受付終了
ただ話を聞いてほしい
20代前半 女性

卒論が終わりません。

閲覧数335 コメント数3 personちー edit2023.12.11

大学生の多くは感じていることで、悩みと言えないかもしれない、と思いながらも、言語化して少しでも自分自身の感情に整理ができれば、、ということで投稿してみます。

もしアドバイスあればいただけると励みになります😭

私は大学4年生で、卒論に追われています。提出は12/22です。あと約1週間くらいです。
私の大学は、大規模?ではないため、ゼミ生も私1人です。(私の所属している学部のゼミは、多くても4人です。)
だから、マンツーマンで指導してもらえる、というメリットもありながら、先生と1人孤独で関わらないといけないというデメリットも感じています。
一応愚痴は友達に話したり、卒論を励まし合って頑張ったりしていますが、進捗状況と能力?が違いすぎて、悲しくなります🙃

進捗状況は、他のゼミに比べて遅いです。また、私が広く浅く興味関心を持つ人間で、一つのことを極めようとか飽きちゃうなあ、という我儘な思考の人間です。

でも色々ありながら、あとは手元に揃えたデータから、調査の結果をまとめた章と、考察の章を書けば終了します。一応書いてはみたのですが、文献研究専門の先生だからか、文章の書き方への指摘がすごく多く、私は良いと思って出しても、重箱の隅をつつくような細かな指摘が入ったり、逆に膨大な量の抽象的な指摘が入ったりして、なかなか終わりません。

最近は、私が書いた文書を読んで「はぁ〜、、😅まあがんばれ!」としか言いません。良い反応では無いことはわかりますが、どこがどのように悪いのか分からず、聞いても「沢山あるからまずは何も分からない人に伝わってるか、自分で読んでもう一回見直してきて」や「これ見直した?見直したなら、足りないからね」とか、そのつもりはないかもですが、私にとっては言葉の攻撃が辛いです。

最近は日付超える近くまで大学に残ったり、バイト終わった後に大学行って5.6時間やって、、ってしてるのに、その結果がこれでいやになります。
先生の対応に対して文句を言いながら、自分の能力の無さに失望しています。

明日(今日?)もバイトの前に大学に行って卒論を直しますが、先生から来たグサグサくる文章を読みながら直します。つらいです。

頑張れってきつい言葉ですね。笑
ココトモ「交換日記」を書いて繋がろう♪

今日の出来事、気持ち、頑張ったことをみんなでシェアする『交換日記』ができました。 自分の日記を書いたり、他の人の日記にコメント&フォローしたりすることで交流を深めることができます♪

交換日記はこちら

コメント一覧

  • refresh約4ヶ月前
    メンバー
    ずしこ 20代前半 女性
    ちーさん、こんにちは。
    まずは一言。お気持ちすっっっっっごい分かります😭
    私も卒論を書いているのですが他の科目の課題も多く全然手も回らないし、教授からのコメントも「そうじゃないんだよんなああ」って言いたくなるようなものが多くて・・・
    でも、ちーさんはできる努力をしっかりしていて素晴らしいと思いました!
    私も見習ってもっと頑張ろうと思います!!

    ちなみに、私も原稿を教授に提出した時に厳し目の言葉を書かれて落ち込んだのですが、後日どう改善するかを相談しに言ったらそこまで強い意味はなかったようなので、教授が少し口下手な場合もあるんだと思います。
    もしちーさんが具体性がなくて困るアドバイスなどをいただいてしまったら、正直にどうしていいか分からないから詳しく教えてくれないか聞いてみるのもいいかもしれません。

    ともかく、なんとか卒業をもぎ取りましょうね😭💪💪
    仲間としてちーさんを心から応援しています!!
  • refresh約4ヶ月前
    退会したユーザー
    大変ですね。でも、そこまでできているんならすごいですよ。
    なかなか進みませんよね、卒論。
    誤字脱字はありませんか?「である。」とか引用文献の引用の仕方とか間違えてたら長くかかります。
    きっとできますよ。
  • refresh約4ヶ月前
    退会したユーザー
    お疲れ様です。大変ですね。もうやられてるかもしれませんが、私は卒論のベースは既にある先輩の卒論を参考に構成しました。言葉使いなどは、分野ごとに決まっていると思いますので、同じ分野の文献にある言葉を使うとか、いっそのこと、ご担当の先生の論文を読んでその方の構成や使っている言葉を転用してみてはどうでしょうか。
    先生にも好みがあるので、好みを真似ると、受けが良くなるかもしれませんよ。
    あまりお時間がないようですが、ラストスパート頑張ってください👍、応援しています。
    32年前の卒業生より。
keyboard_arrow_up