解決済み
一緒に対処を考えてほしい
10代前半 女性

気にしすぎなのでしょうか。

閲覧数319 コメント数3 person退会したユーザー edit2023.12.14

とても恥ずかしい話で最悪な話です。
小学三年生か4年生の時の話です。もしかしたら2年生だったかもしれません。
小学三年生の時1度だけ犬に乳首を舐めさせてしまいました。1度、本当に1回だけ舐めさせてしまい、良くないことだとすぐ気づいたのですが、何年もたった今犬に対して申し訳なくて仕方ないです。小学三年生の時に乳首を舐められると気持ちいいと誰かに言われ、私はそんな訳あるかよと興味本位でしてしまいました。
気持ちよくなりたいとか性的な気持ちは一切なかく、何となくでしてしまいました。自分の行動じたいが本当に気持ち悪いです。
愛犬は本当に私に懐いていて、私のことが目で見て分かるくらい大好きなのですが思い出す度に申し訳なくて仕方なくなります。家族に〇〇は本当に愛犬を大切にするねと褒めて貰ったのですがこんなことしたのに…と思ってしまいます。
ただ、私は小さいことも大きく考えてしまい心療内科に通っていて、自分がした事の大きさの判断ができず何が何だかもうわからないです。
何にも手につかなくて、消せるなら消したいです。
こんなこと誰にも相談できなくてここに相談しました。よろしくお願いします。
ココトモ「交換日記」を書いて繋がろう♪

今日の出来事、気持ち、頑張ったことをみんなでシェアする『交換日記』ができました。 自分の日記を書いたり、他の人の日記にコメント&フォローしたりすることで交流を深めることができます♪

交換日記はこちら

コメント一覧

  • refresh約4ヶ月前
    りこぴん 30代 女性
    Asshさん、はじめまして。
    自分がしたことをずっと後悔されて、自分のことを気持ち悪いと思ってしまうのはお辛いですよね。
    恥ずかしいと思う話を勇気を出してお話してくださりありがとうございます。
    私は、何も恥ずかしいことではないと思いましたよ。
    小学生のときとか、小さい頃って、興味や何となくの気持ちで色んなことを体験したくなるものだと思います。私も、ここでは書けないような色んな妄想や空想もしたし、Asshさんよりももっと恥ずかしいようなこともしていますよ。Asshさんだけじゃないです。

    ワンちゃんに対して、申し訳なくて仕方ない気持ちをお持ちなのですね。Asshさんは、ご自分では気付かれていないかもしれませんが、ワンちゃん想いの優しい方だと思いますよ。本当にワンちゃんのことを考えてなかったら、申し訳ないという気持ちにはなりません。

    ワンちゃんの気持ちは分からないけれど、きっと手や足を舐めるのと同じ感覚で舐めたのではないでしょうか。
    ワンちゃん自身は何も気にしていないと思いますから、あとはAsshさんのお気持ちが軽くなってスッキリできるかどうかですよね。何も手につかない状況が続くのは辛いですもんね。

    舐めさせてしまったことがいいことか、悪いことか、大きいことなのか、小さいことなのか……これは人によって意見が違うし、どちらかに決められるものではないと思います。

    私個人としては、気にされなくても大丈夫だと思いますよ。
    でも、Asshさんは罪悪感があるんですよね。後悔の気持ちを軽くするためには、やっぱり、謝ることでしょうか。そして、ワンちゃんを大切にすること、感謝を伝えることですかね。

    ワンちゃんに「ごめんね」と一言謝って、あとは今まで通りかわいがってあげたらいいと思いますよ。
    一言謝ったらそれでいいんですよ。ずっと罪悪感を抱えて「ごめんね」と思いながら撫でても、ワンちゃんに伝わってしまうかもしれませんし……。
    笑顔のAsshさんがかわいがってくれたほうが、きっとワンちゃんも喜びますよ!「ごめんね」よりも「ありがとう」のほうがきっと嬉しいですよ!

    小さなことを大きく考えてしまって苦しいお気持ちも分かります。私もそのタイプです。なかなか性格や傾向は変えられないから、苦しいですよね。

    けれど、時間が経てば、苦しみや後悔も少しずつ薄れます。
    少しずつでいいので、気持ちに整理をつけて、ワンちゃんに心からの笑顔で向き合えるといいですね。応援していますよ。

    Asshさんのお気持ちが早く楽になりますように、願っております。
    • refresh約4ヶ月前
      退会したユーザー
      こんばんは。
      長文で本当にありがとうございます。誰かに話してとても気持ちが楽になりましたし、冷静になって落ち着きました。
      また、意見もしてくれてありがとうございます。
      犬に謝って、感謝して愛犬がもっと幸せになれるように考えられるよう徐々に意識を向けていきます。本当に、本当にありがとうございました。
keyboard_arrow_up