返信先: 誰か助けて下さい。

  • 匿名

    ももさん
    素直で前向きで素晴らしいですね!

    うちの犬はシバの雑種でした。
    受験の失敗談も恋愛の失敗談も、飽きることなくずっと話を聞いてくれていました。
    ただただそばにいてくれました。

    犬は僕たち人類の親友ですね。
    彼らは、無条件でわたしたちを愛してくれて、なんの見返りも求めません。

    こちらが愛情を示せば、それを何倍にもして返してくれます。しかし、悲しいことに動物の寿命は、人間のそれよりもはるかに短いですね。

    相談内容とは異なりますが、聞いた話を載せます。
    ある獣医から見た少年とワンちゃんのお話です。

    6歳の少年、シェーンくんには、アイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーという名の愛犬がいました。

    ベッカーは、物心ついたときからずっとシェーンくんのそばにいてくれる文字通りの親友でした。

    そして、悲しいことにベッカーは、10歳にして末期がんに侵され、余命があとわずかとなってしまいました。

    残された家族の悲しみは、とても深いものでした…

    そして、後にその親友を見送ったあとの…
    少年の言葉が涙なくしては語れないものでした。

    獣医が呼ばれ、10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーを診察しました。

    飼い主のロン・リサ夫婦、特に息子のシェーンくん
    は、ベッカーをとてもかわいがっていたので、なんとか奇跡が起こらないかと願っていました。

    しかし、ベッカーは末期のがんにおかされていて、もう助かる見込みはありませんでした。

    末期がんの苦痛は相当なものです。

    獣医は、家族には、家で安楽死をさせてやるのがいいと助言しました。

    ロンとリサは、この体験からきっとなにか学ぶものがあるだろうから、6歳のシェーンにも安楽死の場に同席させたいと言ってきました。

    翌日、死にゆくベッカーのまわりに家族が集まりました。
    シェーンは静かに、最期の瞬間までベッカーを抱きかかえていましたが、どこまでこの状況を理解しているのかはわかりませんでした。

    しばらくして、ベッカーは穏やかに息をひきとりました…

    シェーンくんにも、
    ベッカーが苦しむことなく、別の世界へ旅立ったことがわかったようでした。

    その後、どうして動物の命は、人間よりも短いのか?ということについて、みんなでひとしきり話していました。

    静かに聞いていたシェーンくんがいきなり言いました。
    「ぼく、どうしてか知っているよ」。

    みんなは驚いてシェーンを見ました!

    そして、次に彼の口から出てきた言葉にみんなが驚きました。

    彼はこう言いました。

    「人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、幸せな人生を送る方法を覚えるんでしょう? でも犬は、生まれたときからもうすでにその方法を知っているから、長く生きる必要がないんだよ。」

    大切なのは、命の長さではありません。
    この世界に存在するもの、善と悪も含め、すべては愛を学ぶ為に存在しています。

    私たちは、大切な存在であった命を見送る時は、誰もが死ぬほど辛いでしょう。
    でも、そんな存在を見送る日がきたときには…
    シェーンくんの言葉を思い出して欲しいです。

    彼らが身をもって教えてくれた、本当の愛、何気ない日常の中での喜び、命の重さを感じながら…
    出会えたことに心から感謝して、いつもそばにいてくれて本当にありがとう!人生において大切なことを教えてくれて本当にありがとう!と感謝を送ることですね。

    そして!何より、一緒に生きているいまこの時を一番大切にしましょう!

    ちなみにうちの犬はアメリカ同時多発テロの日に旅立ちました。
    もう10年以上経ちました。

    それでも心の支えでいてくれています。
    本当に感謝です。

    ももさん
    日々、目標を立てて先に進んで行ってくださいね。
    それができるはずです。
    あなたのそばには心強い味方がいます!
    何の見返りも求めずただただそばにいてくれます。
    応援しています!