"不真面目"に生きよう

みなさん、こんにちは。

タカミチと申します。

今日は不真面目に生きるという考え方について書いてみたいと思います。

真面目な人ほど病みやすい社会

この社会には分厚いベールが覆い被さっています。

拝金・物欲至上主義というベールです。

そのベールの外には心を大切にする世界が広がっているのに、ベールが分厚過ぎて多くの人が気づいていません。

外に幸せな世界が広がっている事に気づいた人から、ベールを潜って脱出しています。

しかし、真面目な人ほどこのベールの中で生きなければならないと、信じ込んでいるように思います。

真面目は美徳、されどほどほどに

真面目である事は素晴らしい美徳です。

それは良心が人一倍強いとも言えますので、大切にすべき素養だと思います。

しかし、真面目が過ぎると、社会や他人に心を支配され易く成ります。

学歴、収入、容姿で人を評価する社会や、それに振り回されている人からの評価を真面目に受け止めてしまい、心を消耗します。

心を支配されると、ストレスは積み重なる一方です。

不真面目の極みだった元不良ほど、更生すると社会で成功しやすいのは、心の主導権をしっかり握っているからだと感じます。

鬼滅風に言うなら「(心の)生殺与奪の権を他人に握らせるな!」という事ですね。

つまり、不真面目という素養も、この世では大切だという事に成ります。

良心に沿った不真面目さを持とう

不真面目さも大事とは言っても、不良のように他人に迷惑をかける行為の事ではありません。

この、完全に方向を間違えている、狂気の社会から心を守る為に、健全な不真面目さを発揮しようという事です。

分かりやすい例で言えば、低賃金で過剰な労働を強いる人を人とは思わないブラック企業で働いているなら、心を守る為に例え少し収入が落ちても、安心して働ける職場への転職を考えるべきです。

お金や物欲よりも、心が最大事です。

みんながこうした考えを持つように変わっていけば、ブラック企業は存在さえ危ぶまれますので、社内の健全化を図り、ブラック企業を一掃出来るかも知れません。

しかし、真面目な人ほど、ブラック企業の言いなりになって心を消耗し、最悪にも自殺する人が跡を絶ちません。

ブラック企業とはいかないまでも、普通の企業でも社内いじめや、上司からの理不尽なパワハラ、セクハラはあるものです。

この場合は主に社員間の問題ですので、転職したところでまた同じような目に遭う可能性があります。

転職もひとつの逃げ道として最終手段にしながら、問題のある同僚、上司との付き合い方を模索すれば良いでしょう。

真面目に虐げられてやる必要はありません。

真面目に会社に忠誠を誓う必要もありません。

尽くしたい、役に立ちたいと思う心から良い会社なら、その時に初めて持ち前の真面目さを発揮すれば良いと思います。

不誠実な相手(会社・社会)に、生真面目に心を消耗させてやる考えを廃した時、少し心が軽くなるかも知れません。

これは、学校にも置き換える事が出来ます。

僕たちは、第一に自分の心を守る使命があると考えています。

これをみんながやり始めた時、社会は自然と良い方向に向かいます。

少しでも、ご参考に成りましたら嬉しいです。

みなさんの心に常に太陽が在る事を祈りつつ。。

ありがとう御座います

3
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up