3.11に寄せて

あの日から6年。
もう6年なのか、まだ6年なのかは人それぞれだと思います。

あの日、私は現地(宮城県仙台市)にいました。
どんな被害だったかは、様々な媒体で閲覧出来ますので、ここでは割愛します。

あの震災では、世界中からたくさんの支援を頂きました。
世界中が日本を案じてくれた事は、とてもありがたい事です。

私は、あの日以来、価値観が変わりました。
人間、いつ死ぬかなんて分からない。だとしたら、やりたい事はやって、叶えられるものは全て叶えていたい。

当たり前が当たり前ではないと知ったから。
選択1つで、死ぬこともあると分かったから。
後悔しながら死ぬことはやめようと決めました。

あの時は、さすがに希望も何にもなかった。
自然の前では無力で、何も出来なくて…。

その後、紆余曲折があり、東京で働くようになった。
今は、東京に来て良かったと思っている。
学んだ事や得たものがたくさんある。

特に海外の方々との出会いは私にたくさんのものをもたらした。

同時に、日本人から東北出身というだけで中傷めいたものを受けた事もあります。
それは残念でならないこと。
異質なものを排除して、いいことありましたか?と感じた。

私は、震災を忘れないで下さいという方法での発信は好きではない。
方法の1つではあるが、そもそも、忘れてしまうのが人間。
だったら、自分が語り部になればいい。
自分の言葉で、あの日の事を伝える。それが大切。
だから、私はこれからも、語っていくだろう。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!