一人ぼっち

675 2 person退会したユーザー edit2015.04.07

私達は、生きなければなりません。
なぜですか。
誰も目がつかないところに花が咲いても、愛でてくれる人はいません。
それでも、前にすすまなければなりません。
雨はふり、風はふくのに。
気を休める時などありません。時はすすみ、待ってはくれないからです。
心から他人を心配する人などいないです。いつも、答えは同じか的をはずしてるか。

こんな心では何処にも居場所なんてない
0
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

  • refresh約7年前
    退会したユーザー

    こんばんは,無名さん。

    「とまとまとまと」さんに,とても共感しますね。

    生きることは義務じゃないんです。もっと楽しいことを選んで,好きに生きて行っていいんですよ。

    「誰も目がつかないところに花」って,もしかして,「無名さん」のことですか?もし,そうなら,みんなに見てもらいましょうよ。

    いつも前に進まなければならないことはありません。休んだり,後退して,好きな時に前に進んだらいいんですよ。

    雨はふり、風はふきます。でも,いつかは止みます。さんさんと輝く太陽の下で,好きなことをやればいいんですよ。

    気を休める時はあります。無名さんが,ないと思い込んでるだけです。

    時は進みます。落ち込むこともあるでしょう。でも,輝ける瞬間もあります。どちらも人生です。輝ける瞬間を見逃さないで下さい。

    心から他人を心配する人はいます。それを拒絶しているだけです。

    心は変えられます。本当に変えようと思えば。学ぼうと思えば。

    0
  • refresh約7年前
    退会したユーザー

    無名さん
    どうもはじめまして。
    生きなければならない、と言うと重くないですか?参考になるかどうか、先日見たテレビ番組で、江原啓之さんが「人生は生き抜くことに意味がある」とおっしゃっていましたよ。
    人目につかないところでお花が咲くのは、お花は愛でてもらうために生まれてきていないからじゃないでしょうか。お花は自分自身の生命活動の為に咲きます。そしてお花をキレイだなと愛でるのは、人間だけです。自然物に情緒的な意味を持たせるのは人間だけなのだそうです。他の生物は生命活動的な意味しか持たないそうです。
    風が吹き、雨が降るのは自然な流れです。進まなければいけない訳ではなく、全ての瞬間瞬間に進んでいます。時はいつも進んでいるのです。寝て休んだら回復するのも進んだからですよね。休む=止まるではないようなのです。もしも時が止まったら気が休まるどころか、止まった事にさえ気づかないと考えられませんか。なので的はずれなアドバイスですが、時に関しては諦めて下さい。
    さて、心から心配してくれる人などいない、についてです。無名さんは、どの部分、どの分野で心配を必要としていますか。私の答えは抽象的かも知れませんが、無名さんの質問もまた、抽象的かと思われます。

    漠然とした不安でしたら、どんなにすました人間でも皆んな抱えていますので安心して下さいね。

    0

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料会員登録をしてください。

keyboard_arrow_up