受付終了
一緒に対処を考えてほしい 助言は話をしっかり聞いてから
10代後半 女性

何もしない自分について

閲覧数311 コメント数6 personねこぜ edit2024.02.18

通信制高校に通っている者です
月に1、2回授業を受けるコースを選択しています
授業やレポート課題などがない日はいつも家でゴロゴロしています、動くことと言えば家の中の移動・掃除・自分の食事の準備くらいです
食事といってもソースをかけるだけのパスタやカップ麺のような簡単なものです
母からは「ずっと家にいるなら家事や自炊くらいしなさい」、「家事しないならバイトくらいしたら?」と言われています
昼兄弟や母がいない間、家にいるのは私だけなので自分のできる家事(といっても掃除機をかけたり洗濯物を畳むくらいですが )をするのは当然だと思っているので面倒くさがりなりにやっています
ですが最近はサボりがちになったり、ゴロゴロしている姿を見せてしまったり、暇ならバイトしたら?と言われたときに「学校に行くくらいで疲弊したり人と関わるのが苦手なので無理だ」という旨のことを言ったり、先月2、3着程服を買ったのに、お小遣いで服を大量に買おうとしたりしてしまいました
服の合計金額は安いサイトで選んだものの、割引されても約2万になってしまいました
そのことが兄弟に見つかり、兄弟が母に言うと
「いいよな、お金自由に使えて。(母)のは全部生活費に消えるのに」と言われてしまいました
やはり家にずっといて勉強も家事もろくにせず、親にもらったお小遣いで服を頻繁に買うのは良くないと思い、自分の得意な絵でお金を稼ごうと思っています
ですが、一度うつ病になってから絵が描けなくなり、今も絵を描くことが少しつらい状態です
人様に販売できるような絵を描くために技術を少しずつ上げようにも、上手い絵を見たり絵のコツを調べる度に自分の絵の技術の低さに失望してしまい、落書きでさえ描くのに疲れてしまいます
昔はあんなに時間を忘れて描くくらい絵が大好きだったのに
今の自分が情けないです
自分でもニートと言われても仕方ないと思っています
ちゃんと勉強も家事もしなければいけないのはわかっているのですが、面倒くさいことは後回しにしてしまうので、何もできないでいます
どうすればいいのでしょうか
読みにくい長文を読ませてしまい、すみません
最後まで読んでくださり、ありがとうございました
ココトモInstagramはじめました♪

このたび、ココトモの取り組みや想いを発信するInstagramをはじめました。ココトモメンバーたちが試行錯誤しながら運用してくれているので、ぜひ応援&フォローいただけると嬉しいです(*´`)

Instagramはこちら

コメント一覧

  • refresh約3ヶ月前
    haachi 20代前半 男性
    こんばんはー
    私も何年か前に高校を躁鬱で転校して、精神科通いながら通信通っていました。

    当時バイトは週1、2でしていて、学校も週2か3で行っていました。絵もそれなりに書いていて、今も描いてます。

    周りから色々言われるのは嫌ですね。
    文面を見るに、一応母親からは理解があるのでしょうか。

    私は長男ではありましたが、そんな調子で転校して、当時は本当にあー終わった。みたいな感じでした。将来大丈夫なのかなって。

    私の家は家族の理解があって、弟からも休めてずるいと言われていましたが、私からしたらまともに行けてるのずるいって感じでしたし、直接いっていました笑
    そしてすごくダラダラな生活にもなっていましたね笑

    私は通信でやっていてよかったなぁと思うことが1つあって、それは自分を見つめることと

    好き嫌い得意不得意、実際どう思っているのかとか、挙げていました。
    やりたいこととか、生きがいを探しいました。
    生きがいが将来を決めると思ったからです。

    また、めんどくさいことを後回しにしてしまう。どうしたらいい。との事ですが、鬱なのに私はよくやっているなと思いました。

    正直鬱の時はゆっくりしていたいですし。

    解決方法としてひとつ言えることはちゃんと精神科に通うことです。
    鬱の時ってなんのエネルギーもない状態な感じだと思います。そんな時になにかしたいとは私は到底思えません。

    まずは少しずつでいいので、鬱をどうにかするべきかなぁと思いました。

    元気が出てくると家事などは自然とできるものです。外に出たくなったり、時にめんどくさいと思ったりしますが、逆に楽しいって思えたりします。

    無理せず、自分に優しく大切に。そしてゆっくり体を休めてくださいね。
    • refresh約3ヶ月前
      ねこぜ 10代後半 女性
      ありがとうございます。
      同じような境遇の方からこんな言葉を頂けて、とても嬉しく思います。
      少し前向きになれました。
  • refresh約3ヶ月前
    visibility_off

    ※このコメントは閲覧できません

keyboard_arrow_up