休む勇気で得たこと

仕事が少しだけ落ち着いたのと、寛容な会社と上司のおかげで、先週金曜日を休み三連休にしました。
三連休の間は、特に何かをした訳ではなく、日曜日に至ってはしつこい風邪で寝込んだ始末(笑)
でも、不思議と充実感があり、頭の毒素が抜けたような清々しさがありました。

翌日の仕事も順調。
ネガティヴ思考も起こらず、気分も軽かったです。
思い切って休みにした甲斐がありました。

「休む」ことは大事だなと思いました。

でも、いざ休もうと思っても、後ろめたさを感じるもの。
周囲のことがどうしても気になりますよね。

それは、仕方ないことです。
だって、そういう性分なんだもの。
そういうのも受け容れて…

考えることを休む。
ポジティブに振る舞うのを休む。
自分を卑下することを休む。
周りをみることを休む。

勇気を出して、休もう。

今日、ブログ休もうと思ったんだけど、なんとなくそれを書きたくなり…
人とは、不思議なものですね。

0
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. おっくん 2017.12.27 01:33

    猫の手さん、コメントありがとうございます。
    僕の方こそ、猫の手さんの言葉を読んで学ばせていただいています。
    空を見上げると前向きになれるのは、果てしなく広いからだと思います。
    哀愁とは、重ねた経験の深さかもしれませんね。
    たくさんのことを背負っている。
    それは、生きている証であると思います。

  2. 猫の手 2017.12.26 16:17

    こんにちは。
    社会人の頃、よくサボっては電車に乗り空を見ていたのを思い出しました。
    私は社会に適応するのが難しかったです。
    お勤めされている方は哀愁があって、それもまた魅力のように思います。

    心のお休みって難しいですね。
    でも、とても大切な事ですね。

    いつもとても丁寧にコメントされていて、見本にさせて頂いています。

  3. おっくん 2017.12.24 01:55

    ぬいさん、コメントありがとうございます。
    一度足を止めたら、二度と歩けないかもしれないという感覚、良くわかります。
    慣性的なものですよね。
    だからこそ、見えなくなるんですよね。
    立ち停まることって、振り返る、見つめ直すということでもあるんですよね。

  4. ぬい 2017.12.23 20:13

    休むことの一番の恐怖は
    なんといっても
    先の見えない闇に片足を突っ込むような感覚だったりします
    歩くことをやめてしまったら
    もう二度と歩けないんじゃないか
    そんな恐怖
    けれど本当はしっかりやすんで
    また歩けると信じることなのかもしれませんね