受付終了
一緒にお話したい
10代後半 女性

ペットをどうしても諦めなければならない時

閲覧数226 コメント数2 personあめ edit2024.02.24

中学生のころからずっと大切に育ててきたうさぎ。親に頼みこんでお迎えしてから数年、毎日掃除や毛繕い、餌やり全てやってきました。本当に可愛くて心の支えです。
でも今私には勉強したいことがあって、全寮制の学校に進学しようか悩んでいます。正直ペットと離れたくなくて、未経験で就職してしまおうかとすら考えました。でも母からは馬鹿だと言われ、やはり実家にペットを置いて行くしかないという状況です。
進学はまだまだ先ですが、お別れする時を考えるとすでに憂鬱で撫でながら泣いてしまいます。みなさんはこのような経験ありますか?
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができます。ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

  • refresh約3ヶ月前
    かえで 10代後半 女性
    あめさん、こんにちは
    文章からすごくうさちゃんのことを思っているのが伝わります

    私の場合ですが、長期留学を決断した際にやはり大好きな犬とのお別れは悲しかったですし、心配にもなりました。そこで家族と写真や動画を定期的に送ってもらうように約束をしました。

    全寮制の学校でやりたいことがあるというのは素晴らしいことだと思います。
    うさちゃんを思いつつもやりたいことを追求できるように応援しています!
  • refresh約3ヶ月前
    すーさん 30代 男性
    あなたはとても優しくて、責任感のある方ですね。
    うさちゃんとのお別れはとても寂しいと思うし、
    全部自分でお世話をやってきたからこそ、うさちゃんをご家族に任せる不安もあるんだろうなと思います。

    私もうさぎと小型犬を飼っていますが、あなたの気持ちを少し理解出来る気がします。

    でもこれから社会人になっていく中で、難しい判断が必要なことってたくさん起こると思います。
    提案ですが、毎日やっていたお世話を、当番制にして少しずつご家族にお願いしてみてはいかがでしょうか。気持ちが変わっていずれは安心して任せられるかもしれません。

    進学=正解とは限りませんが、一般的にはやはり高卒は避けた方が良いとは思います。
    優しくて責任感のあるあなたが、良い選択をされるよう応援しています。
keyboard_arrow_up