私の親はおかしいのでしょうか(長文です)

コメント:2件 閲覧:2,104人 最終更新:5 ヶ月前 作成者:ayumisan

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

初めて投稿します。

小さい頃から自分の家庭・親は少しおかしいのではないか、と感じてきました。
親に言わせれば、私がおかしいだけで、親はきちんとしてきたというかもしれないのですが、小さいころからの親の行動が客観的に見てあり得るレベルなのか、それともやはり特殊な環境で育ったと考えるべきなのか、皆様のご意見をいただきたいです。

まず、正直に申し上げますが、私は学生時代に統合失調症の診断を受け、その後、誤診となり、現在は広汎性発達障害の診断を受けています。薬は最近まで飲んでいましたが、回復して、飲まなくても常勤で働けるくらいには精神は安定しています。

私にも特殊な要因があるのですが、育った環境について客観的に知りたいと思っています。

子供のころで印象に残っているのは、とにかくは母が働きづめだったということ。
私は母の手伝いで、小学校3年生の時から弟の保育園の迎えに行っていました。その頃は、母は大体夜7時ごろ帰ってきましたが、遅いときは兄弟3人で10時ごろまで待っていました。
父は夜勤の仕事でそもそも顔を合わせませんでしたし、いても頼れる人ではありませんでした。
私は学校で嫌なことがあっても、親に迷惑はかけてはいけないと、言わずに我慢していました。靴を隠されたり、学童保育で全員に無視されたりもしましたが、学校に行きたくないとは言えませんでした。
母も忙しかったのでしょうし、父は共働きでも家事をするような人ではなかったので、家は散らかり放題でしたし、服もまともに買ってもらえなかった記憶があります。初めてのブラジャーも自分のお年玉で買いに行きました。ごはんは食べさせないと死んでしまうからと言われたことがあります。

もっと毒舌を浴びせるような親や暴力を振るう親もいるでしょうから、病気の時もそれなりに看病もしてくれ、恵まれていたと思わなければならないのかもしれません。

が、どうしても、あんな親じゃなければよかったのにと思います。

親は世間的には立派とされる職業ですし、学歴もあります。社会批判も立派で、世の中の間違っていることを指摘するのですが、もちろんそれはそれで正しいにしても、子供のことも幸せに育てられない人に他人を批判する権利なんてあるのかと思います。理想的な考え方は立派ですが、現実の生活能力の乏しい人たちです。

また、小学生のころから喧嘩が絶えず、特に夜中に喧嘩するため、うるさくて寝られませんでした。
喧嘩のパターンは決まっていて、父が母を馬鹿にする発言をし、母が謝罪を求め、言った言わない、謝らないと離婚だ(母)、子供のために離婚はしない(父)、最終父が渋々謝る。父は納得してないので、また同じことの繰り返し。

変わってほしいと願い、いつか親とも分かり合いたいと思っていました。
ですが、子供が独立しても離婚騒動の挙句に、もとさや。そのとき父には離婚のための別居費用を渡しました。
また、母親が珍しく弟のために動こうとしていたので、やっぱり母の愛はあるんだと感動してみたものの、結局弟のためには行動せず、自分の不満をぶつけたかっただけのようで、涙はどこへやら。弟のために使うからとお金も渡したのに、弟のためには使われませんでした。
もう親には何の期待もしていません。

親のことなんて忘れて、恨みも忘れて、自由になりたいのに、囚われてしまっています。

私たちは介護頑張っているけど、子供は私たちの介護をしてくれるのかっていうのが、最近の父との話題なのだと、母が無邪気に言っていました。祖父母は老人ホームです。

正直、関わりたくないですが、罪悪感があります。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-2件目(全2件)
  • jug

    今もなお悩まれ苦しまれてるのですね。思いが伝わってきました。アユミさんもアユミさんの親御さんも、おかしくないと思います。人間で完璧な人は誰1人いません。どれだけの肩書きや地位や名誉がある方でも不完全なのです。アユミさんの親御さんも今のアユミさんよりも未熟だったんでしょうね。でも子供にとっては未熟な親が完璧で全て。ご両親はかなりのハードルの高い事をアユミさんに求めてきたんだろうなと感じました。そしてアユミさんは私にも原因がある。私が我慢しなければ、私が悪いから。って、沢山思われてきたんじゃないでしょうか?それが今の罪悪感に繋がっているんだと思います。アユミさんは広汎性発達障害で特殊な要因があるとおっしゃってますが、人を傷つけたり酷い言動をしてしまう方も十分障害です。ですからアユミさんは自分に原因や要因があると思う必要はありませんよ。
    怒ったり何か言ってきたり酷い事をするのは、される側に原因があるのではなく、する側に原因があるのです。
    それが家族でもです。右手と左手は繋がっているけど、別々ですよね。足も頭も別々の行動が、出来ます。アユミさんも家族だから、全てを自分が受けてあげなくちゃと思わなくても良いのです。向こうの要求するレベルに届く必要はありません。自分の出来る事だけやってあげればそれで十分なんです。かかわりたくなかったら暫く関わらないでいましょうよ。そうする事で、アユミさんは私にも関わらないと言う選択が出来るんだ!辛い時は逃げていいんだ!といつでも自分の気持ち次第で選択出来る事を知る事が出来ます。全ての事において自分を許してあげてみて下さいね。あなたは大丈夫です。

  • ayumisan

    jug様

    コメントありがとうございます。
    あまり人に話したことのない内容だったので、どういう反応が来るのか不安でした。
    暖かい反応をいただいて、とても心が落ち着きました。

    今は優しい夫にも恵まれ、(というか、その夫に会えたので、自分の育ちを外から見ることができ、自分をもっと大切にしてもいいのではないかと思えるようになりました) 少しずつ自分で自分を受け入れていこうという気持ちです。親を思うと、怨む気持ちと哀れむ気持ちが半々ですが、まずは自分を尊重できるようになってから、親との関係を考えればいいのかもしれません。親もしばらく先まで元気そうですし。

    誰かに話せて気が楽になりました。大丈夫と言ってくださって嬉しかったです。本当にありがとうございました。

1-2件目(全2件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆