「承認欲求が強い」という悩み

←← 前の記事 「ポジティブ・シンキング」とは何であるか

近況報告

こんばんは。わしゅーです。寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

わしゅーは、相談を始めて1ヶ月ほどが経ちました。チャット相談の件数も80件を超えましたが、ご相談の途中でお返事が途切れてしまったり、アドバイスばかりになって、相談者様の気持ちに寄り添えていなかったりと、反省することしきりの毎日です。

承認欲求

さて、ココトモの掲示板相談で、「承認欲求」という言葉に出会うことが多いと感じました。

承認欲求という言葉は、Google Trendsによると、2013年~2014年ごろからネットの検索数が急増しています。

Google Trends – 承認欲求

総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、10代~20代のTwitterの利用率は、2014年にほぼ50%に達していることがわかります。Facebookは、20代の利用率が、2013年に50%を超えています。

総務省 情報通信政策研究所 – 令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

TwitterやFacebookなどのSNSが普及し、「いいね」が欲しい、という心理が一般化して、一挙に有名になった言葉といえると思います。いまや、ひろく10代~20代に受けいれられ、承認欲求を満たしたい、という欲望も、一般的なものになっているといえるのではないでしょうか。

マズローの欲求5段階説

この「承認欲求」という言葉ですが、アブラハム=ハロルド=マズロー(1908~1970)という、アメリカの心理学者が提唱した、「欲求段階説」という理論から出てきた言葉のように思います。

マズローは著書「人間性の心理学」の中で、人間の欲求には5つの段階があること、それは、段階を追って、自己実現に向っていく、という考え方を示しました。この理論は、心理学だけでなく、経営の分野でも、たとえばマーケティング理論などにも応用され、広く知られるようになっています。

“人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ”- A.H. マズロー (著), 小口 忠彦 (翻訳), 産能大出版部; 改訂新版 (1987/3/10)

「承認欲求」は、この5段階のうちの、下から4番目に位置付けられています。ここからは、わしゅーの解釈を交えて、人間の欲求段階について書いてみたいと思います。

生理的欲求~安全の欲求

1段目 – 生理的欲求

「生理的欲求」は、「食べたい」「寝たい」というような、生物としての基本的な欲求です。生存欲求とも言われます。これは分かりやすいですね。経済的な理由から、この水準の欲求を満足できていない人は、早急に国家の保護を受けなければなりません。

一方、経済的な理由はないのに、この欲求を満足できないことも、危険な状態です。たとえば精神的な理由で「食べられない」「眠れない」というのは、他のあらゆる欲求を脇において、生理的なレベルで危ないということです。承認欲求どうこうを言う前に、この欲求を満たせるレベルまで、健康を回復しなくてはなりません。

あるいは、このレベルの欲求を満足するだけで、その次のレベルの欲求に進まないのも問題と言えます。たとえば、大事な話の最中に寝てしまうとか、所かまわず何かを食べている、というのも、それはそれで、人間の成長のレベルとして危ない、ということになります。

2段目 – 安全の欲求

「安全の欲求」は、身体に危害を与えられず、経済的にも安定して暮らしたい、という欲求です。日本国憲法にある「健康で文化的な最低限度の生活」をしたい欲求、と言ってよいと思います。

これが満足できないということは、日常的にDVを受けていたり、いじめにあっていたりする、あるいは、医療を受けたくても、お金がない、その他の理由で、医者に見てもらうことができない、といった生活をしていることになります。

たとえば、「自殺願望があるほどにメンタルが荒んでいるけれど、親に相談できなくて、そのために精神科や心療内科を受診できない」という状態は、生存の欲求が満たせていない、ということになります。やはりこれも、危険な状態であり、承認欲求などということを語っている場合ではない、ということになります。

所属と愛の欲求~承認欲求~自己実現欲求

3段目 – 所属と愛の欲求

「所属と愛の欲求」は、「社会的欲求」とも言われます。これは、会社、学校、仲間といった、何らかの「社会」つまり人間集団に所属していたい、その中で受けいれられたい、という欲求です。「孤独でいたくない」という欲求ですね。

たとえば、家族全員と仲が悪くて、家族の中で孤立してしまっている、あるいは、ある日学校に行ったら、友達全員が自分を無視してきて、突然孤独に落とされてしまった、という状態は、この欲求が満たせていないことになります。

さて、「自分は承認欲求がすごい」という悩みがあったとします。しかし実際は、この「所属と愛の欲求」が満たせていない、というケースが多い気がします。たとえば「なんとなく友達の中で浮いている」と感じるのは、承認欲求というより、所属と愛の欲求が、危機にあるということです。社会に受けいれられ、自分への愛を感じることができていない、ということになります。

4段目 – 承認欲求

「承認欲求」は、集団に属するだけではなくて、「もっと自分の価値を認められたい」「高く評価されたい」という欲求です。集団の中心人物として注目を集めたい、そんな欲求と言えます。

承認欲求は、それより下位の3つの欲求、つまり「生理的欲求」「生存の欲求」「所属と愛の欲求」の3つが、しっかり満たされていて、はじめて健全なものになるのではないでしょうか。つまり、しっかり集団に所属し、愛を感じることができていれば、承認欲求が満たされなくても、「次、また頑張ろう」という気持ちに、自然となるような気がします。

しかし、ここで「所属と愛の欲求」が抜けてしまっていると、承認欲求が満たされないことで、一気に、「生存の欲求」のレベルにまで落ちてしまうことになります。そうなると、家出をするとか、学校に行きたくない、というような、社会集団から逃亡するような行動が出てくるかもしれません。

5段目 – 自己実現欲求

承認欲求が十分に満たされると、「自分らしくなりたい」という気持ちが出てきます。これが「自己実現欲求」です。自分なりのこだわりを実現したい、という気持ちですね。

やはり、健全な自己実現欲求を持つためには、承認欲求が十分に満たされていることが、一つの前提になるように思えます。たとえば、承認欲求を満足できていないのに、一足飛びに自己実現へと突き進んでしまうと、自尊心が足りなくて「夢がないと自分が壊れてしまう」ような状態になるのではないでしょうか。

つまり、夢を実現するというより、「自尊心を守るために夢が必要」となって、「夢に執着している」状態になるということです。こうなってしまうと、周囲の声も聞かず、実現性の薄い目標にこだわって、時間を無駄にする、といった状態に陥るかもしれません。

健全な承認欲求は、より下位の欲求を満たしてから

わしゅーは、この説を、「より下位の欲求を満たさないまま、上位の欲求を強く持ってしまうと、なんだかおかしなことになる」という風に捉えています。

現代は、「承認欲求」、つまり「いいねが欲しい欲求」を、すごく刺激されやすい時代です。しかしその前に、ベースになる欲求が、しっかり満たせているか?ということを、一度考えてみても、いいかもしれません。

ココトモでの相談が、自分を振り返るキッカケになればと思います。

よろしくどうぞ

0
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up