もうなにも考えたくないです

0 1 personar_sm1212 refresh1週、5日前

私は今現在、親と生活保護を受けていて、母親が20年近く鬱病で今も治っていません。
私は最近まで専門学校に通ってたのですが、元々鬱っぽかったのと、周りとのトラブルで辞めてしまいました。今は社会人として働いて生活保護を抜けようと考えて動いているのですが、母が母自身を責めてしまうことが嫌です。
元はと言えば、私が学校を辞めなければ良かった話に。本当は私がダメなはずなのに。
母親は働けない状態、お医者さんから働くのは止められているので、保護を抜けるには私が働くしかありません。私はそれを覚悟して今現在働いています。でも母親は私に負担がかかると言って落ち込んでしまいます。確かに負担はかかりますが、生きていくためにはお金が必要です。働かなければお金は入ってこないです。

さらに昔からお世話になってる幼なじみの家に母が遊びに行った時、私の事を相談したらしいですが、それを聞いていた幼なじみの家の長男に「(私)に甘えすぎだし、俺の親父たちも働く時間を使って助けてあげてるんだから恩返しとかしようと思わないの?」みたいな感じの事を言われたらしく、落ち込んで帰ってきました。確かに仕事の時間を削って助けてくれて、幼なじみの家族にはたくさん感謝していますし、恩返しをしたいのですがどうしようもないのです。私たちではできることが少なすぎるのです。
幼なじみの親は気にしなくていいよと言ってくれたらしいですが、やっぱりそう思われてるよなと感じてしまいました。

私はどうしたらいいのでしょう。前向きに考え、行動しようとしても、母が母自身を責めてしまう。少しでも周りに迷惑をかけないように考えて来ましたが、正直疲れました。母にそんな思いをさせてることにも自分が嫌になってきます。こんなんで将来生きていけるのでしょうか。私なりに考えていることは沢山ありますがそれに意味はあるのかすら分かりません。
いっそこのまま消えてなにもかも無くなってしまえばいいのにとすら思っています。もう何も考えたくないです。どうしてこうも上手くいかないのでしょう。本当に自分が嫌いで仕方ありません。

(ここまでまとまりのない話を見て下さりありがとうございました。)

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • nakisuna
    2021.04.25 10:02

    こんにちは。

    毎日お辛い日々ですね。これから先のことも考えていかなければならない立場はお若いのにとても苦しいと思います。私も小学生から統合失調症の母を抱え、18歳からは両親も離婚し、母子2人で生活していました。20代後半で私が鬱病になり20年以上もうつ病を患っています。

    お母様がご自分を責められることを気にされていますね。それは人一倍優しくて責任感がある人だからではないでしょうか?あなたが専門学校を辞められたこともご自分に責任があると思って自分を責めてしまうのでしょうね。自分を責めてほしくないあなたの気持ちは分かりますが、「責めないで」というより「自分を責めなくていいからね」と優しく何度も言ってあげるようにしたらいいと思います。私も母があなたのお母様と同じような人だったので、とにかく責めるのではなく励ますように言葉かけをしてきたのです。

    とはいえ、あなたも過度の自分の責任を背負って無理をしておられると思います。生活保護を早く抜け出したい気持ちもよく分かります。その方法として働いていることも。しかし、すべてを背負おうとすると、今のあなたのように疲れ切っていなくなりたいとさえ思ってしまう。だから、今の自分にできる範囲のことだけするようにしてください。自分の心身の体調をとりあえず維持し、仕事を続けて行くこと。それを中心に集中してください。それ以外のことも、特にお母様のことは気になるでしょうが、言葉だけで励ましてください。

    例えば、お母様があなたに負担がかかると思われていることには・・・家族が他の家族のことを心配したり、その人のために何かを背負うのは当たり前だよ。みんなで協力して生きているんだから、とか。幼馴染の息子にきついことをいわれたときには・・・幼馴染の人とそのお子さんは別人格なんだから、違う風に考えていてもおかしくないよ。友達は気にしてないと言ってくれているのだから、その言葉を信じようよ、とか。

    あなたも必要以上に周りに迷惑をかけている、申し訳ないと思っていますよね?それはうつ病の症状を悪くする考え方ですから、今の自分は本調子ではないのだから仕方ない、助けてもらうときは助けてもらって、恩返しできるようになったら少しでも返そう、と考えればいいですよ。私も18歳から母と家無しになり、母方の祖父宅に間借りする肩身の狭い思いを大学卒業するまでの4年間続けました。きちんと恩返しができたのはずっと後でしたが。しかし、人の助けが必要な時は受ければいいのです。無理なら相手が断ってくるはずですから。

    いろいろ悩んでしまうと、あなたもお母様も体調を崩すだけです。自分ができることだけコツコツやっていけばいいと思います。その積み重ねが安定した生活を作り上げるのだと思いますよ。気持ちが落ち込んだり、お母様のことで相談があったりしたら、またここで相談してください。いつでもみんなでお答えしますから。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!