3人目が欲しいけど、レスなんです

コメント:29件 閲覧:3,785人 最終更新:7 ヶ月前 作成者:m-mie

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

はじめまして。よろしくお願いいたします。40才夫
38才私。中一1男、小2男の四人家族です。
マイホーム三年前に建てました。

一昨年くらいから、子供がもう一人欲しくて、もし可能なら女の子。どちらでも良いんですけど。子供が欲しくて、いろいろ夫に相談しました。

そしたら、子供二人にお金かかるし、ローンあるし子供にお金かけるくらいなら、自分達の老後を手厚くしたいと言われました。

夫は車やら、アウトドアが趣味で、車庫も大きいのをたてて、知らないうちに自分の趣味のものをたくさん買っていて、ガレージって言って、大事にしてます。
何か買ったり、届いたりする度に、小言を言ってしまいます。
老後なんか、考えてないじゃないって思ってますが、本人には、言ってません。。、

もう、いうのもうんざり。。。だから、子供を作ってくれたら、買いたいもの買ってすきなようにしていいとまで、交換条件出し、いろいろ譲歩して、提案したんですが、答えはNOでした。

だから、少しは、買い物をセーブするかと思ったらまったく変わりません。本人的には、これでも我慢しているという感覚なんでしょうけど。。。
私にしたら、なんで、あなただけ、好きなことしているの?って、いつも思います。

さらに、それまでは月一位であった夜の生活が、ここ半年以上、なんにもないんです。

自分からは、10年以上前に誘ったのが最後です。だから、勇気を出して、誘ったんです。でも、あいまいな返事だったので、めんどくさい?って聞いたら「若干」と。。。そして、「めずらしいね、どうしたの」って。そういって、寝てしまいました。

もう、悲しいやら傷ついたやら、さんざんです。さすがに、泣けました。そして、自分、夫に対して冷めないといけないんだなって言い聞かせるようになりました。

レスになる原因、私のいびきがうるさいとか、だらしないとかあるんでしょう。私なりに、いびきの病院行ったり家事もガンバってますが、夫の満足いく感じでは、ないんでしょうね。。。

子供は二人いますけど、すごくかわいいです。
共働きだし、3人いても、やっていけると思います。5人家族とかみたら、もう、胸がぎゅーーーーって、なります。

この気持ちの持っていくところがなくて、仕事と家庭のストレスで、苦しくて。

夫の前から消えたい。一緒にいるのが、つらい。きついです。

支離滅裂ですいません。

どうしたらこの痛み、消えますか?心が締め付けられることばかりで、家もなんにも楽しくないし。
仮面夫婦していくしかないんですか?

周りの家族や、他のひとが、もう、とてもとても羨ましくて、なんで自分だけこうなんだろうって思ってしまいます。

長文ですいません。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-20件目(全29件)
  • 風草
    風草

    m-mieさん、こんばんは。お話しを拝見いたしました。

     

    旦那様とのご関係で、心が辛く旦那様と一緒にいられることがきついと感じていらっしゃるのですね。また、心の痛みを消したいという一心で、こちらにご相談されたのですね。m-mieさんの心の痛みをすぐに消してさしあげることは少々難しいかと思いますが、少しずつでもその心の痛みが和らげることができないものかと思い、お話しをさせていただきました。

     

    m-mieさんは一昨年から、旦那様との間にお子様、可能なら女の子が欲しいと思われたとのこと。もし宜しければ、お子様が欲しいと思われた「きっかけ」を教えていただけませんか。

     

    旦那様のお買い物に対して不満を感じていらっしゃるご様子ですが、旦那様に「買いたいものを買って好きなようにしていい」と、m-mieさんご自身のお気持ちを抑えてまで条件を付けられる程にお子様が欲しいと思われるのは、何か深刻な理由があってのことなのでしょうか。

     

    こちらの質問に関しては「答えたくない」と思われた際は、お気軽にスルーなさって下さいね。

  • m-mie

    風草さん、優しい口調でのコメントありがとうございます。優しさがにじみ出ていて、誰かに聞いて頂けた、それだけで、涙が出て来てしまいました。

    子供がほしくなったきっかけ。それこそ、夫と同じで、老後に対する不純な動機だと思います。自分勝手だとお叱りを受けそうです。。。

    三年前に、夫が短期間ですが、尿管結石で、大人になり初めて入院しました。その時に、結石の痛みを知り、出産の、大変さを実感したといっています。
    入院しているときの着替えや周りのお世話は、もちろん、私がしました。その時に、私の有り難さ、いてくれて助かったと感じ、そして女の子がいたらなぁ、と言われました。

    それがきっかけで、私のなかで、もう一人欲しい、できれば女のこ、男の子でも、可愛いから、人生後悔しないように、もう一人生みたいと思うようになりました。私達の二人の女の子を見てみたい、女の子を育ててみたい、男なら、今度は、どんな子が生まれてくるんだろう。きっと、男3人、悲惨なことになるんだろうなぁ(笑)なんて、想像しておりました。

    退院した後にも、夫に相談しましたが、もう、のど元過ぎればって、ことで。。。感謝もなにも。どこかへ消えておりましたね。

    それでも、私のなかで芽生えてしまったものは、どんどん大きくなって、我慢しようと思ったけど、押さえきれずに、夫に相談しました。

    何度も食い下がり、最後の最後に、相談に乗せた経緯になります。あまり言うとしつこいって言われるし。夫も子供を嫌いなわけじゃないから、出来たら中絶ってことは、言わないだろうし、ラッキーくらいで思おうと、言い聞かせてました。

    そして、半年前からレスに。。。これじゃぁ、妊娠するきっかけも、なにもないじゃないってって。。。正直落ち込んでます。

    友達家族には、全員女の子いるし、みんな3人以上の兄妹、普通にすれ違う家族、みーーんな幸せに見えて、なんで自分だけこうなんだろうって。

    なんか、夫と一緒にいるの、ほんときつい。こんなに苦しいのに、なんにも知らないで、のほほんと生きてるのは、どうして?
    すごい勇気をだして、誘ったのに、断るのはどうして?じゃ、フォローするために、後日とかないの?

    もう、単なる同居人なんだね、惰性なんだねって、もう、おしまいだねって、一人で納得するように言い聞かせてる毎日です。暗闇から抜け出せません。。。

    質問に答えられてないかもしれません。御気分を害されたら、すいません。私が、へんですか?

    こんな毎日、こんな自分、いやです。周りがほんとうに、うらやましいです。

  • 風草
    風草

    m-mieさん、こんにちは。こちらこそ、私のお話しに耳を傾けていただきありがとうございました。お話しをされたことで、ほんの少しでもm-mieさんの心の痛みが和らげば幸いです。

     

    >子供がほしくなったきっかけ。それこそ、夫と同じで、老後に対する不純な動機だと思います。自分勝手だとお叱りを受けそうです。。。

     

    私は、m-mieさんを「責める為にお話しを聞かせていただいている訳ではありません」ので、どうぞご安心くださいね。(笑)m-mieさんの心から湧き出る思いから、今の傷付いたお心を癒す方法が見つかるかもしれませんので、m-mieさんがお話しできる範囲で構いません。心の内を聞かせていただければ幸いです。

     

    お子様が欲しいと思われるきっかけは「旦那様の入院」だったのですね。教えていただきありがとうございました。旦那様も入院中は大変だったかと思いますし、m-mieさんも旦那様のお世話に加え、ご自宅の家事やお仕事などでとてもお忙しかったことでしょう。

     

    また、入院中の旦那様は結石の痛みから出産の大変さを実感されたのですね。私は子供がいないので、出産の大変さをお話しから聞くことでしか理解することができないのですが、私の姉が「もう経験したくない!と思うぐらいの痛さだけど、産んでしまうとそれを忘れて、もう一人欲しいと思えるから不思議」と笑って話してたのを思い出してしまいました。(笑)

     

    m-mieさんは中学校1年生と小学校2年生のお子様がいらっしゃるのですね。男の子お二人となると、とても活発に元気で過ごされているイメージを持ってしまいます。私の知り合いのお母さんは男の子が3人いまして、とても忙しそうに過ごしていらっしゃいました。元気でやんちゃとのことで、m-mieさんがおっしゃってたように「男の子3人いると、ホント悲惨だよー!」と、笑いながら話しておりました。私も見ていて、とても大変そうに見えましたが、笑顔で話されているお母さんを拝見して楽しそうだな~と思いながら見守っていました。(笑)

     

    お話しの中で少々気になったのですが、m-mieさんのお話しでは、旦那様の入院がきっかけにお子様が欲しいと思われたとのこと。そのお気持ちは、旦那様が入院される以前から強く感じていらっしゃったのでしょうか?

     

    m-mieさんがお話しできる範囲で大丈夫ですので、宜しければ心の内を聞かせてくださいね。

  • m-mie

    風草さんへ

    こんにちは。返信ありがとうございます。

    子供を欲しくなったのは、夫が入院前にも、多少は、あったと思います。

    でも、、なんなーく、ぼんやりで 、年も年だし、そんな風に思う年代なのかなぁと思ってました。

    そして、入院を、きっかけに、夫の発言で、二人のために、子供はもう一人欲しいなぁと思いました。

    もう、叶わない夢なんですけどね。

    種だけ誰かから、もらえば。。。なんてそこまで追いつまり、思ったんですが、そんなことしたら、あの芸能人みたいになるし。。

    もう、叶わない夢ですね。

    子供がいたら、自分の老後も、変わるのに。

    レスでもなければ、妊娠の機会はあるんですが、そるさえもないので、ズタズタです。

    毎日、辛い。一緒に居るのが、辛いです。

    これがまた、妊娠の可能性がない年令とかだったら、諦めがつくんでしょうね。

    諦めもつかないし。諦めきれないし。
    なにもかも、いやになります。

    なんで、相手は好きなことばかりして、自分はこんなに辛い思いしてるんだろう。。。

    妊娠したい、そればかりに固執してるのは、おかしと思うのですが。。。

    もう、いやです。会話するのもいやだから、冷戦?仮面夫婦。

    悪循環です。

  • 風草
    風草

    m-mieさん、こんばんは。お返事ありがとうございました。

     

    旦那様が入院される前から、ぼんやりとお子様が欲しいと思われるお気持ちがあったのですね。教えてくださってありがとうございました。

     

    前回のお話しでは、お子様が欲しいと思われる理由は旦那様と同じく「ご自身の老後のため」とお話しされておりましたね。お互いの老後のことを考えることというのは、とても大切なことかと思います。

     

    こちらの「ご自身の老後のため」というお話しですが、m-mieさんは旦那様と同じ理由ということでしたね。旦那様のご意見は、お話しを拝見させていただくと「ローンあるし子供にお金かけるくらいなら、自分達の老後を手厚くしたい」と話されていたのですよね。こちらの話を拝見すると、私は「ローンの返済と、現在いらっしゃるお子様2人の養育費にお金を回わせるようにするため」というように見えました。

     

    しかしm-mieさんは「ご自身の老後のため」に「子供を授かりたい」と思われていらっしゃるのですよね。こう見ますと旦那様とm-mieさんの「自分達の老後を手厚くしたい」と思われる考え方が、お二人の中で違ったもののように感じてしまいましたが、いかがでしょうか。

     

    私は、m-mieさんの話を拝見していますと「夫は好きなことをしているのに、どうして自分はこんなに我慢しなければいけないのか。」と「自分の考えや思いを抑え込んで我慢している」m-mieさんお姿が、頭の中に浮かんできました。その思いが積り積もってしまったことで、辛く苦しい思いをされているように感じたのです。

     

    m-mieさん、あなたの心の中で「抑え込んでいる思い」はありませんか?今日まで本当は旦那様に言いたかったけど、言えば傷付けてしまうかもしれないという気持ちから、ずっと今日まで我慢されてきた思いはありませんか?

     

    私は、今日まで我慢されてきた思いを癒したい一心から、m-mieさんが固執されているのではないかと考えられている「お子様が欲しい」という考えに至ったのではないかと感じてしまいます。

     

    m-mieさんは、前回のお話しでご自身のことを「責めていらっしゃる」ように見受けられました。その事から「叱られるのではないか」「自分の考えがへんなの?」と思われてしまうのではありませんか?私がm-mieさんを責める気持ちが無いのは「考え方は、環境や状況、そして自分の感情によって変わる」と考えているからです。今回のお悩みが生まれたのも、m-mieさんがこのように考えないと「自分自身の心を支えることができない」ぐらい心を痛めていたと思ったからです。

     

    m-mieさん、大丈夫ですよ。あなたの考え方はヘンではありませんよ。自分でもおかしいなと思う考え方は「その時の環境や状況、自分の感情によって」現在の考え方が形成され、その考え方が癖になってしまっている可能性もあるのです。しかし、そういった考え方を繰り返してしまうのも「自分自身の心を支えることができない」ぐらい「心が傷付いてしまっている」場合もあるのです。

     

    ですので「我慢されていた気持ち」が解き放たれることで、m-mieさんが旦那様と一緒にいても思うことも、他のご家族を見ても羨ましいと思いながら悲しむことも、子供が欲しいと固執する気持ちも少しずつ弱まっていくのではないかと考えたのですが、いかがでしょうか。

     

    もちろん、上記のお話しは私の想像になります。勘違いしている部分も多々あると思いますので「違う」と思われた部分はスルーしてくださいね。

  • m-mie

    風草さんへ

    返信ありがとうございます。

    お互いに、老後のためと思っていても、その、方向性が違うんですね。気づかされました。

    ずっとずっと、好きなようにしている夫の姿をみて、つもり積もっているんだと思います。
    二言目には、もっとお弁当つくったり、外食なんかほとんどしないでやってる母親は、たくさんいるとか、言うので、そこに後ろめたさを感じているんです。

    たしかに、風草さんがおっしゃるように、子供ができたら、今まで、我慢してしたことは、許され、癒される気がします。だからこそ、余計に固執してるんですね。

    レスになり、その、チャンスさえも奪われたので、余計に固執するという、負の連鎖です。。。

    周りの友達家族がほんとうにうらやましくて、幸せオーラ全開なので、そんなところに、パーティーだとかいって、平気な顔したフリをして、何時間も過ごし、いい夫婦を装い、仲良い家族を演じるなんて、ストレス半端ないです。

    勇気をだして、誘ったのはいいけど、めんどくさいでかたずけられて。
    30代でレスなんて、どうしたらいいのか。

    結婚している以上、相手は夫しかいないのに。

    だから、余計に一緒にいるのも辛くて、苦しいのどしょう。あまり使えないけど家政婦ですね。

    この先も、惰性で過ごすなんて、やりきれないです。

  • 風草
    風草

    m-mieさん、おはようございます。こちらこそ、お返事ありがとうございました。

     

    >お互いに、老後のためと思っていても、その、方向性が違うんですね。気づかされました。

     

    たとえ「老後のため」に考えた方法が、お互い違うものだったとしても、m-mieさん、あなたがガッカリされる必要はありません。旦那様もm-mieさん様も「これからも一緒にいることで、年をとっても楽ができるように。」と考えていらっしゃるのは「旦那様もm-mieさんも一緒」だということに気付いていただきたいと思い、前回は方向性の違いについてお話しさせていただきました。旦那様は、しっかりと「m-mieさんとの今後のことを、しっかりと考えていらっしゃる」のかもしれませんね。

     

    >二言目には、もっとお弁当つくったり、外食なんかほとんどしないでやってる母親は、たくさんいるとか、言うので、そこに後ろめたさを感じているんです。

     

    「もっとお弁当を作ったり、外食なんか殆どしないで(お弁当作りなどや自炊?)やっている母親はたくさんいる」という言葉を聞いたことで、m-mieさんは後ろめたさを感じられたのですね。

     

    私は、実はこの言葉に関しては、あまりに気にされる必要はないような気がしました。どうしてかと言いますと「m-mieさんと比べる対象があまりにもアバウト過ぎる」と思ったからです。また、アバウト過ぎる対象を持ちだすということは「考え方もアバウト」であることから、実は旦那様ご自身も「そこまで深く考えずに、言葉がパッと出てしまっただけ」だったのではないでしょうか。

     

    また「たくさん」という言葉で比較された人は「えっ?!そんなに多いの?!」という気持ちになりやすくなります。そう考えてしまうと自分と比較する対象も「広範囲、大人数」となってしまうことで「自分の周りにいるお母さん方も、もしかしたら私よりもお弁当をしっかり作っていて、外食も殆どせずに自炊をしているんじゃないか・・・。」といった考えになってしまい、更には自分と他人を比べてしまうことで、落ち込んでしまうといった考え方にも陥ってしまうかもしれませんよね。

     

    私は、この「たくさんの母親」というアバウトな対象によって、m-mieさんが辛い思いをされてしまい、後ろめたさを感じている原因になっているのではないかと思いましたが、いかがでしょうか。

     

    もしかすると旦那様は「妻のお弁当が、もっと食べたいな。」「妻の作ったご飯が食べたいな。」といった「自分の欲求」があったことで、それを素直に伝えることが難しく感じてしまったことで「たくさんの母親」というアバウトな対象を持ちだし、m-mieさんの「やる気スイッチ」を刺激しようとしたのかもしれませんよね。

     

    こう考えますと、旦那様は素直に「m-mieさんの作ったお弁当やご飯が食べたい」という気持ちから、このような言葉をm-mieさんに投げかけているのかもしれませんよ。m-mieさんが嫌いではなく、それこそ家政婦でもなく、純粋に「m-mieさんの作ったご飯が食べたい」という思いを素直に言えないことから「ちょっと捻ねた言い方」をしてしまったのかもしれませんね。

     

    今までの旦那様がm-mieさんに向けた言葉を、ちょっと少しずつでも良いので思い返してみて下さい。もしかしたら他人とm-mieさんを比べていた言葉も、「m-mieさんを傷付ける言葉ではなく」実は、単なる「旦那様の欲求」だったのかもしれませんよ。

     

    また、世の中には「時間短縮できる簡単なお弁当の作り方」といった情報が、インターネットや本屋さんでも見られます。世のお母様達の中には、旦那様にバレないように「上手に手を抜きをしながら」家事や育児に励んでいる方もいらっしゃいます。

     

    これは決して「旦那様が嫌い、旦那様を軽く見ている」といった理由ではなく「旦那様はもちろん、自分自身も大切にするため」の良い方法かと私は思っています。「完璧さ」を求めてしまえば、必ずどこかで苦しくなります。それだけ人というのは「完璧」を目指すことが難しいものなのです。それを分かっている人達は「ストレスを溜め過ぎないように、上手に手を抜きながら、自分の自由な時間を作っている」のですね。

     

    これは、現在も好きなことをされている旦那様も同じかと思います。少ないプライベートの中で「自分の楽しみを見つけて、ストレス解消されている」のではないでしょうか。そしてm-mieさん、あなたも旦那様と同じように「自分の楽しめる時間を作っても良い」のですよ。

     

    旦那様は、m-mieさんに「自分の時間を作らず、家事だけをやっていればいい」というようなお話はされましたか?多分、それに近い言葉は言われたかもしれませんが、ハッキリとそのようなお話しをされていないのではありませんか?また、もしお話しされたとしても、それはあまりにも「理不尽」な話であり「受け入れる必要はない」と、私は考えてしまいます。

     

    これからは、少しずつ家事と自分の趣味を両立されている奥様方の知恵と知識をお借りして「自分自身を、少しずつ自由にさせる術」を、これから学んでみてはいかがでしょうか。この世の中には、色んな考え方があります。先程もお話しした「たくさんの人」といったような「アバウトな情報に惑わされず」に、今のご自身に合う「情報」をご自身で見つけ出してみてください。そこから「自分に合った生き方」が、見つかるかもしれませんよ。

     

    ちょっと話が長くなってしまったので、今日はここまでにさせていただきますね。

  • m-mie

    風草さんへ

    おだやかな返信ありがとうございます。

    自分のやりたいことも、趣味も、気づいたらなーーんにもない、空っぽの人間でした。

    好きな音楽も、夫の趣味に合わせているうちに同じになり。キャンプも夫に付き合っているうちに、それも同じになり。

    これといって、好きなこともなくて、人に合わせているだけ。

    自分の趣味もやりたいことも、考えてみたら、なんにもなくて。。。

    言われるがままなんですよね。

    料理本も実はたくさん持っていて。買って満足して、実践に結び付かない。。。だから、嫌みをたくさん言われます。

    料理もできない、掃除もしない、子供にはガミガミうるさい。いびきはうるさい、だらしない。

    たしかに、そんな自分を女として見れるわけないですよね。
    女としても見れない、母親としても、いかがなものか。そんな妻の子供が欲しいと言う願いは、聞けるわけないですよね。それなら、自分の趣味に没頭していたほうが、幸せですよね。

    そして、自分は、そんな夫にイライラしている。。世の中のご夫婦がうらましいです。妊娠しているとか、出産した家族が、うらやましいです。

    いつも優しくアドバイスしていただいているのに、いつまでも、すいません。

    心の闇が深すぎて。。。すいません

  • 風草
    風草

    m-mieさん、おはようございます。こちらこそ、私の話に耳を傾けてくださってありがとうございます。

     

    >いつも優しくアドバイスしていただいているのに、いつまでも、すいません。心の闇が深すぎて。。。すいません

     

    m-mieさん、どうぞお気になさらないで下さい。私は、m-mieさんに対して怒っている訳ではありませんので大丈夫ですよ。また、私はお話しを聞くことでm-mieさんの事を嫌ったりはしません。人は皆、悩むのは一緒ですから。こちらでは、安心して心の内をお話しくださいね。

     

    自分のやりたいことが現在は何もない、人に合わせているだけ、言われるがまま、こういったことは、何も悪いことではありませんよ。やりたい事が無いと思われても、趣味が無くても良いのです。また「人に合わせる、言われたようにする」というのも裏を返せば、人間関係を円滑に回す手段のひとつになります「協調性が、しっかりと備わっている」ということにもなるかと思います。

     

    料理本を買って満足することも良いと思いますよ。本を買ったからといって「必ず、その本に載っている料理を作らなければならない」という決まりも無いのですから。「料理本を、目で見て楽しむことが趣味です!」と、思い切って開き直ってしまえば良いのではないでしょうか。実は私も、m-mieさんと同じく料理本を数多く持っていますが、殆ど使っていません。(笑)最初は作る為に買っていましたが、最近は目で見て楽しむ、作ってる自分を想像して楽しむ、ふと本に記載されているレシピを思い出して実際に作ってみる(数ヶ月に1、2回)程度でしか本を使用していません。

     

    もし、旦那様に嫌みを言われてしまったら「この本はね、作る為に買ってるんじゃなくて、見るのが楽しくて買ってるだけなの。だから気にしないでね」と、笑顔でお話しされるのも良いかと思いましたが、いかがでしょうか。

     

    そして、m-mieさん。ここからは私の主観なので勘違いしている部分が多いと思いますが、m-mieさんの「お子様が欲しい」と思われる「本当の理由」は、もしかして「旦那様に愛されたい」からではありませんか?何かをきっかけに、お子様が欲しいと思われる気持ちはあったかと思いますが、入院された時の旦那様の「女の子が欲しい」と言われた一言で「子供を授かることができれば、夫が私を愛してくれるかもしれない!」と、思われたのではありませんか?

     

    しかし、旦那様にお子様を作ることを反対されてしまったことで「子供が授からないと、夫は私を愛してくれないのではないか?」と考えてしまい、また、旦那様から嫌みを言われてしまったり、行為を断られてしまったことで「私は夫に愛されていないのではないか、女性として見ていないのではないか?」と思われてしまったのではありませんか?

     

    そのことから、女性として接してもらうためにも、自分を愛してもらうためにも、旦那様と幸せな夫婦になるために「子供を作りたい」と、強く固執されてしまったのではありませんか?もちろん、こういった理由で子供を授かりたいと考え方は「自由」なので、私は口を挟むことはしません。

     

    m-mieさんには現在、おふたりの可愛いお子様がいらっしゃいますよね。お子様達が生まれた頃、m-mieさんはどのようなお気持ちでしたか?旦那様と一緒に喜ばれたのではないですか?そして、その時のm-mieさんや旦那様のお姿はどのようなものでしたか?私は、おふたりの当時のそのお姿こそが、あなたが今「羨ましい」と思っている「他のご夫婦の姿、そのもの」ではないでしょうか。あなたは既に今まで羨ましいと思っている他のご夫婦と「同じ体験」をしているのですよ。あなたが「幸せそうで羨ましい」という光景を、実は「あなた自身も味わっていた」のです。

     

    そして、この「幸せを味わった」ことで「子供を授かれば、あの頃の幸せをもう一度味わえるのではないか」と心の中で、当時の幸せを求めてしまっていることから「子供を授かりたい」と考えられる思いが強まったのではないでしょうか。そこから、他のご夫婦を見ることで当時の幸せがよみがえり「あの頃のように、夫から愛されたいし大切にされたい。幸せな気分になりたい」と思われるのではないかと感じましたが、いかがでしょうか。

     

    ここまでのお話しは、m-mieさんのお話しから私が「感じたこと」なので、間違っている部分が多くあるかと思います。もし気に障るような内容でしたらスルーして下さいね。

  • m-mie

    風草さんへ

    いつもお返事ありがとうございます。感謝致します。

    10年前に、子供が生まれて、過ごした日々は、うらやましいと思っている、かつての自分達の姿。。

    たしかに、そうなのかもしれません。そうですよね。あのときは、必死でやっていたから、周りの、姿なんか目に入ってなくて。毎日毎日。目の前のことに必死でした。
    子供が大きくなり、てがかからなくなり、回りを見れるように、なったのかもしれません

    子供が欲しい理由は、夫に愛されたい。。。んー、そうなのですかねえ。もう、愛されたいとか、女として見てもらうのは、諦めたフリをして、期待しないように、心にストップをさけて、蓋をしているつもりです。

    もう、傷つくのは、耐えられないですから。

    子供ができたら、それが女の子だったら。。きっと反対してても、可愛がるだろうし、溺愛するだろうし。

    思い出しました。

    女の子が欲しい理由。仕事に行く途中で、中学生位の女の子と、お父さんが、仲良く並んで登校、通勤する姿を見ました。その姿が、すごーく、微笑ましくて、いいなぁって、あんな風に、並んで歩いてもらいたいなぁって、お父さん幸せだろうなぁって、強く感じました。

    だから、老後の私自身のためでもあり、あんな思いをしてもらいたいという、勝手な思いですね。

    風草さんがおっしやをるようにかつては、自分も幸せな同じ体験をしているのに。

    行為を断られたから、女として見てもらえていないと、改めて、実感して、この先も難しいと、判断しました。求めないように、心に完全に蓋をして、生きていかないといけませんね。自分の心を守るために。

    昨日もショックな出来事もありました。

    昨日は、私達をいれて、4家族か集まり、BBQをしました。私達夫婦が一番年下です。
    私達以外の家族には。みーーーんな女の子がいます。高校生とか、中学生とか。

    会話の流れで、子供の話になり夫が、「みんな、女の子いるね」って。そしたら、友達が「女の子欲しいっていってたけど、○(夫)が、反対なんでしょ?」って、言ったら「また、男が出てきたら災難でしょー」って返答していました。

    そのあと、生みわけの話になりました。

    1つの話のネタとして、夫の職場のバイトの子が、男の子がほしく、そのバイトの方と、生み分けの話になり、女の子を望むとき、行為をあっさりがいいとかその方から聞いて本当かと思い、興味でネットで調べたって、話してました。

    私が、あんなに女の子欲しいって、いろんなこと条件をだして、お願いしたのに。生み分けのことも、真剣に話したのに、なんにも聞かないで。

    バイトの女の子が言ったら、自分の興味で調べていたなんて。
    私の言葉なんか、なんにも聞いてなかったんです。。届いてなかった。

    何度も言って、しつこいって、すごく冷たくあしらわれたのに。

    なんか、悲しくなって、情けなくて、書きながら、また、涙が出てきましたー(笑)

    夫を知れば知るほど、もう、ダメなんだなぁって。

    妻の話には耳を傾けず、その興味だけで、調べて。少しは、その知識を得たにも関わらず。それで、終了。。。あげくに、レス。

    自分ばかみたいですね(笑)

  • 風草
    風草

    m-mieさん、おはようございます。こちらこそ、お返事くださってありがとうございました。

     

    昨日の出来事をお話したことで、悲しくて涙が出てしまったのですね。悲しい時は、どうぞ我慢せずに泣いてください。我慢すればするほど、辛い気持ちが増えてしまいますからね。

     

    >もう、愛されたいとか、女として見てもらうのは、諦めたフリをして、期待しないように、心にストップをさけて、蓋をしているつもりです。

     

    m-mieさんは、傷付くのが耐えられないことから自分の想いに蓋をされてしまったのですね。私は、その想いが「実は、蓋から溢れ出してしまっている」ようにも感じました。完全に「諦めた、期待するのをやめた」と考えるのと、諦めた「フリ」をする、期待しないようにすると「心にストップをかけて」蓋をしている「つもり」と考えるのとでは、大きな違いがあるのではないでしょうか。

     

    完全に諦めがつき期待するのを止めた時は、その物事に対しての「固執」が無くなります。「どんなに頑張っても欲しいものが手に入らないと、自分の中で悟る」からです。「固執」することが無くならないというのは、逆で「まだ諦めたくない!」という強い思いがあるからではありませんか?

     

    >行為を断られたから、女として見てもらえていないと、改めて、実感して、この先も難しいと、判断しました。求めないように、心に完全に蓋をして、生きていかないといけませんね。自分の心を守るために。

     

    m-mieさんは今日まで、既に心に蓋をしてこられたのですよね?蓋をしてきたことで、今現在「ご自身の心が傷付いている」のではありませんか?蓋をしたことで心が傷付かなくなれば、m-mieさんの心は既に軽くなり、清々しい気分で過ごされているのではないでしょうか。

     

    >女の子が欲しい理由。仕事に行く途中で、中学生位の女の子と、お父さんが、仲良く並んで登校、通勤する姿を見ました。その姿が、すごーく、微笑ましくて、いいなぁって、あんな風に、並んで歩いてもらいたいなぁって、お父さん幸せだろうなぁって、強く感じました。

     

    女の子が欲しいと思われる理由を思い出されたのですね。一緒に歩いているお父さんと女の子のように、旦那様も望んでいらっしゃる女の子と、一緒に並んで歩いてもらいたいと思われたのですね。

     

    m-mieさんは、こちらの想いは旦那様にお話されたのでしょうか。「一緒に通勤、登校している親子の姿を見て微笑ましくていいなと思ったの。お父さん幸せだろうな~って強く感じたんだけど、あなたにもあんな風に幸せになって欲しい。」という想いを、腰を据えて旦那様と本気でしっかりと向き合ってお話されてみてはいかがですか。

     

    私自身、m-mieさんのお話を拝見させていただき「旦那様が考える幸せ」と「m-mieさんが考える幸せ」の「方向性が違う」ように見受けられるのです。女の子が欲しい理由ですが、これは「m-mieさんの願望」であって「旦那様が望まれていること」なのでしょうか?私はお話を聞いていると、どうしても「m-mieさんの願望」によって「目の前の現実が霞んで見えてしまっている」ような気がしてならないのです。

     

    ですのでm-mieさん、まずは自分を責めることを止めませんか?これ以上、心の傷を自分で深くしてどうするのですか?あなたがどうしても「自分で自分を責めて傷付きたい」のであれば、私は無理に止めません。

     

    m-mieさんは「自分は幸せになりたい、愛する人達を幸せにしたい」という思いから、今日まで頑張ってこられたのではないですか?「幸せになりたい」と考えることの何処がバカだというのでしょうか。「幸せになりたい」と想う気持ちは誰しも持っています。この世の中の人達は、皆「幸せ」を求めているのです。そして「幸せになっても良い」のです。m-mieさんの今日までの言動は「至極当たり前のこと」なのですよ。バカな事ではありません。

     

    しかし、その「幸せになりたい」と思う気持ちが強くなりすぎてしまうと「自己愛」が強くなってしまい、周りが見えなくなってしまうのです。「自分の中で妄想する幸せ」が「全ての人の幸せ」に変わってしまい「自分がこんなに頑張っているのに、どうして幸せになれないんだ!」と、目の前の現実と自分が妄想していた世界の違いにショックを受け、どんどん心が傷付き憔悴しきってしまうのです。

     

    m-mieさん、あなたと旦那様は「幸せになりたい」と思う気持ちは「一緒」なのです。ただ、その「幸せになるため」の方向性や方法が「異なっている」だけなのです。その部分に少しずつ気付いていくことで「本当は、自分の想いに無理に蓋をする必要は無かった」と、いうことに気付けるかもしれません。蓋をする必要は無かったことで、徐々にm-mieさんの心の傷も癒されていくかと思いましたよ。

  • m-mie

    風草さんへ

    早速の返信ありがとうございます。感謝致します。

    何度も何度も、読み返しました。

    おっしゃる通りですね。ほんとうに。

    蓋をしてきたつもり、閉じ込めたつもり。全てにおいて、中途半端というか、そういうフリをして、抑えてきたつもりですですが、実は、なーーーーんにも、押さえられてなくて、もう、駄々漏れみたいな(笑)

    そして、フリなもんだから、漏れてしまって、自分が辛くて仕方ないって感じですね。。。

    自分でも、悟っていた訳ではないので、そういう風に言い聞かせて、フリをしていなのには、気づいてました(笑)

    フリデモしてたら、いつかそうなれるかなって。でも、漏れ漏れでした。

    女の子が欲しいのも、だんなのせいにしながら、自分の願望でしかなかったですね。単なる願望。それだけ。

    ほんとに諦められたら、どんなに、楽か。。。固執しなかったら、悟ってしまえたら、50歳過ぎて、希望も持てなくなったら。。。きっと、風草さんがおっしゃるように、心が軽くなり、清々しい毎日を、送れていますね。

    〉しかし、その「幸せになりたい」と思う気持ちが強くなりすぎてしまうと「自己愛」が強くなってしまい、周りが見えなくなってしまうのです。「自分の中で妄想する幸せ」が「全ての人の幸せ」に変わってしまい「自分がこんなに頑張っているのに、どうして幸せになれないんだ!」と、目の前の現実と自分が妄想していた世界の違いにショックを受け、どんどん心が傷付き憔悴しきってしまうのです。

    自己愛が強すぎて、周りが、だんながみえない。。。
    でも、もう、腰を据えて、話し合うのは、正直、難しいと思います。
    毎日のように、話し、しつこいと言われ。。。

    今まで、過ごしてきただんなだからこそ、特徴というか、譲らないところとか、くせというか、中身と言うか、その辺りモロモロを熟知してますから(笑)

    今更ながら、持ち出したら、うんざり、げんなり、はぁ?って反応などなど、すべてが見え見えです(笑)

    前にも後ろにも進めなくて、すいません。

    レスでもなければ、外に出したやつを、中に戻してやろう、一回だけ、チャレンジしてみようって、それでできなかったから、諦めようって、勝手に腹黒く考えてたんです。

    おどろきましたよね?(笑)

    内緒で、一回だけ。

    勝手にそういう風にチャレンジして、できなかったら諦めようって、決心してたんです。

    だから、余計にチャレンジする機会、あきらめる機会さえも持たせてもらえないから、尚更固執してるんですね。

    そっか。
    自分で勝手に決めた、諦めるチャンスさえもないから。。
    余計に周りが見えなくなって、自分に固執して。周りの家族がうらやましくて仕方ないんですね。

    自分の思いに蓋をする必要は、なかったと、思えるのは、まだまだ、先ですね。。。

    固執してしまうことで、自分で、自分の傷を深くしていたんですね。解き放たれるのは、いつかなぁーーー(笑)

  • ishii
    ishii

    はじめまして。
    横からすいません。この話は最初から聞いて悩んでいました。
    今感じる事は、旦那さんが奥さんにもとめているイメージが
    強く感じれます。
    旦那さんは会社で弁当食べているのですか?
    夜ご飯の様子も聞かせて頂きたいですが、
    無理にとはいいません。

  • m-mie

    夫のお昼ごはんですが、以前は、コンビニ弁当や、カップ麺を食べておりましたが、カップ麺は、体にによくないと思い、3年位前から、おにぎりを持たせております。

    おかずは、サラダを食べたいから、いらないと言われますので、お昼は、おにぎりと、コンビニでサラダと何かおかずを、かって、食べております。

    2ヶ月に1度位、土曜か日曜の出勤があり、そのときには、平日は、準備してあげられないので、お弁当を持たせてます。

    子供がまだまだ、小さな時は、帰宅が夫のほうが早いことも多々ありましたが、そんな時は、夫が保育園に迎えにいき、帰宅してから、ビールを飲んで待っている。

    現在は、私も年が年なので、それなりに、なんだか忙しくて、仕事で私も残業したりすることもあり、なるべく残業しないようには、してますが、帰宅が7時過ぎたりします。普通でも6時過ぎますね。

    習い事の関係で、仕事を定時であがり、帰宅しすぐ、習い事の送迎もあったり。

    そのうちに、大変だろうということで、気遣ってくれてか、週に2、3回外食したり、子供の習い事終わりに、コンビニによって、私がごはんを買ったり。家にあるレトルトで済ませたり。。。

    いずれも私が帰宅したあと準備です。

    食事は、たぶん、他のおうちと比べたら、ぜんぜんだめだと思います。

    義母が主婦で、料理もすごく上手で、そんなお母さんに育てられた夫なので、共働きの私が妻で、驚くこともたくさんあったと思います。

    そのあたりも、女としてもみれないし、母親としても失格なんでしょうね。

    それが、もっとやっている、がんばっているお母さんたちは、たくさんいるって発言につながっていると思います。

  • ishii
    ishii

    ありがとうございます。
    さすがですね。悟りが早く、十二分にわかりました。
    ご主人さんのお母さんの事も聞きたかったので
    先回りされました。
    ご主人さんの思う幸せな家庭と離れていますね。
    失礼ですが、奥さんが旦那さん役やってますが、
    その辺はどうお考えですか?
    旦那さんが優しい方ですね。愛情を求めているの
    ではないでしょうか?

  • m-mie

    ishiiさんへ
    返信ありがとうございます。気にかけていただき、ありがとうございます。
    悟りはぜんぜん早くないです。

    たしかに、夫の理想とする、といいますか、夫の考える家庭とは、かなりかけ離れすぎていて、別世界のことだと思っております。

    私の実家は共働きなので、私にはなんの違和感も感じないですし、普通のことと、思いますが、夫にとっては、理解というか、慣れるまで、大変だったと思います。

    私が、だんな役やってますか?

    そんなこと、ぜんぜんないです。

    たしかに、男の子が二人なので、ほぼおっさんの私が一人と、男3人の家族と言えます。朝からガミガミしてうるさいばはぁですから。、。

    でもだんな役を、やっているとは、ぜんぜん思ってないですね。

    そして、たしかに、夫は、義母に似て、すごく優しいと思います。
    こんな私ですから(笑)

    女性に対するイメージも、大袈裟に、よくいえば、中学生レベルかもしれませんね。

    毛がないと思っていたり。。。

    そして、愛情を求めているのは、おっしゃる通りだと思います。
    夫の兄が、実は身障者で、小さい頃から、両親とも、義兄にかは、かかりきり。

    私には年の離れた兄がおりますが、帰省した私達兄弟の姿をみて、うちは、兄弟いるけど、普通の家庭とは、まったく違うと、付き合っている時から言ってました。

    すごく優しい夫に、私が甘えてばかりで、そして、年々男らしくなり、女性に対するイメージを、どんどん悪い方向に変えて、現実を見せて、女子力低いから、きれいなイメージをから、どんどん遠ざけて、そして、冷めているんですよね。

    自業自得ですね。。。

    そのくせ、女としてみてほしいなんて、都合よすぎですね。

  • ishii
    ishii

    いろいろと、ありがとうございます。
    そこまでおっしゃるのなら、奥さんは今から
    何をすべきだと思いますか?

  • m-mie

    ishiiさんへ

    返信ありがとうございます。

    自分のするべきことですか。。。

    そうですね。

    夫には、なにも求ないことでしょうか。そのままを受け入れる。期待しない。変化を嫌う夫なので、このまま、変わらず毎日を、過ごしていく。

    自分は。。。
    いま、夫にしてほしいと思ってること、望んでいること、理解してほしいと、思うことを諦め、諦めることに、慣れること、手に取るようにわかるからこそ、距離を保つことでしょうね。

  • 風草
    風草

    m-mieさん、こんばんは。こちらこそ、いつも私の長~い話(笑)にお付き合いくださってありがとうございます。

     

    ishiiさんからのアドバイスいただいている最中、横からコメントしてしまうことをお許し下さい。こちらのお話は、ご理解いただけているかと思いますが長~いので(笑)後程、お時間が空いているときにゆっくりと読んでいただけると幸いです。

     

    >フリデモしてたら、いつかそうなれるかなって。でも、漏れ漏れでした。女の子が欲しいのも、だんなのせいにしながら、自分の願望でしかなかったですね。単なる願望。それだけ。

     

    それだけm-mieさんご自身が「私は幸せになりたい」と思われる気持ちがあったからこそではないでしょうか。人は誰しも「幸せになりたい」という思いがあり「幸せになりたい」と願っても良いのです。

     

    >だから、余計にチャレンジする機会、あきらめる機会さえも持たせてもらえないから、尚更固執してるんですね。

     

    自分の願望を諦めるというのは、とても辛く苦しいものですよね。これは私の主観なのですが、m-mieさんは心のどこかで「自分が納得できる答え」を、今日まで探し求めていたのではないでしょうか。自分の願望を叶える為、そして反対に諦める為にも「自分が納得できる答えが欲しい」と思われたことで「一度だけチャレンジしたい!」という考えに至ったかと思いますが、いかがでしょうか。私もそうなのですが自分が納得できる答えが見つからない限りは、なかなか諦めることが難しく感じてしまいますよね。

     

    m-mieさん、たとえばのお話しで申し訳ないのですが・・・・。もしも「旦那様がm-mieさんを愛していて、自分達の間には子供が授からなくても、それでも幸せだ」という気持ちを持たれていたら、それでもm-mieさんは「お子様が欲しい」と思われますか?そして「旦那様の顔を見るのも、一緒に居るのも嫌だ」と思われますか?

     

    私は、m-mieさんのお話しを拝見させていただき、もしかしたら旦那様は、女の子は欲しいけれども、旦那様の中で「納得できる答えを見つけた」ことで「子供を作ることは止めよう」と決心されたのではないでしょうか。そして、その理由が最初にm-mieさんがお話してくださった「子供二人にお金かかるし、ローンあるし子供にお金かけるくらいなら、自分達の老後を手厚くしたい」という決心があったからこそではないでしょうか。

     

    旦那様は「予測不可能な視えない先の未来」よりも「今、自分の目の前にある幸せ」を取ったのではないでしょうか?その「幸せ」こそが「今、自分の目の前に居るm-mieさんと2人のお子様との生活」なのではないでしょうか。旦那様は「m-mieさんと、2人のお子様と幸せになりたい」と考えているからこそ、自分の足元をしっかりと見据えて「家族が幸せな生活ができる為には、まず家のローン返済と、子供達の養育費、そして自分と妻の老後を手厚くする為に働いて稼ぐぞ!」と決心をされたのではないでしょうか。子供を作らない理由も、もしかしたら「子供が3人になってしまうと、今の生活が苦しくなってしまう」と考えたことで、諦めることを決心されたかもしれませんね。

     

    そして、m-mieさんは「夫は、自分を女性として見ていないのではないか」という思いも、もしかしたら「m-mieさんの思い込み」なのかもしれませんよね。上の文章を読んでいただくと分かると思いますが、旦那様がお子様を作らない理由は「子供を作ってしまうと、その分、家族の生活が苦しくなる。」という決心があったからだと考えれば、旦那様はm-mieさんを「女性として見ていない訳ではなく、生活が苦しくなってしまう」からであって、m-mieさんが「自分が女性として見てもらっていない」と深く悩む必要はないかと思うのですが、いかがでしょうか。

     

    >1つの話のネタとして、夫の職場のバイトの子が、男の子がほしく、そのバイトの方と、生み分けの話になり、女の子を望むとき、行為をあっさりがいいとかその方から聞いて本当かと思い、興味でネットで調べたって、話してました。

     

    こちらは、もしかしたら「興味本位」で「ただ調べてみただけ」なのかもしれませんね。このお話しをm-mieさんにお話しされたのも「妻も自分も、女の子が欲しい気持ちは一緒だったな」という思いがあったことで、お話しをされたのかもしれませんね。しかし、これは旦那様の中では、m-mieさんがお話ししてくださったことと同じく、旦那様にとっても「ただの話のネタ」だったのかもしれませんね。

     

    男性は、結婚して家族を持つことで「自分は家族の大黒柱であり、家族を支えてるんだ。」という「責任感」が少しずつ生まれていきます。そうなると、性欲よりも「仕事」や今回の「ローン返済、そしてお子様の養育費、年を重ねるごとに老後のことを考える」といった「生活に関わる問題」について考える機会が増えていくようになります。

     

    また、m-mieさんは旦那様が趣味にお金を使っていらっしゃるとお話ししていましたが、この世の中には「ギャンブル」や「女性遊び」に、大金を使ってしまう男性もいらっしゃいます。家族の事を顧みず「自分の私利私欲の為」に、お金を使う人もいるのです。楽しいことを「一人占め」して、家族や周りの人達には、ただ「苦しみ」だけを与える人もいるのです。

     

    私は、そう考えますと旦那様の趣味はご自身が楽しむことももちろんかと思いますが、もしかしたら「m-mieさんと子供達とも一緒に楽しみたい、楽しい時間を共有したい」という思いから、アウトドアのグッツを買われているのではないでしょうか。この思いも十分に「m-mieさんやお子様達を大切に想っているからこそ」の行動かと思いますが、いかがでしょうか?

     

    こういったように、少しずつ旦那様の言動と、自分の言動を見比べてみれば「幸せになる為の考え方が違う」だけであり、無理にm-mieさんが自分の思いに蓋をする必要がない部分が出てくるかもしれません。少なくとも、あなたは旦那様に「性的欲求を満たすだけの存在」ではなく「自分と一緒に居てくれる大切な妻」だと思われているかと、私は考えております。

     

    自分の夢中になっている趣味に付き合ってくれる、嫌みを言ってしまう自分すらも受け入れてくれる、自分と子供を作りたいと言ってくれる。こんな心の広く、自分に夢中になってくれる奥様を旦那様は放っておくでしょうか?いえ、放っておきたくないから今日まで旦那様はm-mieさんと一緒に居るのだと思いますよ。

     

    >今まで、過ごしてきただんなだからこそ、特徴というか、譲らないところとか、くせというか、中身と言うか、その辺りモロモロを熟知してますから(笑)今更ながら、持ち出したら、うんざり、げんなり、はぁ?って反応などなど、すべてが見え見えです(笑)

     

    ここまで、旦那様のことを理解していらっしゃるなんて素敵じゃないですか~。(笑)それは、きっとm-mieさんが「旦那様の良い面も悪い面も、しっかりと受け止めていた」からこそ、出てきたお言葉ではないでしょうか。そして、それを旦那様も「俺の良いところも、悪いところも知ってるのは妻だけだ」と安心されているからこそ、今日までm-mieさんと一緒に過ごされてきたのではないでしょうか。

     

    そして、それは逆に「旦那様も、m-mieさんの良い面も悪い面も受けれている」からこそ、今日まで一緒にいられたのではないでしょうか。意外に「良い面も悪い面も持っているのはお互い様」と思うことで、旦那様の嫌みも、よくよく考えれば「そんなに気にすることもないのかな?」と思うようになれるかもしれませんね。

  • ishii
    ishii

    私の選択は違いました。
    受け入れて下さるとありがたいです。
    最近このように、共働きの家庭も多く、義理の親子とも住まない
    三世代が一緒ではない家庭さんが、多くです。
    私は、奥さんの家庭の状況は、このままいけば、必ずもっと悪化する気がします。
    おどしではなく、今度は子供さんに表れくる気がします。
    ご主人さんの会社で食事の時にかならず、廻りの人達は見ています。
    ご主人さんに喜びを先に与えると、自分にも喜びが返ってきます。

    実際家庭の帳簿はわかりませんが、ご主人さんとの相談の上で、
    奥さんは仕事をやめるか、時間帯や日にちを減らすべきだと思います。
    そして、ご主人さんが返って来たら、何も家の事はさせない気持ちで
    ご主人さんを使わない様にしてはどうですか?

    そして、夫婦の不和は子供さんは、言うこと聞かなくなります。
    奥さんが家庭でご主人さんを立てていなければ、子供にとっての尊敬
    のシンボルであるご主人さんを、奥さんが尊敬していなければ、
    子供さんも尊敬しません。
    また、子供にとって愛情のシンボルである奥さんが、愛情をご主人さんや
    子供さんに注いでいなければ、子供さんは薄情になります。
    によって、夫婦は、違いの立場を発揮して、仲良くする事が一番大切です。

    一度送ります。待たせてすいません。

1-20件目(全29件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆