謙遜しすぎに注意

初めてブログ書きます
ことはといいます。現在高校生です。

みなさんは「謙遜」ってよくしませんか?
今回は私が「謙遜」について思うことについて思うことについて書こうと思います。

「謙遜」という文化に疑問を抱いた出来事

わたしはよく友達に

「○○ってまじめだね~」とか「○○ってすごいね」

って言われたときに

「そんなことないよ~自分なんて全然…ブツブツブツ」

みたいな感じで返してしまいます。

本当は自分でも自分ってすごいなって思ってても、ついつい無意識に相手がせっかく褒めてくれたことを否定してしまうんですよね~

しかも、謙遜しているうちに、いつのまにか、本当に自分は大したことない奴のように思えてくるのです。
本当はついさっきまで自分でも自画自賛してたとしてもです。

 

こんなことを何度か経験するうちに私はふと思ってしまいました

「なんで謙遜なんてするんだろう?むしろせっかく相手が褒めてくれてるのにそれを否定するほうが失礼なんじゃないか?」

と。

「謙遜」することは社会で生きる上で大事なことなのかもしれないけど

もちろん、日本で生きて生きている以上、目上の人が何か褒めてくれたとしても、それは一種の社交辞令でしかないととらえて、返事をするときも、
「いやいやそんなことないですよ~」みたいな感じで謙遜するっていうのがマナーなのかもしれません。

 

けど、せめて仲のいい友達同士で会話をするときくらい、

「やっぱり○○もそう思う~?自分でも我ながらよくやったと思うんだよね~笑笑」

とか、

「え~そうかな~?ありがとー(๑>◡<๑)」

みたいな感じで、相手が褒めてくれたことを素直に受け取ってみてもいいんじゃないかなって思うんですよね。
(そっちの方がお互いハッピーだと思いません?)

(もちろん年齢によって年相応の話し言葉みたいなものはあると思うのでそこは人それぞれ変えてくれればいいと思います。)

 

まとめ

ということで、初めてのブログは「謙遜」について自分が思うことを少し書いてみました。

特に、自分を責めやすいなって思う人は、無意識のうちに褒められても素直に受け取らずに「自分なんて~」っていうのが癖になっていないか気にしてみるといいかもしれませんね

 

つたない文章をここまで読んでくれてありがとうございました。
これからも時々ブログを書いていこうと思っているので、これからもよろしくお願いします!

 

 

4
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up