就活軸が分からない

177 2 personmasami0215 refresh2週間、1日前

こんにちは。投稿をご覧いただきありがとうございます。

私は今大学3年生です。6月からインターンシップに行き始め、そろそろ就活の軸を決める頃かなと思っているのですが、なかなか決まりません。
原因は

①自分のやりたいことが分からない
②自分の得意不得意が分からない
③仕事というものが漠然としすぎてよく分かっていない
④理想の自分と現実の自分にギャップがあり、どちらを優先すれば良いのか分からない

だと考えられます。
オンライン授業があり、一日中家にいる日々です。家族以外のコミュニケーションもほぼありません。これは自分を見つけるために新しく行動した方が良いのでしょうか?それとも机に向かって自己分析をした方が良いでしょうか?
また、皆さんがどのように軸を決めたかも教えていただけると幸いです。

恐れ入りますが、回答の方よろしくお願いいたします。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • hd093019
    2020/11/18 20:53

    コメント失礼致します。
    私は、現在教師をしている30代♂です。

    >①自分のやりたいことが分からない
    >②自分の得意不得意が分からない

    私の叔父は入社して3日目で「辞めたい」と思い定年まで勤めあげたくらいですから、
    今現在、役職があるオッサン・オバサンですら同じことを考えているかもしれませんよ。
    人事で偉そうに人を試している連中だって、他人ごとじゃありません。
    ましてや主さまはピカピカの就活生なのですから、そんなもんでしょう。

    >③仕事というものが漠然としすぎてよく分かっていない
    >④理想の自分と現実の自分にギャップがあり、どちらを優先すれば良いのか分からない

    「仕事」とは、他人(=「はた」とも称します)を楽(らく)にすることです。
    転じて、「はたらく」ことです(そのまんまやんけ)。
    優先すべきは「現実の自分」で、身の丈の、今の能力で精一杯ジタバタすれば良いです。
    そうすれば、いつの間にか理想もしくはそれ以上の自分になっていることがあります。

    >オンライン授業があり、一日中家にいる日々です。家族以外のコミュニケーションもほぼありません。これは自分を見つけるために新しく行動した方が良いのでしょうか?それとも机に向かって自己分析をした方が良いでしょうか?

    やたら旅ばかりしなくても「自分さがし」なんて引きこもってでもできます。
    引きこもって、ひたすらストイックに資格の勉強や能力向上に努めてください。
    人生の選択肢はまちがいなく広がり、就活軸なんていちいち気にならなくなります。

    >皆さんがどのように軸を決めたかも教えていただけると幸いです。

    「軸」というのは、今の混迷している社会で学生のうちから決めるのは難しいでしょう。
    (決まってる人はよっぽど迷いがないのか、考えナシなんだと思います。)
    とにかく時間とお金が許す限り、とことん業界研究すれば良いと思います。

    私の場合、結局最後は「自分が昔から関心あったこと」に落ち着きました。
    学生時分の専攻分野とは、若干関係のない業種でした。
    5社応募し、書類選考の落選が1社、2次選考の落選が2社、内定が2社でした。

    ご参考までに(*^^*)
    ご健闘をお祈り申し上げます☆

  • 2020/11/16 22:04

    こんにちは。
    私もあなたの言う①〜④と同じようなものだったと思います。
    私は就職して二十数年。一つの会社に勤め続けています。勤務地や部署は変遷し続けてきましたが。まあ、正直言いますと、この仕事に就きたい!と、幼少から憧れ続けた仕事というわけではありませんでした。
    ①から④について、もう少し考えていれば違う人生だったかもしれません。
    ただ、大学に入り、就職を意識した時、社風と言いますか、このような気持ちで働きたい、と思って選んだところです。そういった意味では①は漠然ながらもあったのかもしれないし、これが私にとって軸なのでしょう。
    実際に勤めていて、思っていたことと全く違う、とがっかりしたこともあれば、中学生の時にやりたいと思っていた仕事を、部署の変更により予期せずすることになったなど様々なことが起こっています。
    取り止めもなく書いてきましたが、仕事ではいい意味でも悪い意味でも色々なことが起こります。
    希望した会社に入っても、やりたい仕事に就けるまで下積み期間が長いこともあります。
    辞めたいと思ったことも何度もあります。今でも思います。
    ただ、ぶれながらも根底にある、このような気持ちで働く、というものがあってくれたのは幸運なのでしょう。
    先を読み切るのは本当に難しい。
    あなたが考えなければということはまさしくその通りです。
    だからこそ、今あなたが原因と考えていることを、漠然でもいいので形にしていくことをお勧めします。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!