返信先: 部活恐怖症

  • すでにライスさんが仰りましたが、僕も同意見です。

    辛いのなら、そんなものに行く必要はどこにもありません。

    部活はあくまで「課外活動」であり、「苦行」ではありません。

    僕らのような、今では部外者になった人間は恐らく同じように言うでしょうが、amazatouさんのような当事者からしてみれば

    「そんなカンタンに言うなよ! 出来るならとっくにそうしてるよ!」

    と思うでしょう。

    これは仕方ありません。

    学校の中、部活動の中にいると、今の自分がいる空間が「世界の全て」だと感じてしまうことがあります。

    それは、「学校はせまい」からです。

    閉じ込められた世界にいると、その外にある自分の知らない世界が中々見えてきません。

    amazatouさん、あなたは今の部活をやめることで、いったい何を失いますか?

    せいぜい「わたしは部活をしています」という世間体くらいではないですか?

    だとしたら、そんなものには何の価値もありません。さっさと捨ててしまいましょう。

    あなたの「部活の外」の世界に目を向けてみてください。

    別の部活に入るのも一つの手です。

    それがダメなら、自分のクラスで良い仲間をつくってください。

    それもダメなら、学校の外のスポーツクラブや、ボランティア活動にも目を向けてください。

    学校だけがあなたの世界ではありません。

    あなたの居場所は必ずどこかにあります。

    大切なのは「あなた自身の一歩」です。

    あなたが一歩を踏み出せば、きっと世界が変わって見えます。今の部活なんで馬鹿らしく思えてきます。

    他人の僕にはamazatouさんの幸せを保障することはできません。

    でも、僕の言葉は信じてください。

    今のあなたに必要なのは、ほんの少しの勇気だけです。