人間関係に疲れてる人のヒントになったらいいな。人間対人間のお付き合いのススメ

こんにちは、オルガンです(^^*)

人間関係というのは、何かにつけてカテゴライズされがちだと思います

「道行く他人様よりは近い存在」をカテゴリー分けするだけでも、顔見知り・知り合い・女友達・男友達・親友・恋人・愛人・浮気相手・同僚・仲間・先輩・後輩・上司・部下・家族・親戚・・・etcと、こんなにも多種多様

なんとまぁ小難しいのでしょう

更に、人それぞれカテゴリーに対する「価値観」が異なるというではありませんか

なんとまぁ小難しいのでしょう
そんなのまっぴらごめんです

もっとシンプルに、人間っていうカテゴリーでいいじゃないか!

と、いうことで、オルガンが大切にしているものブログ最終回『人間対人間のお付き合い』スタートです!

上も下も良いも悪いも、決めているのは全部自分

根も葉もない噂話。
どこの誰が評価をしたのかわからない食べログ。
容赦なく耳に入ってくる「これが普通」みたいな風潮。

求めずとも溢れて溢れて溢れかえっている情報の数々を、あなたはきちんと取捨選択できているでしょうか

自分に都合の良い情報だけを過剰接種していませんか?
自分に都合の悪い情報を見てみぬふりしていませんか?
臭い物には蓋をみたいな向き合い方をしていませんか?
過去の出来事の統計から「よくわからないけどそうなりそう」みたいな予測を立ててしまっていませんか?

良くも悪くも、ありとあらゆることの「受け取り方」というのは、ぜーーーーーんぶ、自分自身の器量や価値観、経験値などのフィルターを通り抜けて入ってきてしまうのですね

では、そのフィルターが汚れまくっていたら。
そのフィルターがぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーっと意固地になってしまっていたら。
そのフィルターがぐらんぐらんだったら。

真っ白でまっさらでまん丸なボールを、あなたはそのまま受け取れるでしょうか

人間対人間でお付きあいをするということ

例えばわたしにとって、母親は、人間という「個人」です。

母親・大人・女性などのカテゴリーへの価値観を当てはめて考えていないので、「お母さんなのに!」とか、「お母さんのくせに!」とか、逆に「娘なのに・・・」みたいなのも、さらっさらありません

母の日でなくても、感謝をしたい時に感謝をします。毎日が母の日です。

 
わたしにとって恋人は、人間という「個人」です。

恋人・年上・男性などのカテゴリーへの価値観を当てはめて考えていないので、「恋人なのに!」とか、「男なんだから!」とか、さらっさらありません

 
人間関係のもつれというのは、この「価値観の不一致」で起こることが少なくないと思います

 
異性だって、同性だって、親御さんだって、娘さんだって、目の前を歩いているその人達だって、

異性であるとか同性であるとか親であるとか娘であるとか他人であるとか近いとか近くないとかの前に、人間なんです。自分と同じ人間です

どうして他人様には気を使えるのに、近い存在であればあるほどに気を使わなくていいように感じるのでしょう?
何をしてもいい人なんて、存在しません。言わなくても伝わるわけがありません。家族だって同様です。親しい仲にも礼儀ありというではないですか

もっともっと、人間対人間のお付き合いをしましょう。

好き嫌いの前に、合う合わないの前に、認められる認められない(言語道断です)の前に、雄だの雌だのの前に、もっと、人間対人間のお付き合いをしましょう。その観点をもちましょう

歩み寄って、相手はどんなことを考えているのか想像して、自分だけで物事を決めつけてしまわないで、大事な時ほどゼロベースで、人間対人間のお付き合いをしましょう

人間対人間のお付き合いをしてみても「うぬぬ」と感じる相手ももちろんいますでしょう。当たり前です。落ち込む必要はありません。そういう時はね、その方とのご縁がなかったのです。そういうのは、宇宙規模の法則なのでいたしかたないのです。大丈夫です

余計な情報は一切排除して、もんのすごく客観的に「個」として人様をみる
ちょーっと難しいかもしれませんが、おすすめです

 

それでは皆さま、こんな私ですが、また明日もよろしくお願いします(^^*)
活動BGM:Schroeder-Headz 『NEWDAYS』

リクエストをくださった匿名さんに、感謝の気持ちを愛をこめて♪

 
※ P.S

この「オルガンの毎日ブログ」に関してはオルガン単体の勝手な活動であり、ライターチーム並びに本部や運営側とは一切関係ない域で継続してゆきたいと思います。ごめんなさい、何か迷惑をかけるようでしたらその都度ご指摘くださると有り難いです。「副代表らしくない!」「ココトモらしくない!」「オルガンさんらしくない!」的なご意見はぼちぼちお受けいたしかねますので、予めご了承くださいますよう、何卒応援よろしくお願い申し上げます ☆

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. organ 2015/10/26 10:22

    オハナさん、ありがとう♪
    オハナさんのご家族のところにもしゃしゃりでてオルガンが説教してあげよう
    なんだその古い考え方はと。なんだその表面的な考え方はと。どこのマニュアルに書いてあるか説明してもらおうじゃないか、絶対どこ探しても書いてないから大丈夫。論破する自信100あるわ。←
    何度でも大丈夫っていってあげる、オハナさん。オハナさんが否定されてるわけじゃないよ、相手の「よくわからん自己中な価値観」と勝手に比較されて言葉にされてるだけよ、大丈夫!

  2. organ 2015/10/26 10:18

    あさこさん、ありがとうございます♪
    あさこさんのコメント、胸に響きました。
    「〜なんだから」というのは今すぐやめていただきたいですね、オルガンがお母さんにもの申せるならピシャリと叱りたいきもちでいっぱいです。むん。
    あさこさんの意識が、姿勢が、こりかたまってしまっている人達を変えるといいなと思います。結果はすぐにはついてこないかもしれませんが、応援しております。よかったらまたお話きかせてください(^^)

  3. オハナ 2015/10/25 12:37

    オルガンさん、やっぱり何か…器大きいだなぁ。
    これは意識しているけど、やっぱり難しいんですよね〜。男だから、娘だから、姉だから、世の中こんなのいっぱいあるから、『先に結婚するのは姉で〜』『先に妊娠するのは姉で〜』みたいな事は起こりますよね。それが辛くて辛くて…。
    自分もこうありたいし、周りもこう思ってくれたらいいのにー…。
    せめて自分は…意識したいなぁと思います。

  4. あさこ 2015/10/25 08:29

    オルガンさん

    人間対人間の付き合いをしてみましょうと言う言葉に物凄く納得しました。
    家族のことで、悩み事が多い毎日なのですが、親だからとか子どもなんだからとかっていう、「~なんだから」っいうのが物凄く嫌いです。よく私は「あんたは父親に似て落ち着きない。女なんだからおしとやかになりなさい」って言われます。落ち着きないかもしれません。いつもどこかしら焦っていて自分でも落ち着きたいなーって思っています。でも、私は私なのに父親と同類にされ、関係のない父親も非難の的にされて、母親に対して、腹が立ちます。
    落ち着きないです。いつも意識してます。でも、母親の思うような落ち着き方がわかりません。自分は落ち着いてても、どっかぎこちなく見えるみたいです。
    家族がいるだけ幸せです。ただ、悩みや小さい問題もよく生じます。家に帰るのが本当に嫌なときもあります。贅沢って言われるけど、しんどいです。
    私から、人間対人間のお付き合いを意識して、変わっていきます。そしたら心も余裕が出てくるのかな。
    長文を読んでただいて、ありがとうございました。

ココトモメンバー募集中!