辛い家族関係の体験談インタビュー『Yuzu』

ココトモメンバーインタビュー企画!
今回は「Yuzu」さんに辛い家族関係の体験談を聞いてみました。

まずは自己紹介をお願いします

初めまして。

Yuzuと言います。

私は、保育園の頃から人見知りで静かに絵を描く子供でした。

ですが、

13歳以後は、起立性低血圧を患い、しばしば倒れます。

幼少期は、いじめも結構あったんですけど、その頃出来たと思われる子宮筋腫を今も患っています(子宮筋腫の種が3㎝サイズのが今は6個あり、たまに出血します。)。

ですけど、このようなマイナスの経験も自分にプラスにしたくて前向きに活動するようにしています。

家族関係が辛くなったきっかけを教えてください

いじめられてはいたんですけど、

両親が仕事で忙しくて、

思い切って、いじめを相談しても

私に事前に何の相談もなく、いきなり学校に電話したり、いじめた友達に電話したりと余計なことしかしなかったです。

もちろん、トラブルになり、相手の親が出てきて、

「うちの子は悪くない。謝れ。」と悪化しました。

それに加えて、

テストの点が悪いと、親にとても怒られたり。

一番辛かった時期にはどう気持ちを保っていましたか?

気持ちは崩壊していました。

ついでに、視線恐怖症を患っていたと思います。

なぜ、患っていたと書くというと病院に行かせてもらえなかったからです。

診断はされていないが、とにかく若い頃は視線が怖くて恐怖でした。

しかし、同じ経験をした方なら理解できると思いますが、

視線恐怖症は、うつ病と同じで薬で完全に治る訳ではありません。

自分で自分を変えていかないといけないのです。

ですから、視線がすごく怖かったし、髪の毛も長く顔に覆い被さるように隠していた時期が中学、高校前半とあって、辛くてしょうがなかったんですけど、薬では治らないと大人になってから知ったので、この選択もアリなのかなと後で感じました。

このことに関しては別に親を恨んでいません。

むしろ、「誰でも私と同じ目に合っても克服できているのに私は克服できなくて、メンタル低くて、ごめんなさい。」と申し訳なく思っていました。

あと、計画性が昔はなくて、母親にはお誕生日プレゼントとケーキを誕生日にサプライズしてあげたことが過去にあって、でも、父親の分の誕生日のプレゼントのお金の配分を忘れてしまったんですね。

このことについては、一晩中怒られたことがあり、今でも納得がいきません。

祖母の布団に入っていたのに、父親が入ってきて、翌朝、腰と膝に濃いアザが残るくらい蹴られたんですね。

(失念した私も悪かったんですけど、今、私が育てている私の子も幼少期の私と同じように全く計画性がなくて、私の誕生日には時間をかけて作ったラブレターをくれるんですけど、パパにはあげません。あげても適当に書いたものか。でも、パパは怒りません。)

このように、幼少期は、交友関係はイジメでめちゃくちゃだし、家に帰れば、成績が悪くて、怒られる、居場所がなかったですね。

ですが、高校に入ってから徐々に勉強が出来るようになり、一生モノの親友が複数作れました。

家族関係が改善した転機や出来事があれば教えてください

自分が頑張るようになって、評価が変わった。

「あんなにいじめられてどん底の経験をしたのに、良く克服したね。」

と良く褒められます💦(見ていたんだったら助けろよ、と思いますが、お客さんになってくれた同級生もいて)。

やはり、あーされたこーされたではなくて、自分が努力して人としての魅力がないと人は集まってこないと思います。

これが、正しい周りの評価かもしれませんが、

私は、どん底のいじめられた状態でも、私を支持してくれる人が1人でもいて欲しくて、辛いときも愛を感じたかったですね。

好かれたくて、幼少期も勉強して一時的にマシな成績を取って、親に褒められたくて見せたこともありましたが、親はもっともっと上を求めていて、普通の成績では褒められなかったです。上位10%~20%だったら、褒められるんじゃないですかね。

今、家族関係で辛い思いをしている人へ

周りの評価を考えず、今、自分は何をしたいかだけを考えて、幸せになって欲しいと思います。

親の希望で、大学を決められたことがあっても、社会に出て1人暮らしすれば、どう生きようが自分の自由なので、自分らしく生きてほしいと思います。

初めは親に内緒でも構いません。後出しでも、結果が出れば周りの評価も変わります。

(ただし、借金をしてまではしないでね)

自分が幸せになるためには、自分がどんな性格で何をしたいか紙に思いつくだけ書けば良いと思います。

私は、昔、他人の評価を強く気にしていたので(友達欲しい。親に褒められたい。)、自分がどんな性格で何をしたいか聞かれても答えることが出来ませんでした。

自分のことを良く知って、周りにどう思われようが貫いてほしい。

自分が生まれた理由は自分が幸せになるために決まっていると思います。

人の評価を気にせず、自分の生き方を全うして欲しいです。

――インタビューは以上です。
貴重なお話を聴かせていただき、ありがとうございました。

6
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up