メンバー 50代 男性

りくのお部屋

閲覧数668 コメント数1 personりく edit2023.11.25

わたしを知って頂けるように、過去の相談実績(ココトモではありません)を記載させて頂きます。

○ 50代女性、夫と離婚したい。
女性は約25年前に離婚。その後、前夫との間に授かった三つ子と共に現在の夫と再婚。再婚後しばらくして、第四子を授かるも出産後、夫とトラブルが起きるようになりました。
病院でうつ病と診断されて月1回程度通院していた。
~離婚調停に係る諸手続き等の手伝い~
内容証明郵便作成依頼を受ける。調停時の資料作成依頼を受ける。生活保護申請の支援および住居確保支援。
 ~カウンセリング期間~
  2019年初夏から約1年。電話によるカウンセリング、接見でのカウンセリング、裁判所に同行など。

○ 10代女性、父親からのDVにより家出。
女性は令和4年4月の法改正によって成人として扱われている少女であった。父親からの度重なるDVにより、また母親から救いの手がなかったことで家出を決意し野宿生活を始める。
過酷な生活環境であったため、子宮内膜症で入院手術、退院後もメンタル不安から体調を崩しがち。メンタル系の病院へ通院はしていない。
~カウンセリングの内容と対応~
静岡県在住のため、LINEでカウンセリングを開始。警察および児童相談所へ相談に行くよう促すも、過去に相談に行った際に対応をしてもらえなかった経験からそれらを拒否。その後、紆余曲折があり退院後に接客業にて働くこととなる。さらに住居は職場仲間のところに居候することとなり、現在もカウンセリングを継続中である。
 ~カウンセリング期間~
  2022年9月から継続中。LINEによるカウンセリング。電話によるカウンセリング、各行政機関への問合せ代行。

○ 30代女性、職場でのトラブルによる相談。
女性は非正規労働者(派遣社員)であったが、そのスキルを高く評価されていた。職場でのトラブルが発生したきっかけは、会社の分社化に伴い別会社に吸収合併されたこと。職場環境の変化で人間関係が変わりコミュニケーショントラブルから欝病となった。
職場でのストレスからうつ病と診断される。現在も2週間に1度の通院中である。
~カウンセリングの内容と対応~
欝病により、身体的変調をきたし、ひとりで日常生活をおくることができなくなる。当初は電話やLINEでの対応であったが、本人の希望もありメンタルケアのカウンセリングによる運動神経回復訓練、病院への付き添い介助、派遣元と今後の対応についての交渉代行など、生活に係る一切のフローをおこなう。その後、環境を変えることでメンタル体調ともに若干回復をしたため、本人の希望もあり実家である東海地域に引越しをする。その後も経過は良好で現在は欝病の改善および身体異常がおさまり、再度社会復帰に向けて活動中である。
 ~カウンセリング期間~
2021年秋から2022年8月。電話によるカウンセリング、接見によるカウンセリング、LINEによるカウンセリング。
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができます。ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

  • refresh1週間前
    メンバー
    168 20代後半 男性
    いろは と申します! 素晴らしいです。ご活動経験豊富でらっしゃるんですね(^^)本日からボランティアサポーターとして活動しております!
    どうぞ、よろしくお願いいたします(^^)!

新しいコメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料会員登録をしてください。

keyboard_arrow_up