解決済み
20代前半 女性

幸せになってもよいのか分からないけれど幸せになりたい

341 3 personヌー子 edit2022.08.11

連日の投稿失礼します。
人によってはこの文章を不愉快に感じるかもしれません。虐待・性被害・性生活などのセンシティブな内容を含みます。
また私は自身の過去についてインターネット上で繰り返し書き込みをしているので他サイトで似た内容のものを見かけることもありえます。
普段の生活で温かい言葉をくれる人はあまり多くないので、画面の向こうのどなたかの言葉の一つ一つがとても有難いのです。

私の両親は私が6歳のときに離婚し私は母について母方祖父母宅で暮らすようになりました。祖父は在朝の人文系研究者で、祖母は専業主婦、母は主に無職で時折水商売などの仕事を転々としながら私とともに居候のような生活をしていました。私が中学生の頃までは身体が不自由な曾祖母(祖父の母)もいました。あとは猫も。
私がごく幼いころ、まだ一緒に暮らしはじめる前の祖父は冗談好きでお茶目でおまけにハンサムだったので私は彼のことが大好きでした。祖母は家事と曾祖母の介護に疲弊していましたが、フェルトのおもちゃや手作りのお菓子をたくさんこさえてくれました。母のことだけは物心ついたころから怖くてたまりませんでした。それでもまずまず幸せだったと思います。
しかし一緒に暮らしはじめてしばらくすると、生活に異変を感じるようになりました。
私は早くから小児自慰を覚えてしまっており祖父母宅でもしていたのですが、祖母に見つかると体罰を受けるようになりました。おしりや顔を叩かれたり、長時間正座させられたり、頭を掴まれて水を張ったお風呂に顔を押し付けられたりといった具合です。
理由を説明されることはなく、どうして怒られたのかがわからない私は家ではなく小学校の教室で自慰をするようになってしまいました。
一方で祖父からは身体的な接触が増え、抱きすくめられて唇にキスされそうになったり身体を舐めさせられたりするようになりました。よく分からないながら怖いと感じていたのですが祖父は私の機嫌をとるために、祖母には禁止されていた添加物がたくさん入った市販のお菓子をくれるのでなんとなく言うことを聞いていました。
母は精神的に非常に不安定でおそらく定期的な治療を必要とするレベルだったのですが、祖父母が世間体を気にして適切な対応をしなかったため私が自宅で様子を見ていました。たとえば私が見ている目の前でもリストカットをするのでかなり堪えましたが、事情を知っている周りの大人も手助けしてくれるようなことはありませんでした。また、母はその頃私の身体をしつこくくすぐってわざと失禁させるゲームを楽しんでいました。そのゲームにはときどき見物人として祖母が加わっていたのを覚えています。これが小学生時代の話です。

その後祖父の定年退職をきっかけに隣県へ転居し、なんとか中学校に上がれはしたもののいじめられたりクラスに馴染めなかったりでいつしか不登校になってしまいました。学校へ通えない間は地域の通級指導教室に通い、学習面を補うため塾も利用していました。
家庭では私が成長していくにつれ祖父の性的虐待も深刻になり、母からの接触もどんどん性的な色合いを帯びてきました。祖父は虐待を隠さなくなり、家族が揃ったリビングで私の陰毛を抜くことさえありました。祖母や母はたしなめますがそれも笑いながらで、本気で止めてはくれません。私はどんどん疲弊していきました。
そんな中でいよいよ来年は受験という15歳の秋を迎えました。通っていた個人塾の先生は話がおもしろく親切に教えてくれていました。ところが10月中旬のある日、二人きりになった教室で突然先生から性被害を受けました。
母に相談すると女性の弁護士さんをつけてくれ、一緒に警察に被害届を出しました。早くこの問題から解放されたかったので示談にしましたが、わずかばかりの示談金のほとんどを母が飲み代にしてしまったのを見て虚しい気持ちになりました。毎年被害に遭った日付になると具合が悪くなり何もできません。

その後高校へはなんとか進学できたものの、こちらも馴染めず中退。その頃Twitterにのめり込んでネット右翼とセクシズムに傾倒していた私は、炎上を繰り返し周囲からの信頼を失いました。これは人生で最大の汚点です。一方で面識のない大勢の大人から、批判の範疇を逸脱した脅迫や誹謗中傷まがいの反応があったことは心の傷になってもいます。
18歳頃高卒認定を取得して通信制大学に籍を置きましたが、19歳で実家を離れたとき生活保護を受給するために休学せざるをえなくなりました。現在は高校時代に同じ同好会だった男性と結婚しています。私も彼もそれなりに重い精神疾患があるため、生活は生保と年金に頼っている状態です。
最近は母から時折送られてくるメッセージに悩まされています。内容はたわいもないものばかりなのですが、母とかかわること自体ストレスになってしまうのです。しかし私と連絡が取れないと母は私の周りの人に何度も電話をするので、ショートメールだけでも受け取れるようにしています。

ときどき、生きることをやめてしまいたいと思うことがあります。「私のような悪人が生きていたところで誰も幸せにはならないじゃないか」、そうも考えるのですが、いざナイフを自らの身体に向けると恐ろしくてそれ以上のことはできません。贅沢かもしれませんが幸せになりたいです。
1
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

  • 10代前半 男性
    refresh約2ヶ月前
    こんばんわ、リオと申します。
    まず、ヌー子さんは、自分の事を悪人とおっしゃっていましたが、もし罪を償いたいと思っていて、ナイフを手にとっているとしたら、それは逃げなのではないでしょうか?
    罪を償うということは、自分の罪を十字架として背負って生きなければならない事だと思います。
    そして何より、ヌー子さんが生きてくれるだけで幸せだと感じてくれる人が近くにいるのではないのでしょうか?
    今隣にいてくれる男性と、一緒にいることは幸せではないのでしょうか?
    自分の事を受け入れてくれる人が隣にいてくれるだけで幸せなのではないでしょうか?
    夜分にすみません。
    • 20代前半 女性
      refresh約2ヶ月前
      返信が遅くなり、申し訳ありません。どうお答えすべきか悩んでおりました。
      死を意識してしまうときがあるのは、過去の言動を償いたいという気持ちがメインではなく主に自分の存在に耐えられないためです。自分の心も身体もけがらわしく感じられて、死という形であってもそれを跡形もなく消し去りたいという衝動が幼い頃からあるのです。しかし結局いつもブレーキがかかります。逃げではあると思います。
      また、夫はたしかに良い人です。穏やかで心優しい悲しませたくない大切な親友です。しかし私は自分のセクシュアリティに嘘をついて結婚したので、この生活には正直苦痛を感じています。

      そもそもなぜ過ちをおかしたのかを考えてみると、「どうして私は子どもなのに親の、大人の面倒を見ているのだろう」「どうして一番愛してくれるはずの人が性的に侵襲してくるのだろう」「だれが私をケアしてくれるのだろう」というそれ自体は自然な感情が八つ当たりに変異したためでした。十割私の身勝手です。正当化される余地はありませんし、そうしたいとも思いません。それで許されるのならば大抵の暴力犯罪が許されてしまいます。

      今はただただ、生存を続けなければいけない義務感で生きています。
      母はよく「あなたが生まれたせいで私は不幸になってしまった」「生まれてきたことを償え」と言っていました。実際母を一番不幸にしたのは私でしょうし、今でも周囲を不幸にしている自覚はあります。たとえば、夫のことも一時期はよく殴っていました。「男は人間じゃない」「悪魔」「一緒にいると堕落する」と祖母が主張してはばからず、私も知らず知らずのうちに内面化していたのか男性と二人きりで過ごすこと自体に強い罪悪感があったのです。でも夫にしてみればたまったものではないでしょうし、夫が泣いている姿を見た私はそのときはじめて男性も人間だと知りました。

      正直なところ私は人間関係に慰めを求めてもいい人間ではないと思います。それでも温かい言葉がほしいだとか本当は死にたくないだとか考えてしまうのは、生命力でしょうかそれとも浅ましさでしょうか。わかりません。
      なんだか上手くまとまりませんでしたが、お返事は以上です。
    • 10代前半 男性
      refresh約2ヶ月前
      そうだったのですね。
      でも、お返事の中で、いつもブレーキがかかると書かれていますが、それは、逃げではないと思います。
      それに、生活に苦痛を感じているならば、本当の事を話したほうが苦痛はなくなるのではないでしょうか。たしかに、本当の事を言う事は、とても勇気がいることだと思います。でも、その勇気を振り絞れば見えてくる光もあると思います。
      考え方や、感じ方は人それぞれあっていいと思います。
      でも、自分に対しての思い込みは、案外周りのひとからすればそうではないかもしれませんよ。
      頑張ってください。
keyboard_arrow_up