10代後半 女性

私が悪いけれど、理解できない

115 1 person生きる意味 edit2022.01.14

高校三年生、三学期の頭。私は、校則上してはいけないことをしてしまい退学をせざるを得なくなりました。楽しかった学校生活、嫌な人嫌な先生に会うことも無くなった日々。ストレスのひとつが減ったと考えると少し良かった気はします。

ここまでは私自身がやらかしたことでちゃんと反省しなきゃ行けない部分であります。

親は退学した私に対して「調子乗るな」「いい加減にしろ」「何せなあかんのかわかってるんか?」と沢山言うようになりました。
この時から友達との通話が楽しく寝落ち通話をほぼ毎日のようにしていました。それが行けなかったのでしょう、「調子乗るな」「いい加減にしろ」とその場にいる私に静かに怒りました。
部屋の片付けが当時全然できていなかった私に対して「何せなあかんのかわかってるんか?」「携帯解約やぞ」とLINEで送ってきました。
正直言って私ができていない部分を何度も怒ってくれているだけのあたしがダメダメで親はしっかりしているからいいんですけれども、等々私が親の堪忍袋の緒わ切ってしまいしまいには「施設行け」「家から出てけ」と言われるようになり、しんどくなりました。
この原因をつくったのが私である以上何も強く言えません。分かったと返信を返したりしても「毎回毎回わかったわかったって何を理解してるんや?」と返されたり。
自分の中では理解してても行動に移せていないから親に怒られるんだと自分では思います。
弟にも「うるさい、明日学校やねん」と言われ当時二段ベットで弟が下で私が上だったのですが弟もゲームの通話などでうるさい時が一時期あったのにこの仕打ち。正直ここにはイライラしていて「お前だってゲームの通話でうるさい時あったやんか。」と返したらクソデカため息をついて、正直しんどいです。

私に原因があって悪いことなのも知ってます。
精神科に行ったりして色々見てもらった方がいいですかね。何かの障害とか持ってたりしたら親に申し訳ない。何かの病気を持っていたらまた迷惑をかける。そんなことばかり最近はかんがえています。

当時風邪?のようなものを持っていた私は咳をする度に大きく出ないようにし酔うと苦しいけれど布団などで口を抑えてしていました。
病院にさえ連れて行って貰えませんでした。

自立しなければならないのにいつまでたってもあたしが子供なのが行けないのでしょう。
親には、家族にはもう自分が必要とされていない気がしてたまりません。
家出したいけど反抗する勇気もない。暴力を振るっていたあの頃を思い出して今でも怖いです。
身内に声をかけるのも辛い。

こんな私に誰か喝を入れてください。
0
あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメント一覧

  • メンバー 30代 男性
    refresh2週間前

    生きる意味さん、こんにちは。
    タカミチと申します。

    並々ならぬ過酷な苦労、ストレスの中で生きられて来たようですね。

    ハンネの通り、まさに今"生きる意味"を深く考えられていると思います。

    高校を退学した理由をご自分が作られたということで、日常生活と合わせて、文面から親御さんに対する深い申し訳なさが伝わってきました。

    しかし、おそらくですが、生きる意味さんは親御さんに対して釈然としない気持ちを強く持たれていると思います。

    自己肯定感を持てないから、ご自分を強く否定されているように感じます。

    この釈然としない気持ちはとても正しいと思います。

    娘を持つ親の身として言わせていただくと、生きる意味さんをそこまで追い込んだ、親御さんの責任は非常に重いです。

    仮に親御さんががとても苦労の中で、心の余裕がない中で子育てをされてきたとしても、親は子供が成人するまでは、第一に子供のことを考える義務があります。

    これは非常に重い責務です。

    文面の最後に、「暴力をふるっていた」とありますが、もし虐待を受けていたのでしたら、今の生きる意味さんの辛い状況は120%親の責任であり、それは重い罪です。

    生きる意味さんは、ご自分が犯したと認める過ちについては反省して、心を成長させる糧としてほしいと思いますが、現在置かれている状況の責任は深く背負い込まないでほしいと切に願います。

    生きる意味さんは、今はご自分の心を守ることに最大限の努力をしてほしいと切に願います。

    幸い、生きる意味さんはアルバイトができる年齢ですので、心が辛い中で重い腰を上げるのは大変だとは思いますが、社会に入って仕事をするという体験は、非常に大きな成長につながると思います。

    ご自宅から通いながら、週に1、2日、日に3時間程度の気楽なアルバイトで良いと思います。

    もし、既にされているようでしたらすみません。

    親御さんがどうであれ、ここまで育てていただいた事は事実ですので、少しでも家計の支援をすることをお勧め致します。

    例えば、半分はご自分のお小遣い、半分は家計に入れるなどで良いと思います。

    そうすれば、家族との関係も今よりは良好になっていくと思いますし、家族のためにやった行動は、回り回って生きる意味さんの心を成長させることに必ずつながります。

    社会で生きていく展望も見えてくるかもしれません。

    ご自分の心が余裕を持てる範囲から始めると良いと思います。

    文面から、生きる意味さんの心の本質的な部分は、とても清いものを感じます。

    冷静に状況を見られていますし、必ず状況を好転させていける力を持たれていると思います。

    必ず、生きる意味さんは今の状況をバネにして、親御さんよりも立派な大人になると感じます。

    その時は、親御さんを許してあげると、さらに生きる意味さんの心は、強く大きく成長すると思います。

    僕も非常に辛い体験をしてきましたが、それらは全て今に繋がっており、過去の過酷な苦難すべてに心から感謝しています。

    少しでも、参考になるところがあれば嬉しいです。

    1

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料会員登録をしてください。

keyboard_arrow_up