返信先: モヤモヤ

  • 匿名

    マリーさんはA子さん、彼の両方の気持ちに理解があるんですね。誰かの気持ちに理解を示せるということは、とても大切ですよ。すてきな気付きだと思います。
    A子さんの感じ方も、彼の感じ方も間違いではないんです。ただ、両者ともお互いの気持ちに理解を示すことが出来ておらず、そのため会話がクロスしてしまっているんです。
    お話の中の彼が言った「何時に帰るの?」という問いは、あくまで冷静で現実的な問いかけでした。
    彼に対し「○時に帰るね」、「何時になるかは分からないから、先に寝てて」というように冷静に返せば、もしかしたら喧嘩にならなかったかもしれません。
    つまりこのお話では、冷静(いつも通り)な彼が投げたボールを冷静にA子さんがキャッチすれば良かったところを、理性を失ったA子さんが誤ってバットで打ち返した、というすれ違いがあり、喧嘩になってしまったんです。このちぐはぐ具合が伝わればいいのですが…

    コミュニケーションの取り方には、自我状態という、性格の傾向が大きく影響しています。
    ですから、マリーさんの自我状態を知ることで、彼との喧嘩を減らすきっかけになるのではと思います。
    自分はこのやり方の専門ではないので、確実とは言えないのが情けないです。