理想像との乖離が怖い

64 1 personsakasae refresh6日、18時間前

こんにちは。高校一年生です。長文になりますが、読んでいただけると有難いです。
私は中学生のころから、人間が苦手で、自分にさえ嫌悪感があるほどでした。そのため、本当に友達と呼べるのは一人しかおらず、後はなんとなく便宜上友好的に接している(または接していただいている)人たちばかりで、人間関係のストレスや、孤独感がとても強かったです。そこで、高校に入ってからはもっと前向きな考えで、優しさのある人間になりたいと思い、入学から2ヶ月、ネガティブな思考が浮かびそうになる度、ポジティブな言葉を思い浮かべる、という方法をやってきました。苦しくなるたびに笑う、というのも試しました。そして、なんとか、移動や昼食を共にしてくれる友達をつくることができました。
しかし、最近、表情筋が引き攣っているのか?痛くて痛くて痛くて痛くて痛くて笑えません。本当にもう笑うのが辛いです。ポジティブな言葉を思い浮かべるだけで胸がざわつくというか、気持ちが悪くなります。
やっぱり嫌われているんだろうな、とか体よく利用されているのかとか勝手に思ってしまって気持ちが収まりません。まだ2ヶ月なのに、もう戻ってしまって、あと半年以上ももつのか?と常に感じています。クラスに到着する度に水面にギリギリのところで顔を出して呼吸しているような、そんな苦しさを覚えています。どうやったらこの馬鹿らしい現象はなくなるのでしょうか。また入学当初の頑張れていた私に戻るには、どうしたらいいのでしょうか。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • こんにちは。空知です。
    Sakasaeさんは、中学校のときに友人関係がうまく作れなかったと感じて、高校に入って自分の接し方を変える、という行動をされたのですね。苦しいときも笑顔で。ネガティブな言葉はポジティブな言葉へ。とても素敵で、私も学ばせてもらう思いです。しかし、自分を演じるというのは、疲れますよね。もやもやしたりしませんか?
    優しさのある人間になりたい。とても素敵なことですね。sakasaeさんにとって、優しさとは、どんなことですか?まずはご自分に対して、優しくされてみたらどうかな、と思いました。sakasaeさんには、自分を演じなくとも、きっといいところや魅力があると思います。自分がなりたい姿を求めて行動することは、とても素晴らしいことです。理想の追い求めは、少しずつ、でもいいのではないかな。時に心を休めて、自分のことを労わりながら、優しさのあるsakasaeさんに、なってください。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!