えてしまうのね。

    そうねぇ〜…私もね、Jejeさんの立場だったら奥さんに対して「何故にそんなに怒るの?!何が不満なんじゃ?!(;゚Д゚)」って混乱しちゃうかもー。

    ちゃんと働いて、お金もしっかり管理しながら生活費も出して、家事や育児も手伝いながら、迷惑をかけない程度に自分の好きなことを楽しんでいる。

    もし、そんな状態で相手から文句を言われても…相手が何故に文句を言うのか、そして相手が更に怒っていたら、それこそ何故に怒っているのかも、全然分からないわね(笑)

    でもね、私だったら「何故にそう感じたのか?」を、相手とお話すると思うんだけど、Jejeさんも同じように、奥さんと何度もお話されたと思うのよね。

    ただ、その度に喧嘩になってしまうと、Jejeさんも奥さんも「なんで、俺(または私)の気持ちを分かってくれないの?!」って考えてしまうことで、お互い悲しい気持ちになっちゃうわよね(^_^;)

    >自分だけ好き勝手に楽しんで私は楽しむことがない、
    >子供の世話だけしてればいいのか
    と言われ大喧嘩しました。

    あらーそうだったのね〜。奥さんは、そのようなことをお話されていたのね。

    ここからは、私が感じたことをお話するわね。もし、Jejeさんが思ってることと全く違ってたらスルーしてもらえると嬉しいわ〜(^_^;)

    私がお話を拝見して気になったのは、奥さんの上の言葉。

    もしかしたら…実は奥さんは、自分でも気付かないうちに「自分で自分を責めている」から、この言葉が出たように感じたのよね。

    ・自分だけ好き勝手に楽しんで私は楽しむことがない。
    ・子供の世話だけしてればいいのか。

    「私は専業主婦だから、頑張って働いて稼いでくれた夫のお金を、自分の好き勝手に使って楽しんではいけない。」

    「私は専業主婦だから、自分の好きなことに時間を使うよりも、家事育児をしっかりこなさなくてはいけない」

    奥さんの中で、こういった「〜しなくてはいけない」という「鉄の掟」があることで、自分が楽しむよりも、家事と育児に「専念しなきゃいけない」という考えに、かなりきつく縛られてるような気がしたの。

    そしてね、奥さんは、奥さんなりに頑張って掟を守ってたんだろうけど…本人も気付かないうちに、既に限界が来てる気がするのよ(-_-;)

    何が限界なのかっていうと…本当は、奥さんも「Jejeさんのように、自分の好きなものを買って、好きなことをして、心から楽しみたい!」という気持ちがあるんだけど、それをすることを「我慢」すること。

    ほんとは自分も好きなことをしたいけど↑に挙げた鉄の掟があって、それを実行に移すことは「自分にとっても、周りにとっても、それはとても悪いこと」と、奥さんが「決めつけてしまっている」可能性もあるのよね。

    旦那さんのお金を「自分の好きなことに使う妻は、ダメな妻だ!」と、自分で自分を責め続けてしまうと、自分で稼いだお金では好きなことに使えても、旦那さんからお金を貰うようになると、急に自分の思うように扱えない人もいるのよね〜(^_^;)

    更には、それを奥さん自身が気づいてない場合もあるの(爆)

    だから、お金の管理が思うようにできなくて、余計にイライラしてしまう人も、実際にはいるのよ〜。

    Jejeさんは自分で働いたお金だからこそ、自分の自由にできるけど、奥さんにとっては、Jejeさんのお金を使うことは、専業主婦である自分にとっては「悪いこと」と、罪悪感を感じてしまっていたら、あなたからお金を貰っても、なかなか自由に使うのは難しく感じてるかもしれないわよね。

    じゃあ、もしそうだったら、どうすればいいの?ってなるのだけど…。

    私、今からすごいことを言っちゃうから、これは参考程度に聞いてもらえるとありがたいんだけど(笑)「奥さんに怒られても、愚痴や文句を言われても、好きな競馬を楽しみまくる」ということを勇気をもってやる!ってことなの(爆)

    私はね、Jejeさん自身も、競馬をみて楽しむことに対して罪悪感を抱えだしているようにも見られるのだけど…どうかしら〜〜?(^_^;)

    競馬、みてて楽しいでしょー?年も明けて、これからまた楽しいレースが始まると思うと、ワクワクしちゃうんじゃなぁーい?(笑)

    私はね、これからも、それをとことん楽しんで欲しいのよね。

    奥さんに愚痴や文句を言われてもいい、怒られてもいい、それでも俺は競馬が楽しいんだー!!これからも見続けるんだー!!

    と、思ってもいいのよ(笑)

    だって、楽しいんですものね?見たいんですものね?みていいのよ、楽しんでもいいのよー。

    でもね、それをすると最初は今までと同じように、奥さんに厳しいことを言われるのよー(笑)

    それでもね「それでも、自分は自分の楽しいことをし続けたい」と考えているのであれば、それを貫く覚悟も必要だということは…きっとJejeさんも、理解されてると思うわ(^_^;)

    そして、何を言われても、自分の好きなことを続けていれば、実はね、今度は「奥さんの考えが変わる」可能性も出てくるの。

    「あれ?私も夫みたいに、自分の好きなことをして楽しんでも…いいのかしら…??」って。

    そんな言動が、もし奥さんに見えた時は、その時はJejeさんも奥さんに、こういってあげて欲しいの。

    「俺があげたお金で、俺みたいに自由にお金を使って、たくさん好きなことをしてもいいよー!」

    「俺は、君も俺のように好きなことをしてくれて、楽しんでくれる方が、すごく嬉しいんだー!!」

    って伝えてあげて欲しいの(*^-^*)
    だって実際も、奥さんに好きに使ってもらいたいから、お金を渡してるのよねっ?

    あなたも、自分のお金で楽しんでもいい。
    だから、奥さんも、自分が渡したお金で楽しんでもいい。

    それをお互い許すことができれば、楽しんでもいいという許可を出せたら、お互い自由に楽しめるわよね。

    これからも、Jejeさんは競馬を楽しむ。

    そしてね、奥さんも自分と同じように、好きなことを楽しんでもいいという許可を、どんどん出してあげて。

    そうすることで、奥さんもすこしずつ、すこしずつ、あなたに対する対応も変わるかもしれないわよ。

    Jejeさんの辛い気持ちが、少しでも軽くなるよう、ここから応援してるわね(*^-^*)

  • 2019.01.18 17:37
    退会したユーザー

    こんにちは。

    お子さんも生まれたばかりで賑やかですね。
    産後の肥立ちという言葉があるように、出産後の奥さんは
    体調も精神的にもとても不安定になりがちです。
    産後の鬱も多いんですよ。
    なので、苛々し易くなっているのもあると思います。

    もう一つ、その不安定な状態で、もしかしたら食費のやり繰りが
    上手く出来ていないのかもしれません。
    お小遣いを削ってやり繰りしているとしたら…それは苛々しますよね。
    お金の事で突っ掛かってくるのは、その辺りに原因があるのかもしれません。

    食費…ごめんなさいね、私は5万じゃ全然足りなくて自分の小遣い崩していたんですよ。
    でも、そういう奥さんって意外といるんです。
    あなたの奥さんは上手くやり繰り出来ているのかもしれないけれど
    でも、やり繰りって結構ストレス溜まるものですよ。
    その辺も含めて良くお話を聞いてあげたらどうでしょう?

    始めからスムーズに行くなんて、少ないケースかもしれません。
    何度でも話し合って、二人で歩み寄りされて行くと良いですね。

  • 2019.01.18 17:17
    退会したユーザー

    育児家事お疲れ様です。

    家に帰りたくないのは
    どうしたら改善されるのでしょうか?
    奥様とは今後やっていけそうですか?

    前置きに、新婚生活を
    たのしくやりたい。と書いてあったので
    特に別れたいとはおもってるわけではないのですか?☺

    旦那様も、仕事をして帰ってきて
    子供が泣いてたりするのはストレスに
    なっていますか?

    家に帰りたくないのは、
    奥様だけが理由なのでしょうか。

    去年の9月に結婚したということで
    新婚生活はまだ4ヶ月

    子供を授かってから
    1ヶ月経ってないですね。

    まだまだこれからじゃないですか✨
    分かり合えずぶつかることなんて
    まだまだありますよ。

    何度も同じことで喧嘩するなら
    やっぱりどちらかが折れるしか
    ないですよね。

    旦那様も奥様もまだ
    成長段階なんですよ。

    ぶつかって、改善して
    ぶつかってを繰り返して
    2人とも成長していくはずです。

    お子様も、今が最も
    手のかかる子みたいなので、
    奥様も、旦那様と一緒で
    今はとてもストレスを
    抱えてるのではないでしょうか

    でも、お子様が
    大きくなったらお話もするでしょうから
    もっと可愛く思えてくるはずです。

    その頃には奥様とも上手くいくかも
    しれないですよ。

    旦那様も奥様も
    全てが浅いので、もう少し様子を見ても
    いいのではないでしょうか☺

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!