良い事全てが、「収入」になるならば…

笑顔ではお金は稼げない

世の中には、自分がやりたい事や、自分の幸せに思う事で稼いでいる人がいる。

その一方で、生活の為に、嫌々仕事を我慢して頑張って頑張っている人がいる。

これは、人間みな平等ではないので、当たり前に分かれていることで、もちろんどの稼ぎ方が良いとか悪いとかではない。

仕方なくやっている人もいれば、ワクワクしながら働いて楽しんでいる人もいる。

そんな中、「好きだけど、仕事として出来ないから趣味でやってる」そんな事もある。

やりたい事で高収入で…そんなうまい話はほとんどなくて、

今でこそ自由な働き方が選べるようになったけれど、そんな自由を簡単にみんな得られるなんてない。

昔、ジムで仕事していた時、「笑顔をありがとう」と言われて、とても嬉しかった。

たかが笑顔で、感謝される事があるんだ!!と。

たかが笑顔、されど笑顔。たまたまだったとしても、私はとても嬉しかった。

何年経っても、今でも印象に残る出来事だ。

今、人に優しくされることも、感謝される事も、あるけれど、

それでお金が稼げたら、楽しく仕事をする人も、感謝する人も、感謝される人も、増えるんじゃないか?なんて思って。

もちろんそんな事出来る訳ないんだけど…

笑顔だったり、優しかったり、そんな「良い事」で貰えるお金があったら…

なんて、今絶賛就活中の私は思ってしまいます…

人への優しさや親切って、実は「自分の為でもある」って、よく言われていて。

誰かに何かすると、した人も何か「良いもの」を受け取るらしいんです。

それはそれで、心に響く温かいものだからいいと思う。

でもそれが、「生活出来るもの」「それで食べていけるもの」になったらなぁ…って。

それがキッカケで縁が生まれて仕事に繋がる事はあるけれど、直接的に関与するものじゃないから。

悩み相談に乗っていても、たまに思う。

この人のこの繊細さや優しさが、「収入」になるなら、その人は自分の弱みを強みにすることも出来る、良い相互作用が生まれるんじゃないか?って。

そう、「性格」が「お金」になる、みたいな。

良い行動や性格が、生きる糧になったらいいのに。

どんなに人に褒めてもらっても、どんなに自分に良いところを発見してもらっても、それで「仕事」が出来たらなぁ、なーんて思う自分がいて、それを模索するけど、うまくいかなくて、そんな時にふと感じました。

世の中の良い人達が、幸せになって、それで収入を貰えて、この自分でいいんだと認める事が出来て…

そんな世界が広がったら、自殺とかそういうのも減るんじゃなかと思うし、思いたい。

空想上の話だけど、そんな理想郷を語ってみたオハナさんでした。

おしまい。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. オハナ 2015/10/10 14:59

    くぅちゃん☆
    優しいと言うか、私が苦しみ続けた結果、思った『夢』みたいなものだよ〜。
    そうだね、人それぞれでいいと思うよ。みんな違う人生歩んでるんだから、価値観や考え方が違って当たり前だよ。
    仕事の中から、楽しい事を見つけ出せても、私はやっていけなかった。
    前回の離職理由は、会社都合ではあったけれど、面白い事もあったけど、やっぱり何か合わなかったなぁ〜。その何か違うって不快感はハッキリとは言えないけど…。
    私ね、ワガママで甘ったれだと思うんだ。大人じゃないんだと思う。くぅちゃんが言うことは最もで、周りの友人にも言われた事だけど、それを実践する事がストレスになってしまったけど、気付かないフリをしていた。それまでも苦痛に感じる自分がいて、自分の甘さに正直困った。
    くぅちゃんの生き方は、正解だと思う。目の前にある事を楽しめるようにしたら、どんな事でも乗り越えられるようになると思う。人生において、その方がいいに決まってるのは当然で。
    その生き方を、くぅちゃんが広めて、それで救われる人が沢山出てきたらいいなぁと思う。
    ゆとり世代がよくバッシングされてるけど、ゆとり世代の何がダメなのか、根本的に実はよく知らないんだよね〜。仕事の価値観とプライベートや好きな事を、固定観念化されてるのかなぁ?
    だとしたら、くぅちゃんの言う通り、確かにそこは問題だよね。決めつけが行われてるって事だもんね。
    仕事って難しいね〜。私はどうやっても仕事とプライベートは分けられないタイプだから、仕事もプライベートも楽しくしたいし、仕事が辛いとプライベートも楽しめないタイプ。楽しい事を見つけられるようになりたいなぁ。

  2. くぅ 2015/10/10 01:35

    おハナちゃんはやさしい人だね~

    私は人によって「人生における仕事の立ち位置」というものが違うと思っているのね

    例えばおハナちゃんのように「好きなことや得意なを仕事にしたい」というのと
    「好きなことをするための手段としてお金を稼ぐ」ということなど様々で
    中には「好きなことを仕事にはできるけれど生活していけないのでお金を稼ぐ手段で仕事する」という人もいると思うのです

    なので、なにか縁があって始めた仕事ならばどうせ毎日やるなら、その仕事の面白いところを発見していこうという意識を持つことが働く上で大切だなぁと思ってます

    また、近年、これができたらこれあげるとかこれやっていいよ的な御褒美をあげるという教育が行われてきた世代なので、仕事=やりたくないけどやらなきゃいけないもの。休みなどやりたいことなど=御褒美。という価値観が根づいてしまったのが仕事が嫌いとか辛いという人が増えた原因ではないかなぁ・・・
    それを覆して今、目の前にあるものをどう楽しむかそれを考えるというのを私はお勧めしますー!

ココトモメンバー募集中!