返信先: もう死にたい

  • らい

    ただいま、きいちゃん。
    学校、休んだんだね。
    学校に毎日行かなきゃいけないって、頑張らなくても良いと思う。
    きいちゃんは、生きてるだけで、十分頑張ってるよ。
    学校を休んだことがバレたら、お父さんに怒られて、叩かれて、辛い思いをすることを分かっていても、行きたくない。
    学校に行くことと、お父さんに怒鳴られるかもしれないこと。
    二つとも、きいちゃんにとって、すごくしんどい。
    今日、学校に行かないことを、よく、頑張って選択できたね。
    ーーーーーーーーーーー
    きいちゃんは、自分の気持ちを言えて、相手の気持ちも考えてあげられるような、バランスのとれた状態になりたい。
    そして、お父さんは、優しくても、いらないんだね。
    優しいお父さんでもいらないのは、どうしてなのかな。

    僕は、奇跡が起きたら、ポジティブな考え方ができるようになりたい。
    大丈夫だろう。
    きっとうまくいく。
    できたことがたくさんある。
    大したことにはならない。
    テキトーで良い。
    ありのままで良い。
    大丈夫だろうとか、きっとうまくいくとか、テキトーで良いって思えたら、今よりは、気楽に人と話せるだろうし、自分の気持ちも話せるだろうし、人生が楽になると思う。
    もし、そうなることができたら、多分、泣くと思うな。ずっとこの日を待ってた、って。
    奇跡が起きたらって考えることは、バカらしいかもしれない。けど、僕は好きなんだ。なぜだかわからないけど、素敵だと思う。夜の遊園地で、メリーゴーランドだけが動いていて、それがぼんやりと光っているような、夢の中でそれを見てるような、イメージ。
    僕やきいちゃんは、その遊園地で遊んでいて、全ての夢が叶ってる。
    泣きながら、笑ってる。
    ようやく、終わったねって。
    辛いことは、全部、夢だったんだって。
    そんな想像がしたくなる。
    僕らは、人といたら辛いけど、一人でいても寂しくて、耐えきれない。
    虚しさとか、孤独感が胸の中でうずまいて、そこから目を逸らそうと、何かをしてごまかしたりする。
    きいちゃん、寂しいよね。すごく。
    僕も、人を求めていないのに、人を求めてる。