心の絶対的な安心を獲得するために一番大切な方法とは?

みなさん、こんにちは。

タカミチです。

2日前から妻子とともに風邪引いてしまい、昨日今日と会社を休んでいます。。😅

昨日は熱があって何もする気が起きないほどダウンしていたので、久しぶりにNetflixで『キングダム』とか『SPY×FAMILY』とか観ていました笑。

こんなにゆっくり出来ることはかなり久しぶりなので、むしろ風邪引いてありがたいと思いました。

今日は楽になってきたので明日から元気に出社する予定ですが、みなさんもコロナ含めた風邪が流行っていますので気を付けてくださいね!

さて、今回は「神様を味方につけて生きやすくする方法」について書いてみたいと思います。

神様に毎日感謝をすると、心に安心感が芽生えて生きやすくなる

僕は今まで何度か「神様に感謝した方がいいですよ!」とお伝えしてきました。

その度に、神様についていろいろな角度から説明していますが、ほとんどの人は神様を抽象的なものだと捉えて、感謝を始めた人はほぼ居ないと思います。

そこで、もっと身近なことに例えて説明してみようと思います。

神様に日常的に感謝をする習慣を身に着けて、神様を味方につけ人生をもっと生きやすいものに変えていきましょう!

現代人の99%は神様に本当の意味で感謝をしていないと、神様ご自身が「日月神示」にて指摘しています。

この数字が意味する所は、それだけ「神様が実在することをリアルに、体感的に信じていない」からです。

キリスト教、イスラム教の敬虔な信者であっても、真の意味で神様の実在を信じている人は少ないと感じます。

本当の意味で神様を信じていれば、他宗教の排他的思想や、宗教戦争を起こし得ないからです。

神様は抽象的な存在ではありません。実在します。

毎日感謝をする習慣が身に着くと、そのうち体感的、直感的に分かるようになります。

ある意味では、超常現象だと感じるかも知れませんね。(本人の直感でしか分からない現象ですが)

この世の真理を自然と見通せる(思い出す)ようになりますので、生きやすくなります。

毎日ふとした時に「神様、いつも生かして頂いてありがとうございます!」「今日もご飯を食べられることに感謝いたします」と思うだけの簡単なことなのに、ほとんどの人がしていないのです。

なぜ神様に感謝が必要なのか。

それは、この世の万物の法則すべてが神様の現われだからです。

「一粒のお米には七人の神様がいる」と言いますが、お米を作るのには水の神様、土の神様、風の神様、虫の神様、雲の神様、太陽の神様、そして作る人(内在神)の7人の神様の力が必要です。

このうちどの神様が抜けてもお米は出来ません。

虫の付かない農薬栽培米は自然の摂理に反しているので害が多いのだと感じます。

これはほんの一例であり、人が生きて行く上で全てのことに神様のお蔭があります。

それなのに、ほとんどの人が”当たり前”だとして感謝していないのです。

  • ご飯が食べれて”当たり前”
  • 住む場所、着るものがあって”当たり前”
  • 家族、友人、恋人が居て”当たり前”
  • 学校、仕事に行けて”当たり前”
  • 生きる事ができて”当たり前”

これらは全て”当たり前”なことではありませんし、もっと細かく言えば、僕の今回の風邪が幸いコロナでは無かったことも”当たり前”ではありません笑

僕は、コロナ陽性で命を落としたり、深刻な後遺症が残る未来もあった可能性があるのです。

なので、「この程度で済んで、神様ありがとうございます」となるわけですね。

神様は、人に魂の成長のための試練を与える際に因果の法則を利用しますので、僕に昇華すべき因縁が強く残っていればコロナになっていた可能性もあるでしょう。

神様に感謝をしないということは、例えば「人の家に無断で上がり込んで、勝手に冷蔵庫の中の物を食べたり、TVを観たり、家財道具を壊しても悪びれず、家の中を散々好き勝手して感謝もせずに去って行く」ようなものです。

こんな人が家に上がり込んできたら、あなた(神様)はどう思いますか?

「こんな失礼極まりない人間は、警察に通報して牢屋にぶちこんでやる!」

と思いませんか?笑

でも、これは多くの現代人が地球(家)でやっていることをそのまま表しています。

地球に住めることも”当たり前”なことではありませんし、好き勝手やった結果として地球環境が崩壊してきたからこそ、NASAを始めとした宇宙開発局がこぞって「ほかの惑星に住むための計画」を真剣に開発しているわけですね。

好き放題やって地球(家)を壊して、壊れてきたら他の惑星(家)に行こう、と考えているのが現代人です。

でも、神様方は地球(国常立太神)を守るために、現在「地球の大洗濯」を始めています。

世界の動向を観ていて、何か気づきませんか?

長くなるので詳しくは触れませんが、神様方はこれから20年程度かけて人類の侵した地球の汚染を全て浄化していきますのでご安心ください笑

ただ、この浄化には”穢れた人間”も含まれますので気を付けてくださいね、、笑(怖ッ)

ココトモの皆さんは、心が素直で綺麗ですので大丈夫です。安心して地球が浄化される様子を楽しんで生きていきましょう😄

話を戻して、現代人による地球の在り方が「現代に神様をリアルに信じている人がほぼ居ない」ことを表しています。

なので、あなたがもし毎日神様にあらゆることを感謝出来るようになれば、この地球上で稀有な存在になれます笑

そして、この現実界で試されていることの一つは「神様の存在に気づき、日々感謝をすること」ですので、神様への感謝を当たり前に出来るようになれば神様から寵愛を受けるようになります。

神様はいつもあなたを観て試しています。

神様は地球上80億人の人間ひとりひとりを、いつも細かく観察しています。

”目に見えないお蔭”に対して感謝の出来る人間なのかを。

まったく難しいことではありません。

ただ毎日何かお蔭を感じた時に、神様に感謝の気持ちを思えばよいのですから😀

これを習慣化して行くと、いつの日かふと心が今よりも安定していることに気づくでしょう。

日常は変わらず大変でも、不思議と、安心した心地を感じると思います。

それは、あなたの中の神様、内在神様による恩寵なのです。

あなたの心に、いつも太陽が在る事を祈りつつ。。

お読みいただき、ありがとうございます😄

8
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

全3件
  1. schedule2023.01.29

    タカミチ

    PS.
    ふっこさん、ご心配いただきありがとうございました

    後は咳が治れば、、といったところですね。。

    最強寒波の影響で寒い日がまだまだ続きますので、風邪にはお気をつけくださいませ。

  2. schedule2023.01.29

    タカミチ

    ふっこさん、こんばんは!お久しぶりです

    タカミチです。

    お返事が遅くなりました

    ココトモの相談活動を長期休止させて頂いてますので、新しいブログを投稿した際にコメントいただいていた事に気づきました

    その後、元気にされていますでしょうか?

    僕も、ふっこさんの”お蔭さま”で、ココトモのブログ投稿を楽しくさせていただいてます

    ふっこさんは毎日、心の中の良心、、内在神様とご先祖様に1日の感謝を伝えているのですね。

    毎朝、一日を始められる感謝と、就寝時の一日お世話になった感謝を伝えることは、心を豊かにすると感じます。

    「自分のため」が多いうちは心がいつも不安なものです。

    その一方で、「他のため、人のため」が当たり前になり、自分が消えて行くと人生が楽になっていきます。

    自分が消えて行くと、他のため、人のために頑張ることが楽しくなりますので、結果的に目標を実現する力が生まれます。

    観えないものを大切にする、、もう、本当に思い込みの世界で良いと感じます笑

    この世は、良心に基づいて都合よく思いこんだモン勝ちです!

    その思い込みは、実は直感した事実であったりもするものです。

    >神様に「おかげさまです」「ありがとうございます」と伝えることができるほんの僅かな時間で、実は自分の心も大切にできるのかもしれません。

    このことが分かるふっこさんは、本当に真実を見抜く直観力が素晴らしい方だと感じます。

    言葉では説明が難しい感覚、、ふっこさんには毎回テレパシーのように伝えたいことが伝わるので嬉しいです笑

    ふっこさんから頂いたコメント、ご相談でのやり取りは、僕の中で大切な宝物になっています!

    いつもお読みいただき、ありがとうございます

  3. schedule2023.01.21

    ふっこ

    タカミチさん、こんばんは。
    その後、体調はいかがですか?風邪は油断できませんから、どうか早く元気になられますように…。

    「おかげさま」…あらためて、この言葉の大切さを感じます。私たちは神様の存在により、当たり前に安心してふつうに生きられる事ができていることを忘れてしまいがちです。おかげさまの上に在る当たり前を実感することができれば、自然と「ありがとうございます」という気持ちが湧いてきますね。

    子どものころ、母方の祖母の家に泊まりにいくと朝の5時から仏壇に向かって読経をし「神様仏様のおかげさまで本日も生きております」と手を合わせていた祖母の姿がありました。

    私もいつしか心の中の小さな神様に「今日も1日ありがとうございました、明日も1日お守りください」をするようになっていました。深く考えずに布団に入ったら唱える的なものですが、今も続いています。

    じゃないと困ったときの願かけを聞き届けてもらえないなと思っていた子ども時代の記憶があります。

    目に見えたものがすべてなのかも知れませんが、見えないものほど大事にすることも必要ですよね。人の気持ちや愛情とか。そしてわかっているようでわからない自分の心も。

    神様に「おかげさまです」「ありがとうございます」と伝えることができるほんの僅かな時間で、実は自分の心も大切にできるのかもしれません。…僅かな時間でも自分を見つめられたら、自分の心と向き合えるかもしれないですよね。そうしたら他の人だけではなく自分にも優しくできそうです。

    コロナ禍によって、心の中に不安や刺々しい気持ちが生まれてしまいますが、大変な中でもひとつずつ日常を積み重ねていけることに感謝できたら…言うは易しですが、そう在りたいと感じます。

    こんなふうに、思いをめぐらせることができるきっかけを与えてくださるタカミチさん、本当にありがとうございます。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up