大切なものはみんな掴みどころがない でも…

今日は本の紹介をします。

題名「卵の緒」
著者 瀬尾まいこ
出版社 新潮文庫
お勧め度 A
本の中からの、お気に入りの表現(ことば・文など) そして、親子の絆はへその緒でも卵の殻でもないこともわかった。それはもっと掴みどころがなくてとても確かなもの。だいたい大切なものはみんなそうだ。
気に入った理由 大切なものはみんな掴みどころがなくてとても確かなものだからこそ、人は模索し続けるんだろうなと思ったから。
読み終わって、思ったこと・考えたこと 親子の絆は血が繋がっていることじゃないと心から思えました。

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク