全ての原因は誰でもなくわたし

178 2 person退会したユーザー refresh3日、9時間前

気持ちを整理するのも含めているので乱雑な文章でしたら申し訳ございません。

半年前、父が自殺しました。
原因はコロナで自分の店の経営が上手くいかなくなったことです。
小さな居酒屋を祖父の代からやってきて、コロナが続いて営業もままならないため、負債だけが膨らんでいき、死ぬ前の一ヶ月間は次の日のご飯もクレジットカードで買ってました。(亡くなってから知りました)

一緒に住んでいた祖母が発見、仕事場から駆けつけた時には既に息はなく、私は見ることができませんでした。葬式の日も姿を見る前に立ちくらみと過呼吸が出てしまい暫く父の顔を見ることはできませんでした。

父は優しい半面見栄っ張りで漢という文字がほんとに似合う人でした。本当にこういうことは死んでから気付くんですね。
社会人一年目のわたしの家賃も意識のない祖父のお世話も認知症の祖母のお世話も、お金にだらしのない叔母(父の姉)の面倒も全て見ていた人です。
余裕がないはずなのに、そんな表情ひとつ見せず死んでいきました。死にたいと言ってる人は死なないと言うけれどそんなことはなく、売上が3万しかなかった去年の冬、彼は怒ることもせず笑ってました。その2週間後死にました。

私は何も出来なかった。公立に落ちて私立大に行きクソ人間なので2年でやめて就職、家賃・光熱費は甘えて出してもらってて、わたしがいなかったら少なくともあと2年は生きていたと思います。私にはお金を借りれなかったって言ってたと母から聞きました。端金だけどあなたを過ごしでも楽にしてあげるくらいの蓄えはあったのに。

私があなたの優しさに甘えなかったら
私がいなかったら

あなたは私に見栄を張ることなく
もう少し肩の力を抜いて生きられたかもしれないのにね

みんな私の事嫌いなの知ってるから
私が父のところに行けば
みんな許してくれるかな?

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 2021.06.10 13:03

    どうも珈琲と言います。
    参考になりませんでしたら申し訳ありません。
    自分が変われば世界が変わるなんて言いますけど
    本当にそうでしょうか?
    自分がもっと賢ければ、もっと早く気が付いていれば
    もっと良い人間だったら、もっとちゃんと出来ていたらって
    思うのかもしれませんが
    その後悔を抱えたまま死んでも意味はないと思いますよ。
    あなたは後悔したのでしょ。
    だったら次に活かしてください。
    後悔の経験も良い経験も次に活かしてこそ意味がある。
    次はあなたの友人が同じ思いをするかもしれません。
    次はあなたの恋人が同じ思いをするかもしれません。
    他の人だったら救えないかもしれない。
    だけどあなただったら「次は救えるかもしれない。」

    最後に
    皆自分の事を嫌っているのなら
    誰かの目を気にせず自分のやりたい事をやれる。
    誰かに認められなくとも自分が正しいと思う事をやっていけば良い。
    大事なのは評価じゃなくて自分がやりたいと思うかどうかです。

  • nakisuna
    2021.06.10 09:57

    こんにちは。

    あなたはとんでもなく勘違いをされているので、一言申し上げます。
    私も母を自死で亡くした身ですから、あなたと同じ自死遺族です。

    亡くなった方の原因はすべてあなたにあると、、、おこがましいにも程があります。なぜ、叱るようにこんなことを言うのかというと、亡くなったお父様はあなたにそんな風にお父様の死を受け取ってほしいとは全く思っていなかった、心外だということが分かるからです。

    あなたが昔、経済的にお父様に頼っていた、、それがなければあと少しは、、なんて甘い考えです。子供であれば多かれ少なかれ、経済的に親に頼らないとうまくはいきません。そのことや他の人の援助をしていたとしても、居酒屋を立派に切り盛りしていたのでしょう?

    お父様の不幸は、コロナ禍に見舞われてしまったことです。世界中、コロナさえ来なければ、事業は今まで通りうまく行っていたことでしょう。原因はコロナなのです。あなたは勝手に自分のせいにしているだけです。

    本当にお父様のことが好きで、尊敬していたのなら、あなたがすべきことはお父様の後を追うことですか?それでお父様が喜ぶとお思いですか?お父様は、不器用ながらもあなたが社会人として生活していくこと、自分の人生をしっかりと生きていくこと、それを望んでいたはずですよ。

    私だって、できることならすぐにでも後を追いたかったです。でも、それは母の望みではないと分かっていました。だから、今もその衝動を抑えながら必死で生きているのです。母にできなかった分、他の人たちの助けに少しでもなりたいと、その一念で毎日過ごしています。

    亡くなってしまえば、できることは何もなくなります。けれど、生きていれば、人一人助けることだってできるはずです。そして、生きているだけで他の人たちの支えになっているのです。気持ちを整理するために投稿したようですから、これから前を向いて生きるように努めてみてください。今はまだ間もないので辛さが深いでしょう。しっかり心の傷を癒してください。お父様のこと、心よりお悔やみ申し上げます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!