絵画で刺激を受けよう

絵は、面白いですね。
時代背景や時の流行の影響がとても反映されています。
また、娯楽が少なかった時代は、映画のような役割をしていたこともあるようです。

最近、バロック時代の作品とルネサンス時代の作品を比べる番組を観たのですが、バロックは印影をつけて立体的に、ルネサンスは光を強調して平面的に描かれていると解説があり、なるほどと思いました。

音楽も似ていると感じました。
バロック時代は叙情的で、ルネサンス時代は平坦な感じがします。
時代というものがあるのでしょうね。

芸術は、僕たちに非現実感を提供してくれます。
一時的に思考を日常から解放させてくれ、人が持つ創造性=感性を刺激してくれます。

その意味では、芸術にはヒーリング効果があるのかなとも思えます。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017.12.23 19:44

    絵画の役割というのは確かに時代によって変化するのかもしれません
    絵画という一つのキャンバスの中に作り出された世界
    それがそれをみる人にどんな印象を与えるのか
    それはそれを描いたそのひとですらわからないことだったりするのかもしれません
    けれど、多くの人を今なお魅了する絵画には
    なにか大きな力があるのかもしれませんね

ココトモメンバー募集中!