受付終了
一緒に対処を考えてほしい
30代 女性

夫は癌で余命は長くない中、妊活をしています

閲覧数414 コメント数4 personまろん edit2024.02.12

はじめまして。
まろんといいます。
30代後半の女性で、結婚して今年で10年目です。
夫が4年前に希少がんと診断され、抗がん剤や放射線治療を行っています。
標準治療の限度を越え、今は先が見えない中、延命のような形で治療を続けています。
希少がんという特性上、治療法は限界を迎え、まもなく終了します。
そのような中ですが、私達は結婚してすぐ不妊治療を始めており未だ子供を授かっていません。
1度、子宮外妊娠を経験しましたが、現在も不妊治療を継続しています。

夫の命の終わりが見える中ではありますが、新しい命を授かりたいという思いもあり、治療を続けています。
ただ、これは私が女性としての妊娠のリミットを迎えることが怖いから治療をしているのかと、ふと自分の本心が分からなくなることがあります。

夫の命について、私が何か努力を出切ることは無い分、子供の命について不妊治療という形で努力できるなら、出来る限りのことをしたいとも思っています。

『成るように成る』と思う一方、私は夫も失い、子も授かることが出来ないまま過ごしていくのかと不安になることもあります。

とりとめのない文章で申し訳ありませんが、皆様がこのような状況でしたら、どのように『今』を過ごし『未来』に向かうか、どのような気持ちで自分を鼓舞するか、についてご意見を伺いたく投稿致しました。

30代後半ということもあり、周りは結婚・出産・子育て真っ最中であり、同じような状況の友人がおらず、本心で相談する相手がおりません。
家族に話を聞いてもらうことはありますが、『もし同じ状況だったら、、成るように成る』という以上の答えが出ません。(その通りなのですが)

どうぞよろしくお願いいたします。

ココトモ「交換日記」を書いて繋がろう♪

今日の出来事、気持ち、頑張ったことをみんなでシェアする『交換日記』ができました。 自分の日記を書いたり、他の人の日記にコメント&フォローしたりすることで交流を深めることができます♪

交換日記はこちら

コメント一覧

  • refresh約3ヶ月前
    メンバー
    まんちゃん 50代 男性
    まろんさん

    初めまして。ご主人の病気、そして支えるまろんさんも大変な状況の中、心中お察し致します。
    私は先月親族を亡くしました。突然の出来事でした。そしてその時に思ったのは、もっと優しくしておけば良かった。もっと●●しておけば良かった。もっと…この言葉ばかりの後悔の念でした。
    子宝に恵まれるかどうかは努力しても分かりません。
    それよりご主人との貴重な時間が有限であるならば、その時間を有意義に過ごしてほしいと思っています。
    愛する人にありがとうと感謝の気持ちを伝え、共に過ごす時間を大切にする。『今を生きる』…これが大事なのではないでしょうか。
    未来の見えない不安に怯え考えるより、今この一瞬を大切にする。
    もし時が戻れるならば、自分はそうしたい。
    数年後の自分の未来を仮定して、今の自分にメッセージを送って見て下さい。どんな言葉が出るでしょうか。人生は限られた時間しかない。刻一刻過ぎていく。諸行無常。
    ご主人との時間、今を大切に…
keyboard_arrow_up