返信先: 人生がつまらない

  • HIDE

    ありがとうございます。
    仕事のことについては現在別の人に相談中で、こちらではメンタル面に関して相談したかったのですが、他の人の意見も聞いてみたいのでお言葉に甘え相談させてもらいます。

    大学の授業で翻訳に少し興味を持ち、やってみるにはどうすればよいか調べました。
    書籍などで翻訳家の人たちのインタビューを読んだのですが、帰国子女など職に就く前から語学力の高い人、語学力は無いが何らかの専門知識が高い人など自分のモデルケースに成りそうな人はいませんでした。
    ある日とある女性のブログで自身の翻訳家になるまでの道のりを書いている人がいたので読んだところ、その人はほとんどゼロの状態から翻訳を始めたそうです。
    翻訳の仕事に就く前は日本語の事務、次に英文事務の仕事をして、そこから転職して今の職業に就いたそうです。
    そこでまずは事務の仕事から始め、そこから英文事務を経験し翻訳の仕事についてみようと思いました。
    通信教育で翻訳の勉強をしながら、事務で使えそうな簿記の勉強も始めました。
    しかし、勉強しているうちに自分は本当に翻訳がやりたいのかと思い始め、簿記の勉強もしたのだから経理事務をやってみるのもいいのではないのかと思い始め、ハローワークの職員に相談しました。
    ハローワークの方なので話の内容は正社員を前提としていて、事務はとても多岐にわたるので一つの分野に就いたら分野を変える人は少なく、男なので事務仕事は狭き門になるかもしれないそうです。
    男性事務員を雇う場合のちにその部署のまとめ役になってもらうのを会社は期待するため転職前提では断られる可能性が高いそうです。
    そこで正社員を避けて非正規でまず経験が積めないか考えています。
    事務の経験をしつつ翻訳の勉強をし、英文事務に行くか、その他の事務に行くか判断したいと思っています。
    近場に求人が出ているので応募するのですが、この選択が将来に吉と出るか凶とでるか判断が付きません。
    性別の問題や非正規で積み上げた経験がのちに評価されるのかどうかが悩みどころです。
    自分が他に興味のある分野もわからないので、もしダメならどうすればよいか迷っています。