ネガティヴな時ほど、比べたがる

嫉妬、恨み、自己否定…

ネガティヴなワードですね。
これらの言葉には、共通点があります。

それは、比較すること。

心がネガティヴな時に感じたのですが、
悲観的な時って、何かと比べているんですよね。

悪口を言ったり、妬んだり、人の不幸を喜んだり…
人と自分を比べて、自分を安心させる。

「あの人は、きっと自分を嫌っている」
…これも、よく考えると比べているんですよね。
で、自分で勝手に思い込む。

不安な時に人の目線が気になるのもそうです。

比較をせず、自分の価値観や判断を信じる。
”自信”がある時は、ポジティブですからね。

ネガティヴな時ほど、意識を自分に向けてみましょう。

0
あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017.11.05 19:53

    自分を見失う
    そうなってしまうと
    基準がなくなってしまって
    周りとの比較の中で自分を見出そうとする
    そうするとどうしても
    劣等感がむき出しになってしまう
    そういうときこそ自分って何なのか
    改めて知る機会なのかもしれませんね