一匹狼 独りの強みと限界

立食パーティー形式の食事が一番苦手です。

上手く話の輪に入れず居心地が悪いんです。

自分の居場所を探して右往左往。TATAです。

 

前回、前々回に引き続き孤独についてのお話です。

まだ読んでいない方はこちら→→一匹狼 孤独との付き合い方

まだ読んでいない方はこちら→→一匹狼 天才の始まり?独りを選んだ日

 

孤独は人を強くする?

 

さてさて、独りを選択し続けると、独りで何でもできるようにならなくちゃいけないですよね。

そうです。孤独になると個人のスキルはかなりアップします。

自分の一つ一つの言動にも全て責任を持って行うので、誰のせいにもできないし、頼ることもできなくなります。

そうです。孤独になると忍耐力も精神力も向上するんです。

 

独りバンザイ!

一匹狼はクールでカッコイイぜ!

皆も独りになりたくなってきたかな?

SONY DSC

孤独至上主義は崩壊する

 

ある社長と出会ったときの話です。

大学に入ると、経済や経営を学ぶ関係で、ある会社の社長と話をする機会があったんですが、その方の言葉により、もろくも私の孤独至上主義は崩されることになりました。

社長:「君は大学まで行っているんだね。じゃあ勉強は得意なんだね。僕は勉強が嫌いで、高校も中退してるんだ。」

TATA:「それでも、一企業の社長されているなんてすごいですね」

社長:「僕には技術も知識もお金もなかった。ただ、友達だけは大切にしていたんだ。社長はそれだけで十分なんだよ」

TATA:「はぁ、そうなんですね。」

社長:「その友だちがそれぞれの分野のエキスパートであれば、”思い”だけで簡単に会社は作れるようになる」と。

 

その頃は、色々な企業の社長と会う機会があったんですが、会う社長、会う社長みんな子どもみたいな人ばかりだったんです。

安直で思慮浅くて、でも憎めない感じ。人が自然と集まるようなそんな居心地の良い印象を与える方ばかりでした。

こんな人たちが社会を作っているんだと思うと、非常に心配だったけど、実際それで世の中はうまく回っているんですよね。

 

独りでなんでもできるようにならなくては!!と思ってた自分とは間逆の考え方でした。

1日は24時間じゃない!

社長:「君の1日は何時間ある?」

変なことを聞かれました。

当然、1日は24時間だ。そんなこと小学生だって知ってるよ。

社長:「僕の1日は1000時間以上あるよ」

何を言ってるんだこいつ?(失礼)時間の流れが違うとでもいうのか?

と、そのときはよく理解できなかったんですが、

彼(社長)の言いたかったことは、つまりこういうことです。

1人の持ち時間は24時間ですが、自分のために時間を使ってくれる人がいれば、それだけ1日の持ち時間は増える。という考え方。

例えば5人の仲間が自分のために時間を使ってくれるなら、1日の持ち時間は120時間も増える。

 

そこで改めて皆にも聞いてみましょう。

あなたの1日は何時間ですか?

 

孤独を楽しむ?孤独に耐える?

独りでなんでも出来るようになるのがいいのか。

自分は何もできなくてもたくさん人を頼って短所を補える方がいいのか。

 

結局今ではどっちが正しいかなんてわかんないし、そもそもどっちが間違ってるとかもないでしょう。欲を言えばどっちも出来るようになれればベストだろうね。

 

ただ、私は独りを選ぶことが多い。

自分は弱い人間なので、集団にいると思考が流されるし、責任のなすりつけもしてしまう。

それが嫌で、独りになって自分なりの考えを持とうとするし、言動にも責任を持ちたいと思う

だから逆に今も独りでなんでも抱え込む癖は変わらないし、悩みを吐き出すのも苦手。

やっぱり集団でいるのは疲れるし、独りになりたがる性格は変わらない。

 

それでも、寂しいという感情はある。

孤独は自由で良いと思っているうちはいい。

それが耐えるものになった瞬間から辛くなる。

辛くなったら、辛くなる前に孤独を楽しめばいいだけ。

辛くなる前に誰かに助けを求めればいいだけ。

うまく孤独を使いこなすんだ。

 

独りを知ると、自分がよく見えてくる。

そして、他人もよく見えてくる。

人一倍他人の優しさが心にしみるようになってくる。

手を差し伸べてくれる人、一緒にいてくれる人には精一杯尽くしたいと思うようになる。

SONY DSC

 

 

練習だと思えばいい。

人は人生のうちに必ず独りになるときがあります。必ず独りを感じるときがきます。

そのときに焦ったり戸惑わないように、練習しておくことも必要かもしれないね。

独りを楽しむ練習と、誰かを頼る練習を。

さあ、試しに練習してみましょ。

 

TATA

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全11件のコメント

  1. hiro 2015/11/10 17:23

    どうも、1人歴6年の若輩者のhiroです。
    勝手に読んで勝手に共感させてもらってます。

    色々なことがあって人間関係に疲れてしまい、
    一人を選択し仕事だけに生きてきたのですが
    いい年齢になってくるとこのままでいいのか?という漠然とした
    不安と、外で一人で動いていて周りが知り合い同士だらけの
    場所に行くと、さすがに寂しさと辛さを感じてしまうようになりました。

    そんな時にここを読んで、
    共感できる部分が多かったので驚きました。

    また読みたくなった時に読ませてもらいます。

  2. TATA 2015/08/24 10:15

    武雅さん
    .
    何度も見返して頂いて嬉しいです。*\(^o^)/*
    私も独りを選択してると、これでいいのかなぁと思うことあります。
    独りでいることが悪いように感じることもあり、ちょっと無理してもグループに入った方がいいのかなぁと考えることもね。
    .
    ひとりでもできるってのも力だし、誰かと一緒にできるってのも力だと思います。
    得意な力を伸ばすか、苦手な力を伸ばすかというところかなぁと考えると、別に悪い事ではないんじゃないかなぁと思ったりしてます。

  3. 武雅 2015/08/24 06:01

    TATAさん、また来ちゃいました(笑)独りを選んでると、これでいいのかと悩むことも多くて(^^;そんなときこのブログ読みたくなります。
    SNSわかります!私は疲れてきたのでスッパリやめました。本当の独りです。会わないと誰のも何も情報が入ってこないから、次に会うとき誰かに変に気を使うこともなくなって最高!(笑)心が楽チンです!

    そして、最近は大勢でわいわいしてるところにひとりでポツンと居ることになっても、寂しい気持ちを感じなくなってきました。前は寂しかったのですが…強くなったのか弱くなったのか。人が苦手な自分を認めるのがうまくなったのかなーと思ってます。

    でも、やはり他の人との交流は生きていく上で必要ですね。とても疲れるけど、仕事でもプライベートでも信頼関係は独りではつくれませんしね。もう少し、独りの世界から自分を出さないとダメだなー。。。

  4. TATA 2015/07/29 10:13

    武雅さん

    コメントありがとうございます。

    武雅さんも1人の方が落ち着くのですね。
    今は何もしなくてもSNSやらで四六時中人と繋がってしまっていて、1人でじっくり考えを整理したり、心を落ち着かせる時間が少なくなってるような気もします。
    1人の時間を大切にしていきましょう!

  5. 武雅 2015/07/29 07:53

    私も独りが好きです。だれかと話したあとに来る、会話の中での失敗に対する激しい後悔に耐えられないから。弱い私は一つの些細な失敗で軽く一週間は苦しみます。人は嫌いじゃないけど、人と居る方が私は辛い。
    そういう自分を認められるようになるまで、長いことかかりました。
    私は社長にはなれないな~(笑)

    興味深い記事をありがとうございました。

  6. TATA 2015/07/26 21:20

    モニコさん
    コメントありがとうございます。
    なんか心に残る言葉があったならよかったです。。

    また話しましょうね!

  7. モニコ 2015/07/26 18:07

    今ちょっと寂しくて
    このブログを読んでみました
    うれしかったなぁ
    読めて良かった
    ありがとうございます ^^

  8. TATA 2015/03/03 12:29

    みやさん
    ありがとうございます。

    きっと、私もみやさんも一声あげるだけで時間を提供してくれる人はいるはずですよね。

    いつもは24時間なんですけど、いざってときは時間は増やせるって思えるだけで、少し楽に生きれる気がします。

    是非、私の時間も使ってみてくださいな。

  9. みや 2015/03/02 18:44

    「自分のために時間を使ってくれる人がいれば、それだけ1日の持ち時間は増える」

    この言葉。なるほどなーって思いました!
    新発見でした!ありがとうございます。

  10. TATA 2015/03/01 21:10

    organさん、おつかれさまでございます。

    シリーズ化するつもりはなかったんですが、独りについて書いてたら長々と読みにくくなってしまったんで、分け分けしただけです。
    次このテーマで書くとしたら、『やって良かった☆独り○○ランキング!』くらいでしょうかね。

    organさんの母性は、きっと独り立ち前の中高生男子には嫌がられる母性ですね〜。でも、3~40代になるとまたその母性が恋しくなって求められるようになるんだと思います。笑

    まだまだ書きたいテーマは別にあるので、そちらをお楽しみに!

  11. organ 2015/03/01 20:27

    TATAさん、こんにちは♪
    独りを知っている人がもつ、少し怯えた肩の感じとかが好きで、孤独好きにも容赦なく母性テロしてしまうオルガンをどうかお許しくださいませ。笑
    シリーズ化、おもしろかったです
    またやってね(^^*)

ココトモメンバー募集中!

ページTOP