【人生追体験】引きこもり男性が本当の幸せに気づくまで

みなさん、こんにちは😄

タカミチです。

これまでブログで伝えたいことを色々書いてきましたが、抽象的でいまいち伝わりづらい部分があるんじゃないかな、と思っていました。

そこで、今回は実験的に、とある架空の人物の人生を追体験する形で書いてみたいと思います。

テーマは

「社会に流れる歪んだ競争意識からドロップアウトし、自分との競争の中で本当の幸せに気づく」

です😊

自殺願望を抱くところから始まり、以下のステップを何度か踏みながら、安定した本当の幸せに気づくように成長していきます。

  • 「気づき」
  • 「前向きな諦め」
  • 「挫折」
  • 「悟り」
  • 「愛情の還元」

今回は分かりやすく、気づきから一度は裕福になるという、極端な成功体験を書いています。

誰しもが金銭的に成功しなければ、安心した幸せが手に入らないというわけではないので、もしみなさんの反応が良いようでしたら、次はお金の絡まないエピソードを書いてみたいと思います。

「面白かった」「次も読んでみたい!」と思って頂けたら、“共感ボタン”を押して頂ければ嬉しいです😀

引きこもりで絶望していた男性が、自問自答の中で自分らしく生きることに目覚め、挫折と大病を経て幸せに気づく人生

俺は中学校で酷いいじめに遭って不登校になり、現在は自室に引きこもっている。

この世の全てが憎く、生きていてもしょうがないし、早く死にたいと思っている。

親兄弟は話がまったく通じないし、学校には行きたくないし、まったく逃げ場がない。はやく自殺したい。

↓(ここで、たまたま読んだ本のきっかけで社会に対する疑問が生まれる)※第一の気づき

そもそも、勉強していい大学や会社に入ることがそんなに素晴らしいことか?

↓(ここで、歪んだ社会の風潮に疑問を覚えはじめる)※第二の気づき

お金持ちになって、派手な友人・恋人と遊んで、いわゆる”勝ち組”になることだけが、はたして幸せなことか?

↓(ここで、お金稼ぎ自体が悪いのではない事に気づく)※第三の気づき

あ、そうか。”お金持ち”のイメージが、社会の風潮のせいで”勝ち組”のイメージになっていたのか。

↓(ここで、お金を稼ぐ目的意識次第で、修羅の道にも希望の道にもなることに気づく)※第四の気づき

お金を稼ぐこと自体は社会に貢献も出来る良い事だ。しかし、現代の歪んだ”勝ち組”の風潮に乗っかれば、それは強欲主義であり、他人を信用出来なくなる修羅の道であって、安心した幸せは手に入らない。

↓(ここで、社会の歪んだ競争意識からのドロップアウトを決意する)※第一の前向きな諦め

親に勉強を強制されていたおかげで俺はそこそこ勉強は出来るが、受験競争からは降りよう。自分がやりたい事をじっくりと探して、それで成功してお金持ちになろう。何とか高校まで卒業したら家を出よう。

↓(彼は、通信制高校を卒業して折り合いの付かない家族を離れ、バイトをしながら独り暮らしを始めた)※第二の前向きな諦め

独り暮らしはちょっと寂しいが自由でいいもんだ。バイトでギリギリの生活だが、たまに友達と遊べるしおおむね満足している。この生活をしながらやりたいことを探そう。

↓(15年後、彼はお金を稼ぐことが必ずしも幸せに直結しないと気づく)※第一の挫折

俺は好きなアパレルショップ経営で一時はそれなりに裕福になれたが、まもなく時勢に飲まれて破産した。貯金も底をつきそうだし、一体なにが残ったのだろうか。

↓(彼は、お金稼ぎ以外で幸せになれる道を探し始めた)※第三の前向きな諦め

裕福な時は確かに衣食住に不自由はなかったし、友人恋人とも派手に遊んだ。満足度はあったかもしれない。しかし、常にお金を稼がなければならない焦燥感で、心にはいつもぽっかり穴が開いていた。この心の穴を埋められる生き方を探そう。

↓(彼は新しい生き方を探し始めた矢先に、経営者時代の多忙な日々による心身疲労から、大病を患って入院した)※第二の挫折

医者によれば一命はとりとめたそうだが、一生この病気と付き合っていかなければならないし、発作が起きれば命の危険もあるらしい。人生は本当に上手くいかないな。。

↓(彼は退院してからバイトをしながら安アパートで生活していた。しかし、新しい生き方を探す意欲は失っていなかった)

闘病は大変だったが、経営者時代に大切にしていた友人知人らが見舞いに来てくれて、今も生活をサポートしてくれている。ありがたい。やっぱり人の為に思いやりを振りまいていたら還ってくるんだな。よし、俺は人を助けられる仕事を始めよう!

↓(彼は、お金を稼いで贅沢することよりも、人に思いやりを振りまくことが一番幸せなことなのだと気づいた)※第一の悟り

俺は分かりやすくボランティアから始めた。バイトをしながらだが中には給与のあるボランティアもあるから何とか生活できている。余裕のある生活ではないが、多くの人に喜ばれ感謝されるから、心はとても満たされている。

↓(彼の思いやりの無償の愛が、”幸せ引き寄せの法則”を発動させる)※第一の愛情の還元

俺はボランティアを続ける中で出会った人と結婚した。すぐに子供にも恵まれて、共働きで大変だが水準レベルの生活が出来るようになった。今は本当に心から幸せだ!

↓(彼は妻と子育てを巡って何度も衝突し、離婚危機も経験した)※第三の挫折

妻とは離婚しようとも一時は考えたが、妻子を失うことは俺の人生を失うことに等しい。俺がもっとしっかりしていれば、衝突もせずに安定した家庭を築けるはずだ。

↓(彼は妻子を守るためがむしゃらに働き、豊富なボランティアの経験と培った人脈から、NPO法人を立ち上げ代表の座に就いた)※第二の愛情の還元

俺は、今はNPO法人の代表として多くのボランティア運営をし、より多くの人に感謝される幸せな道を歩んでいる。そして、夫婦生活と子育ての難しさから、両親の気持ちが良く分かり和解することが出来た。俺はとんだ親不孝者だったのだ。これからは年老いた両親に最高の親孝行をしながら生きていきたい。

END

 

いかがだったでしょうか?😄

彼は、世の為、人の為にボランティアを始めたことで、その思いやりや愛情が、幸せな結婚という形で還元されました。

出来過ぎた話だと思いますか?

いいえ。

面白い事に、この世は、人生は、まさにこのような「愛情の還元」がある世界なのです。

最初は愛情の還元のための利益享受目的でも、偽善でもいいのです。

いつのまにか、思いやりをばら撒くことの威力に驚き、楽しくなり、自然と偽善からの愛情では無くなっていきます😌

そして、このことに気づくためには、大きな挫折や苦悩が転機となる場合が多いのです。

そう思うと、少しは悩みや苦労が報われる気がしませんか?😄

あなたの心に、常に太陽が在る事を祈りつつ。。

お読みいただき、ありがとうございます😊

 

6
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up