受付終了
一緒に対処を考えてほしい
30代 女性

大切な友人を傷つけてしまった。

閲覧数630 コメント数2 personココロ edit2023.07.11

私は昔からあまり長続きする友達ができませんでした。いじめなどはなく、学生時代も楽しく過ごしてきたのですが、卒業してしまえばその後は次第にフェードアウトしていき、また新しい場所で友人ができ、そこを辞めればフェードアウトの繰り返し。
結婚して、新しい土地に引っ越しをし、そこで新しく何人かの友達が出来、楽しく過ごしておりました。
しかし7〜8年前私は鬱病を発症してしまいました。希死念慮もあり、その苦しみを友達に打ち明けました。何を言っても乗り越えないといけないのは自分自身だし、友達はとても優しいので『苦しい』『辛い』と、こんな事を言う私の話を静かに何度も聞いてくれて、支えてくれました。
友達の優しさに甘えていてはダメだと思う一方、本当に優しい友達だったので辛い時はどうしても頼りたくなってしまうのです。すがりたくなってしまうんです。だから、私は自分から連絡する手段を無くすためにLINEなどブロック削除しました。どんなに辛くてももう自分から友達に迷惑を掛けない様にするにはどうすべきか、鬱病のドン底の回らない頭で考え、そんな行動をとりました。
それから3年半精神科に入退院を繰り返し、やっと、少し光が見えてきて今は希死念慮もなくなり、何とか日常生活が少しづつですができる様になってきました。まだ外に出る怖さもありほぼ引きこもりですが、あの酷い鬱状態から考えたら、とても良くなったと感じています。
そこで私は酷い鬱病の時に、助けて支えてくれた友達に謝罪と感謝をしたくて、でも連絡手段は自分がLINEを削除してしまっていたので、唯一残していた住所に手紙を出しました。
しかし、返事が来る事はありませんでした。
全て私が悪いのは分かっているんです。病気のせいにはしたくないですが、連絡を切った事は自分がした事です。それがいくら迷惑をこれ以上掛けたくないと思ってとった行動でも、友人からしたら分からないわけですから、怒るのは当然だと理解しています。
やはり、もう関係修復は無理なのでしょうか?
一生大切にしたい友達と私は勝手にですが思っていました。どうやっても許してもらう事は不可能なのでしょうか。
一日中そのことばかり考えてしまい、苦しくてたまりません。本当に大切な人を傷つけてしまい、そんな自分はこんな状態で生きてる価値はあるのか?と自問自答の日々です。
ココトモInstagramはじめました♪

このたび、ココトモの取り組みや想いを発信するInstagramをはじめました。ココトモメンバーたちが試行錯誤しながら運用してくれているので、ぜひ応援&フォローいただけると嬉しいです(*´`)

Instagramはこちら

コメント一覧

  • refresh約11ヶ月前
    テンシ 20代後半 男性
     私は6年前に大切な友人を失いました。自殺してしまい、当時は十分に救いの手を差し伸べることができませんでした。あれだけお世話になったのに助けなかった自分は、クズ人間と毎日思っています。冗談ではなく、毎日、友人のことを思い出します。忘れた日はありません。大切な友人だったのに…と、後悔ばかりです。
     住所を把握しているのであれば、私だったら、いる可能性が低くても行くだけ行きます。それでも諦めがつかなかったら探偵にお願いしたり…。
     周りは「忘れて前を向いていこう」と言う人ばかりですが、この思いやこれまでの友人との思い出は一生死ぬまでついていきます。「私が死んだとき、忘れたとき、人の記憶から消えたとき、人はもう一度死んでしまう」。どこかのアニメか映画の登場人物が言っていましたが、まさにそうだと思います。だから、ココロさんはそのご友人のためにも生きる価値はあると個人的には思います。ひとりで生きるのは難しいですよね。一緒にがんばりましょう!
keyboard_arrow_up