受付終了
一緒にお話したい
20代後半 女性

うつ病が再発してしまって心に余裕がありません

閲覧数196 コメント数1 personくみ edit2024.03.05

以前こちらで気分の浮き沈みが激しく相談しました。
うつ病の診断をもらってから1年以上経ちますが、半年ほど前の診察を最後に一応完治ということになったのですが、
またここ1ヶ月ほど心に余裕がなくなり、やりたかった事務のお仕事にようやく就けたのに気分の浮き沈みや心のしんどさから1ヶ月ほど働いて退職になりました。

また精神科に通うことになり、うつ病の診断を出され、また同じ薬を飲んでいますが正直薬を飲むこともしんどくてつい飲まない日が続いてしまいます。
以前も同じ薬を処方されているので「どうせまた再発するんだから」と思うことが多く、
一昨日くらいから生理が来たこともあって気分が滅入る時間が長く、自分でもしんどいと感じ始めたので薬を飲み始めました。

せっかく楽しく話している話題もつまらなくて
1人の方がいいと感じることが増えて、
でも彼氏と一緒に住んでるから1人になる訳には行かないし、彼氏と過ごすのは苦じゃないから一緒にいたいし、
でも仕事をやるとまたしんどくなって、
家で一人でいてもお金や生活のことを考えてしまって苦しくなる

それの繰り返しで、もんもんと考えてしまって身体がダル重くなって生活するのがしんどいです。
楽しいこともありません。

彼も精神病があって私よりも酷いためお仕事も出られる時だけ出勤しています。

お金の面は彼に頼ることをしたくありません。

現状何をどうしたらいいのか、整理がつかないので描きました。
同じような感じになったことがあれば、
こういう時何をしたらいいのか教えて欲しいです。


ちなみにお仕事は内職を探そうとしています。
それもどうか意見が欲しいです。
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができます。ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

  • refresh約3ヶ月前
    メンバー
    ハスカップ 20代前半 女性
    くみ様

    初めまして、ハスカップと申します。

    くみ様は気分の浮き沈みが激しくなってしまうとのことで、現在大変な思いをされていることとお見受けします。良い気分で過ごすコツは、「暇な時間を作らないこと」です。空き時間があると、人間は不安な思考に陥るようにできています。私もコロナ禍で大学に行けなかった時期にパニック発作が起き、そのことを大きく実感しました。以下、不安にならないために私がしていることをまとめました。必要に応じて目を通していただけると幸いです。

    ・日の光を浴びる
    日光浴をすることで幸せホルモンと呼ばれるセロトニン、ビタミンDが分泌されます。朝目が覚めたら、窓を開けて日の光を取り込むと良いでしょう。

    ・「常に忙しい仕事」をする
    忙しいと不安な時間が減ります。特に、飲食店などの立ち仕事がおすすめです。私は外回りを行うバイトをしていますが、常に目的地に着くことを考えているため不安になることはほとんどありません。仕事に慣れると感謝されることも増え、自己肯定感が上がるため一石二鳥です。内職も素晴らしいお仕事ではありますが、家で働く=不安な時間が増えるため私としてはおすすめできません。

    ・のめり込めるものを探す
    働くことに慣れてきたら、趣味を一つ作ると良いでしょう。美術でもスポーツでもゲームでもなんでも構いませんが、上達を感じられるものが望ましいです。私はギターを弾いていますが、弾くたびに上手くなっていることを実感できるので毎日が楽しいです。また、空き時間で本や漫画を読むのもおすすめです。私の場合、仕事→ギター→読書→オンラインゲームとこなしているとあっという間に1日が終わります。くみ様のペースで大丈夫なので、不安な時間をなくすために予定を詰め込んでみると良いかと思います。

    くみ様は毎日たくさんのことを考えておられるかと思います。しかし「病は気から」ともいいますので、まずはご自身の心の安定を優先してください。くみ様が日々楽しく過ごせることが、何より大切です。私の見解に関してご不明な点などございましたら、遠慮なくお尋ねください。よろしくお願いします。
keyboard_arrow_up