新婚半年 離婚回避したい、

コメント:1件 閲覧:2,968人 最終更新:1 年前 作成者:konntonn

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私は26で、「パチンコ屋の社員として勤務」、妻は21で「ペットショップの社員として勤務」
交際は3年 結婚して半年しか経っていません。

ちょうど一ヶ月前の事です、私は妻から友達とルームシェアするので、別居と離婚を視野に考えてますと告げられました。

原因は別居&離婚を告げられた2日後に夫婦喧嘩をし、頭に来て、妻に対し別居別居言うなら離婚だ、仮面夫婦続けるなら出てゆけと言ってしまったのです。

夫婦喧嘩から2日目の出来事、妻が荷物をたたみルームシェアをする友達に車で迎えられ行ってしまいました。妻が荷物を淡々と運び、私は指を咥えるがまま妻が出てゆくのを見守ることしか出来ませんでした
(行ってしまう前に離れたくないと抱きついたのですが、)

それを機に私の家には戻ってくることは無かったのです。

それからLINEや電話でやり取りを行い、一ヶ月の間に2回会う約束をしたのですが、言われる一言が
すべて離婚届けにサインをしてとせがまれ、私は頑固に拒否をし続けて来ました。

自分の行動を反省し改めるからどうか戻ってきて欲しい、それか別居先に住まわせて欲しいことも言いました、返ってきた言葉は、「貴方にはもう無関心になった、愛情も感じられない」と「嫌いな人と過ごさないとならないのはもっと嫌だと言われ」精神的にも疲れ、自分が何をしたいのかも分からない状態です、

また、喧嘩が原因じゃないことも分かりました、

私が極度の遊び人で、毎日ギャンブルや遊びに更けており、妻の大切さを忘れていた為、
それに愛情が冷め、積もりに積もった怒りが噴火してしまったとも言われました。

私も私なりの不満があって喧嘩をしたんだと思うのです、妻は嫁としての役割を果たしておらず、
家事や、コミュニケーションもとらず、私の仕事を理解してはくれませんでした。

別居してから1ヶ月が経ちました、今現在、昔の思い出やあの時この時こうしていれば、と言う未練が
脳内を駆け回るのです、

妻には新しい人生を歩むと言うすばらしい考えを持っていますが、

私には妻が居てこそ私がある存在でしたので立ち直る事が難しい状態にあります。

どうか、離婚を回避し、嫁とまた笑いあいながら過ごせる日々を取り戻すにはどうすればよいのでしょう

今月の4日には嫁の誕生日が控えており、特別な日を一緒に祝う事が出来ないのがとても残念です。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

replies 1 (of 1 total)
  • 匿名

    お互いに結婚をできるレベルに達してなかったというのが正直なところだと思うよ。

    憶測だけど、きっとどちらにも「歩み寄る」という姿勢が希薄だったと思うし
    子供がいる状況で、たった半年の結婚期間でそのような状況になっているのも
    大人として、親として非常に情けないこと。これが両方に非がある。

    「私には妻が居てこそ私がある存在でしたので立ち直る事が難しい状態にあります」。

    これは結婚ではなく、依存という。

    結婚というのは「一人でも幸せだけど、伴侶といるともっと幸せになれる」。
    こういうスタンスでないとうまくいかない、つまりお互いに自立してることが前提。

    今の奥さんに「今のあなた」が何を言ったところで通用しないだろうから
    まずはお互いに自立してみることが先決なのでは?
    どちらにとっても早々に離婚をしないといけない都合があるとは思えないし。
    やるべきこともやらずに「家族で幸せな家庭を、、」なんてそもそもが甘えた発想でもある。

    あなたはギャンブルをやめる必要がある、自分を180度変えなければならない。
    それが覚悟できないようなら、妻も子も捨て、責任だけ負って生涯孤独に生きる他ない。

    「世界を変えようと思うなら、まずは自分自身を動かせ」。

replies 1 (of 1 total)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆