方言はアクセント!

 

大学の授業は明日から本格始動なので、余裕がある今のうちに書いておこうと頑張る雪灯です。

できたらもう1本ブログ上げれたらいいなぁ……(´-`).。oO

そんな訳で、今回は方言のお話です。

方言は要らないもの??

方言というものは、ニュースや新聞、動画、ネット、そんなたくさんの場所では必然的に抹消されているものです。例えば、今私の手元にある大学の統計学の教科書。もちろん、中には方言なんて使われていません。よくよく考えてみると、方言って結構排除されているものですね(^_^;)

確かに、公共の場や相手によっては、方言は抹消されるべきなのかもしれません。でも、方言は要らないものなのでしょうか? だとしたらなぜ、方言は使われ続けているのでしょうか?

方言=温もり

私は、方言には独特の温もりがあると考えています。

例えば、小説にある教室でのワンシーン。方言での会話って、どこか温かみや深みのあるものじゃないですか?

ティーンズプレイスのメンバーLINEでは、いろいろな方言が飛び交います。そしてまた、私自身もかなりの数の方言を使います。地元の方言はやっぱり1番使うし、小説を読んでいるうちに身についてしまった関西弁や博多弁なんかもときどき入ってしまっているかもしれません。さらに、母方の地元方言である福井弁もときどき使います。

福井弁に至っては日常生活でもときどき使っています。高校で友達と帰る時に「はよ帰ろっさー? (早く帰ろう?)」と言うことが多かったかな。LINEスタンプで1番最初に購入したのも福井弁スタンプでした笑

方言はアクセント!

実は弟にはよく、「姉ちゃんまた福井弁使っとるやん」なんてからかわれて、それなりに結構気にしてました。同じように、周りから使っている方言をからかわれた経験があって結構気にしてしまうっていう人も多いかと思います。

でも、やっぱり方言って、結構いいものです。

ティーンズプレイスLINEでのメンバーからの言葉、その多くには方言が使われていますが。なんか、その方が言葉がまっすぐに届く気がするんです。

普通に標準語での言葉も意味は心にちゃんと届くんですけど。方言入ってると、その分心に届いた言葉もあったかい気がするんですよね。

もちろん、親しき仲にも礼儀ありですけれど。

だからこそ、ある程度腹を割って話せる人には、大切なことは方言を使って伝えてみるのもいいのかなぁ、なんて、私はときどき思うのです。

 

 

.*・゚雪灯.゚・*.

 

 

 

 

 

 

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. 雪灯 2018/04/21 15:20

    @ぬいさま
    コメントありがとうございますm(❁_ _)m
    方言っていうものは本当に多彩なものだと思うのです。いろいろな意味があって、それぞれに使われ続けた背景があって……。だからこそ、なくすより温もりを伝えるために使っていけたらいいなと思います。
    今回も素敵なご意見ありがとうございました!

  2. ぬい 2018/04/11 20:00

    方言
    その地域の人間どうしで使ってる分にはその通りの意味で伝わるのですが
    他の地域の人間と話すと相手に与える印象ってなんだかまちまちだったりします
    言葉の意味が違ったりそもそもそんな表現が存在しなかったり発音が違ったり
    伝わらないのが逆に面白かったりすることもあったりしますね
    自分の生まれたお国言葉大切にしていけたらなと思います

ココトモメンバー募集中!

ページTOP