何もしないことの大切さ

年末年始、有休を使って長期休暇をとりました。

休みの間、初詣をしたり絵を観に行ったりはしましたが、基本的には家でのんびりしていました。

その間、自分で決めたルールがありました。

何も考えない、ポジティブとかネガティヴとかも意識しない

去年は、かなりの頻度でネガティヴモードになっていました。
その要因を振り返ってみたら、今ではなく、過去の蓄積だったことに気付きました。

過去の蓄積であったのに、今にぶつけていたんですね。

なので、完全にリセットさせようと思ったわけです。
リセットするために、何もしないようにしました。

おかげで、年始からネガティヴモードになりにくくなりました。
また、周りに理由を求めなくなりました。

ストレスを感じている時、ネガティヴになっている時、その要因は目の前のものばかりではないのですね。

ネガティヴの時は、周りが見えなくなります。
それに気付けたことは、良かったかなと思います。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2018/01/25 18:50

    積極的休養
    スポーツの世界なんかではあったりしますね
    しっかり元気になるためになにもしない
    そういう日も人間には必要なんだと思います

ココトモメンバー募集中!

ページTOP