nakisuna

いのちの電話

465 6 personnakisuna refresh3日、4時間前

いのちの電話について、みなさんはどう思っていますか?
利用された方もいたら、ご意見を聞きたいです。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • olcottoさん、こんにちは。

    まずは心身ともにゆとりや余裕を持つこと、それが
    大切ですよね。私もそう思います。

    毎日、自分に過度な負担がかからないように、できる
    ことには取り組んでいく、そんな日々です。
    今は、スマホデビューしてしまったことが、自分を
    悩ませています。ガラケー派だったので、、、

    ここで、みなさんとお話ししているのが心地よい
    というか、日々いろんなことで皆さんは悩みを抱えて
    いるんだな、と考えさせられることもあります。
    olcottoさんのおっしゃるように、強く意見を言う人も
    必要でしょう。すべてはバランスかなと思います。
    優しい言葉ばかりでも厳しい言葉ばかりでもよくない。
    いろんな意見があって、相談者が考える。そこから
    道を見つけていく。その先に少しの希望があれば
    いいかなと思っています。

    たびたびのコメントをいただき、本当にありがとうございます。

  • 2021/01/13 01:24

    こんばんは、とても辛いことがあったのですね。
    辛いでは表せない事だと思います。

    その時何が出来たのか、それはいくら考えてもきっとお母様しか答えを知らないと思います。

    ただ私たちにできることは、たくさんあります。
    人はいつ死んでしまうか分からないからこそ、後悔なくそに人に向き合う事、後悔しないよう接する事、自分の8割の力で相手に寄り添い、励まし、話を聞かせて頂きアドバイスという道案内の看板を示してあげる事です。
    その道案内の看板の選択肢や選択はその人次第で、
    ほんの少し指し示すだけでもいいと思います。
    時には強く言う人も必要ですよ。

    それと今日を後悔なく生きること、
    今日生きられたことに感謝して明日の未来を作って
    心を循環させてください。

    まずは心身ともにゆとりや余裕を持って健やかでいることも、必要だと思います。

  • olcottoさん、こんばんは。

    再びのコメント、大変参考になります。ありがとうございます。
    olcottoさんもいろいろ今までの人生で大変な苦労をされて
    きたのですね。だからこその言葉なのですね。納得です。

    私もいろいろ辛いことはありましたが、そのたびに何か運よく
    助けられていたような気がします。

    いのちの電話相談員のことを考え出したのも、母の自死を
    止められなかったことがきっかけでした。私にできることは
    なかったのか、、、その時から、母のような人をなくしたい、
    助けたい、そう思うようになりました。

    しかし、olcottoさんがおっしゃるように、その責務を自分が
    背負えるのか、、私も迷い中ですし、もしかしたら辞めてしまう
    かもしれません。それでも、別の形で何かしたいですね。

  • 2021/01/12 13:32

    こんにちは、私は自分で言うのもなんですが、人一倍の苦労して、人生経験もたくさんしてきたので、助けたい側と助けてほし側どちらの気持ちもよくわかります。
    私は家庭環境も複雑で、20代の時に家を追い出され、それから一人で暮らしています。
    その中で、仕事も詰まって、職場のいじめにあい、人付き合いが辛くなり、
    本当に死にたくなって、何度か自殺未遂をして、入院をしたりもしたんですよ。
    もちろんその中で、リストカットもしました。傷跡に関しては、足枷ですね。だから、やっている人には、寄り添いながら強めに言ってやめる方向にもっていきます。

    明日は死んでいるかもしれない、そんな毎日でした。とにかく死ぬことに一生懸命だった半面、話を聞いてほしい、話を聞いてもらってから明日を生きるか考える、そんな毎日でもありました。

    初めて自殺未遂をしたときに、入院したのですが、10年ぶりくらいに母に会いましたが、
    ごめんなさいが言えなかったのを覚えています。
    まあ、また今度こそはとか思いながらしばらく繰り返すんですが。
    自殺未遂に至っては、あと一歩でした、発見が1日遅れてたら死んでいたよと言われ、
    どこか残念な気持ちになったのも覚えております。

    書き込みについては、どうしても自分みたいにならないでほしい、これからを生きるのに、
    あなたにはいくつもの選択肢があるんだ、あなたが生み出せる可能性はまだあるんだ

    ということを伝えているつもりです。
    人生は、選択の連続なんです、一つ一つ選択して、一分一秒、未来を作っていって、
    その中で失敗したりもいっぱいして、じゃあ今度はこうかって選択していくんだと思います。

    私も相談員かカウンセラーを取ろうと考えた時がありました、
    でも、自分のメンタルが弱くて自分を抱えきれないのに、他人の人生を変えられるほど強いのか、まるごと抱えられるのかって問われたら、いいえとしか出てこなかったので、今に至ります。

    ご参考までに。

  • olcottoさん、

    貴重なお話をありがとうございます。
    確かに、悩みを聞いてほしい人はたくさんいるのに、
    相談員や電話の台数を考えると、なかなかつながらないですよね。
    私は今すぐではないですが、いのちの相談員になれないかな、
    と考え中なのです。

    olcottoさんは、いろんな相談に毅然とコメントされて
    いるので、相談されたことがあったと聞いて少し驚きました。
    まあ、どういう立場であれ、この掲示板に来る人は
    いろいろ辛い思いを経験した人たちですものね。

    本当にありがとうございました!

  • 2021/01/06 17:22

    とても辛いときに、大変お世話になりました、基本同調して聞いてくださって、苦しみや辛さを親身に聞いてくださいました。一人にかける時間なんてそんなにないのに、時間は気にせずにずっと励まし続けてくださった方もいれば、話を終わらそうとする人もおられました。

    ただこの、いのちの電話、なかなか繋がらないんですよ。
    100回かけてもつながらないときも多くありました。

    こちらにしても、どうしても話を聞いてほしい根気と、突き放されたかのような諦め感が半々でありました、でも繋がったら救われました。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!