苦痛のない世界を夢見た私がたどり着いた先

私には小学生の時の記憶がほとんどない

それでも私が小学生の時夢見ていた世界があることは覚えている

苦痛のない世界である

小学生の時にこの世界を何度も空想した

でも、なぜだろう

私は何時までたっても苦痛のない世界にはたどり着けなかった

私がようやく苦痛のない世界が実現しないことに気づいたのは、たしか小学5,6年生辺りの時だった

人間だけを対象に言うと、

まず人には感情というものがある時点で無理だった

もし私が人の感情を操れたとしても無理だった

人がどんなタイミングで傷つくのかまで私には正確に想定できない

あらゆる危険を一生懸命無くし続けていく内に疲れ果てた

ものすごく大変だった

そもそも感情を操り出した時点でその世界の人間は人ではなく人形になっていた

今思うと、人は進化によって出現した生物なのだから永年の生存競争の続きでそもそも全員がなんの苦痛もなく生きることなど無理なのだろう

苦痛のない世界が実現しないことに気づいた私は空想をやめた

そして、これがこの時からの私の生涯の目標である

より多くの人に手を差し伸べ続ける

この目標なら私個人で達成でき、さらに私の理想の世界である苦痛のない世界にも則してはいる

現実不可能なら可能な範囲でやればいい

無くすことはできなくても減らすことならきっとできる

もし、このブログを読んでくれた人が同じように「より多くの人に手を差し伸べ続け」ながら生きてくれたなら、私は物凄く嬉しい

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017.02.19 17:13

    苦しみはなぜ存在するのか
    古代から人間はその答えを探ってきました
    ある人は全てを捨てれば苦しみから開放されるといい
    ある人はそれは神が与えた試練だと解釈したわけで
    その答えは未だに見つかってないのです
    人間の弱さの根本に感情があるのは確かに間違いないと思います
    けれどその感情が人に優しくするために最も必要だったりして
    人間の体って複雑にできてるなって日々悩んでますww

ココトモメンバー募集中!