受付終了
ただ話を聞いてほしい
30代 女性

夫婦とは、家族とは、母親らしくとか‥もう何も分からなく

閲覧数444 コメント数3 personあぶ edit2023.12.02

◆私 パート、収入不安定 将来不安
◆私 更なる病気発覚 夫 無関心
◆セックスレス 異性として扱われない
◆重要な事は話さない 近々では転職の事
◆私 寝込む 夫 自分の方が辛いとマウント

頭の中がぐちゃぐちゃで何書いてるか自分でも分かりません‥。すみません。


義実家に嫁いで4、5年になります。

仕事が遅くまでかかるので、普段は義母が夜ご飯と子供のお迎えをして下さいます。

平日朝は、子供の準備、送迎。
帰宅後は、食器の片付け、子供のお風呂、保育園の準備、部屋の掃除。

旦那が早い時は子供のお世話はしてくれます。

休日は、家の掃除、消耗品の買い物、夕食作り。

旦那が帰宅した時、部屋が散らかっていない、家事が残っていない状態にしています。


でも、私がどれだけのタスクをこなしたとしても、

義両親は旦那はとても良くやってる!こんな人世の中居ない!と、旦那を持ち上げます。
確かに父親としては本当にいい人だと思う。

でも、夫としての彼は私を黒く塗りつぶす。


嫁の私がどれだけしようと関係ない。子供を産んでついて来た家政婦としか思われていない。


私が体調を崩すと
旦那も、義両親も無関心。
トイレにも行けず寝たきりでも、声も掛けてもらえず。なんて当たり前、


ー消えたい

ー私は何なんだろう、


子供は可愛い。私の生きる希望。

だった筈なのに

何も要らない。消えたい。楽になりたい。



文章めちゃくちゃで本当に申し訳御座いません。
感情がコントロール出来ず、自分でも何を書いてるのか‥

最後までお付き合いくださった方。
ありがとうございました。
ココトモ「交換日記」を書いて繋がろう♪

今日の出来事、気持ち、頑張ったことをみんなでシェアする『交換日記』ができました。 自分の日記を書いたり、他の人の日記にコメント&フォローしたりすることで交流を深めることができます♪

交換日記はこちら

コメント一覧

  • refresh約5ヶ月前
    退会したユーザー
    お疲れ様です。大変ですね。
    私は妻と子供3人であぶさんが苦しんでいる時期を過ごしました。私も仕事にかまけて子供が小さい時に妻のストレスに気づけず、妻のメンタルを傷つけてしまいました。
    その後、妻は夜眠れなくなり、朝起きれなくなり、私も食事の準備や掃除洗濯などなど手分けするようにしましたが、妻が精神的に落ち着くにはかなりかかりました。
    旦那さんやご家族方に家事を分担出来るのが良いのでしょうが、難しい時は、少しでも家事の手抜きをして睡眠を確保する事をお勧めします。流石に仕事は辞めれませんよね、、、。
    まずは思いを吐き出せるといいですね。
    • refresh約4ヶ月前
      あぶ 30代 女性
      沢山の投稿から見つけて下さりありがとうございます。

      やはり義実家ですので、家事の手抜きをしたり
      ましてや息抜きでお迎えの時間まで外出していたら「どこに行ってたの?何してたの?」と聞かれるのもかなりの苦痛です。

      私が寝込むと昨日も今日も皆んなで外出していました。

      私は、休日子供を見ながら家事をして夕方にはクタクタになりながら食事を用意して‥
      母親、妻なら当たり前なのでしょうね。
      外出なんて誘われた事もありません。

      娘だけならまだしも、旦那も服を買ってもらってました。自分の服や靴を買うなら娘にとお金を使い、お恥ずかしい話、高校時代に来ていた服を未だに来ています。

      旦那が寝込んでいる時は、スポーツドリンク、栄養ドリンク、ゼリーを完備し起きた時に部屋が散らかってると気分が悪いと思い掃除をする。
      沢山着替えるので洗濯をする。
      今思えばただの自己満お節介だったんでしょう。

      なのに【旦那は頑張ってる!良くしてると思うよ!】と言われたら、そうですね。ありがたいです。と悔しさを抑えながら接します。

      褒めて欲しいとかでは無いんです。
      私は何なのか分からないんです。
      籍が入った家政婦なんだと思って食い縛る日々です。
    • refresh約4ヶ月前
      退会したユーザー
      お疲れ様です。本当にそういう気持ちになりますよね。次から次にやることがあって心が休まらないし。我が家もあぶさんほど過酷な状況でなかったと思いますが、反抗期に子供が朝母親と大喧嘩していた頃は、かなり気持ちが荒みました。妻がメンタルを痛めたあとは、自分で何やってるんだかわからなくなる時期もありました。
      いまは、子供達も手が離れてかなり楽になりましたが、15年間くらいはバタバタでしたね。
      私はしんどい時は心を無にして目の前の作業に集中して何も考えない作戦で乗り切りました。また、家事の時はTBSラジオに気を紛らわせてもらいました。
      子供達はお母さんをちゃんと見ているので、今頑張っておられることが将来あぶさんに返ってくると思いますよ。子宝というくらいなので。今は全く想像出来ないと思いますが。
      ちなみに、私も自分の物より子供を優先してしまうので、自分用には30年前に購入した服を着てますよ。お金のかかる趣味は、向いてなかったといって止めて、子供の学費をせっせと貯めましたよ。
      親の心子知らずですよね。
keyboard_arrow_up