心の病の捉え方

c42db96bc5f9fa8cf5e7f68bfff159dc_s

皆さんこんにちは。

ココトモライター・エディターチームのオハナです。

皆さんは、心の病って持っていますか?

思えば、心の病って代表的なものは、『鬱』とか、『PTSD』とかが漠然と浮かんでしまうのですが、もし心の病に定義がないのなら、私は迷わず、『心の病は誰にでもある、ごくごく身近なもの』と言いたいと思います。

あなたには、過去のトラウマがありますか?

過去に経験した嫌な経験があって、それを思い出すと嫌な気持ちになったり、似たようなものを避けたりすることはありますか?

『心の病』って、それだけ聞くと、何だかとても重いもので、持っている人は特別な意味に捉えられるような気がするんですよ。

心の病がある自分は特殊。

心のストレス、心の病から、自律神経失調症で息苦しかったり、耳鳴りが酷かったり、目が見えにくい私は、特殊。

鬱を抱えている自分は、他の人と比べて特殊だ、違う人間なんだ。

果たして、本当にそうでしょうか?

その人は、特別でしょうか?

過去の悲しい経験が心にこびりついていることも、辛い経験があることも、そこから抜け出せなくてグルグルしていることも、『心の病』なんだと思います。

誰しも病人にしたい訳ではなく、『身近なもの』であり、『誰にでも起こりうること』だと言いたいだけ。

自分もあなたも、ごくごく普通であるだけ。

もちろん、日常生活に支障があったり、働けなかったり、人間関係に影響があったり、人それぞれ違います。

でもね、『鬱』が誰にでも起こりうること、と最近言われているように、『心の病』も誰でもあるものだと思うんです。

心の病を抱えていることも、それに苦しむつことも、特別でもなんでもなくて、心の病を抱えるまでにその人なりの道のりが、過程が、苦しみがあって、今こうなっている。

頑張った証拠ではないですか?

それを抱えるまでに、病んだ時間があるんだと思います。『病』に変わるまでの苦しみがあったように思います。

そして、その苦しみは、誰もが経験する可能性があって、普通であるということ。

それを治す方法は、もちろん人それぞれ。

誰かの言葉で立ち直ることもあれば、薬を飲んだり入院したりすることだってある。

治らない恐怖に怯えたり、泣いたりすることもある。

深いことを言うと、実は治さない方が良いこともある。これは少し特殊な例だけど、その心の病に助けられていることもある。

体に傷がつくことと違い、目に見えず、完治したかどうか判断がとても難しい『心の病』。

目に見えないからこそ、本人が治ったと思えば治ったり、意外に治ってなかったり、根気が必要で治るまでに何年もかかったり、私みたいに完治を半ば諦めて楽になったりすることもある。

治ると信じて歩き続けて治ることもある。

『この方法で、あなたは100パーセント治ります。』そう断言がとてもしにくいのが、『心の病』、奥深いもの。

でも、誰しも持っているのなら、一緒に歩いてくれる人や頑張ってくれる人は多い気がする。

目に見えない心のものだから、一緒に歩いてくれる人は大きな支えになる。

完治しなくても、同じように歩いてくれる人がいることは、何より薬になる気がする。

今は便利になって、そんな人達をネットで探して見つけることだって出来る。

『治すべきか?』の判断

これは本当に難しくて、一概にそうかとは言えない。

自分で想像してみても分からないこともある。

でも、そんな時も、サポートしてくれる人や同志がいればまた違うかもしれない。

『治そうとして、折角治ったのに、何故か良い方向に向かわなかった!!もうひ酷い、ショックだ!!』そんな言葉を聞いてくれる人を見つけること。

聞いてくれなくても吐き出し口があるだけで全然違う。

そういう人を見つけること、そして『心の病』の存在を誰にでもある当たり前だと理解して、自分が苦しくならないよう向き合うことだけを考えること。

完治は簡単だったり、難しかったりする。

私も超健康体になって、全てが過去になった訳ではないけど、正直『心の病』から貰ったものが全くない訳ではないから、息苦しくても耳に違和感を感じても、こういうことになったのは、ある意味私の場合は周りを振り切って仕事した結果なので、自業自得だから、受け入れるしかない。

なったものは、事実として受け止めるしかない。

だから、治す未来の為に歩いていくしかない。

心の病も、そこから来る身体的な症状も、過去は変えられないから、この先どうすれば頑張れるか、辛くないか考えながら行動していくしかない。

治らない恐怖を抱えても、生きていくしかない。

完治はそりゃあしたいけど、それが全てで、それが出来なければ無意味だと思わないこと。

完治は望み、でもその過程を意識しながら歩いて行き、過去からも今からも何かを得ながら未来へ進むこと。

私だって、心も体もこれならどうなるかなんて分からない。

でも、心の病も、体の辛さも、程度はものすごい酷いわけじゃないけれど、それなりに抱えてます。

でも、きっと歩いていけると信じてます、いや、信じるしかないと思ってます。

終わりに

頑張れなんて言わない。

無理しろなんて言わない。

だって、辛いじゃん。

でも、誰でも持ってるものなんだから、程度はあれど、みんな持ってるんだから、持ってる人同士で、とりあえず一緒に頑張ってみようって。

それが無意味に思えても、だから何?って思っても、どーせ…って思っても、未来を断言出来る人なんて、どこにもいない。

大丈夫だよ、根拠なんかなくて良いから、とりあえず大丈夫って思って、やっていこう。

そんなことを、自分にも言い聞かせながら、私もやっていきます。

以上、ココトモライター・エディターチームのオハナがお送りしましたm(_ _)m

ココトモ「ライター・エディターチーム」とは
『ココトモのサイトに検索で訪れてくれる人を増やすこと!』を目的として、ブログの書き方~効果測定方法までみんなで勉強しながらブログを書くチーム。日ごろよりココトモに来てくださっている皆さまにとってもきっと良いブログをお届けできると思いますので、どうぞお楽しみに☆
⇒ライター・エディターチームの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全10件のコメント

  1. オハナ 2016/06/11 15:48

    ミッキーさん、初めまして。オハナです。コメントありがとうございます。
    トラウマを経験して現在治療中なのですね。今も辛い状況が続いているのでしょう。私も現在辛い状況です。苦しいですよね。しんどいですよね。いつ終わるんだろう?って不安に思いますよね。
    そういう時は、思いっきり自分がしんどいと思ってください。そこから頑張らなきゃとか、早く抜けなきゃ、よりはそこで思いっきり自分を労らないと、より辛くなってしまうんです。中途半端に上がろうと頑張った私が良い例ですよ苦笑)

    永遠に今の状態は続きません。私は金銭的なことや色々なことが要因で病院には現在通っていないのですが、いまも抱えている、ということは変わりません。
    でも、良くなることを信じて、一緒に、歩いてみましょう。走らなくていいので、歩くだけでいいんだと思います。

  2. ミッキーです! 2016/06/10 21:31

    はじめまして
    私はいろいろなことをされたことで、トラウマになりいろいろな、病気を、発病してしまいました。

    心療内科に、通い中です、
    苦しいおもいと、悲しい思いが、あり、
    なけてきちゃいます

    辛くてたまりません。

  3. オハナ 2016/05/29 21:47

    Amiさん♡
    初めてまして、オハナです。コメントありがとうございます。
    コメントするの、勇気がいったのではないですか?ありがとうございます。
    私自身が、独りで辛かったんです。病気にしても、仕事もそうなのですが、私、孤独に弱くて、『一緒に歩こう』みたいな言葉が好きで、自分にも周りにも言っているだけなんですよ。
    心強いと思うんです。一緒に歩くよ、って、『あなたのこと見捨てないよ。存在をちゃんと認識してるよ。』って言われている気がして…。
    私は、独りだけで歩くことは出来ない小心者で寂しがり屋で勇気がない人間なんです。
    こんな私のブログに感動してくれて、ありがとう。
    Amiさんも、今も病気と戦っている最中だと思いますが、『一緒に』歩いて行きましょうね♡

  4. Ami 2016/05/29 01:19

    はじまして。Amiと申します。ブログを拝見させて頂きました。
    私は人見知りで話すの苦手です。昨年体調を崩して心療内科に受診して鬱病と診断されて今は通院中です。
    オナハさんのブログで目に見えない心のものだから一緒に歩いてくれる人は大きな支えになる。
    完治しなくても同じように歩いてくれる人がいることは何より薬になる気がする。
    に感動しました。ほんとその通りだと実感してます。薬を服用してますが不安定になることもありそんな時は信頼できる人に話を聞いてもらうだけで気が楽になったりいつも見守ってくれてる人がいてそれだけ支えになったりします。
    話すのが苦手で変な文になってたらごめんなさい。またブログ拝見させて頂きます。長文失礼しました。

  5. オハナ 2016/04/28 09:53

    ぬいさん♡
    時代と共に言葉の定義って変わるもんなんですよね。不思議な気もするけど、変わるって当たり前のような気もします。
    病から得るものは確かにあります。その得たものを自分で咀嚼して、糧として大切にしていくことって可能なんだと思います。
    簡単ではなけれど、そう思えたほうが楽な場合もありますよね、それで良いと思うんです。

  6. オハナ 2016/04/28 09:50

    ヒロさん♡
    ありがとうございます。
    私も看板スタッフとして、自分の振る舞いや言動がとても気になるので、お気持ち凄く分かります。
    ココトモでの性格とか、私も変わるんですよ、かりなり笑
    前に職場の同期を連れてきたのですが、変わりようにとてもビックリしていました笑
    人って、いくつもの顔を持っています、いる場所でもそこの相手でも雰囲気でも、かなり変わるしそれって当然だと思います。
    いいんですよ、それで。迷惑をかけた気がしたら、後日聞いてみたり謝ってみたら良いんです(ヒロさん大丈夫な気がするけど)実際やるとかではなくて、そんな気持ちを持つことが大切なんだと思うんです。
    ハウスでは自然体で無理ない自分で良いんですよ、そういうのが許されてる場所だと思ってください。最低限のマナーや常識は存在しますが、気を張る場所じゃないんです。
    ココトモハウスや経験、時間を通じて、今よりもっと楽になれるといいですね(^^)コメントありがとうございました★

  7. ぬい 2016/04/28 00:30

    昔……
    そう20年以上前
    『心の病』で入院すれば一生隔離されて生きていかなければならい
    そんな時代があったわけで
    心の病という言葉がここ最近で随分言葉の意味が変わったんだなって思います
    薬の進化、コマーシャルなどいろいろな要因があるのかもしれませんが
    さて
    病から得られるもの
    これは確かにあると思います
    実際に体験したからこそわかること
    完治せず体にずっと残るものという意味では
    障害という表現が正しいのかもしれません
    ないほうがもちろん楽に生きていけるんだと思います
    けれどその苦しみから学んだもの
    それを大切にして何かに役立てられたら
    そんなふうに思ってみたりそうでなかったりなかんじです

  8. ヒロ 2016/04/27 19:16

    思いやりのあるコメントありがとうございますオハナさん。
    読んでいて返信がしたくなってしまったのでまた書かせてもらいます。

    人間不信に関しては最近確かに自分も徐々に解消されてきていると感じています。
    今日も出先で去年自分が勝手にマイナス思考に陥っていたのが原因だと思いますが、
    趣味の練習でよく行く店に行くと、とても店員さんが優しい笑顔で迎えてくれて向こうから声をかけてくれて、帰りも非常に話しやすい雰囲気かつ優しく話しかけてくれるので、最近は人への不安感も薄まりつつありますね。
    自分から人へも少し話しかけるようになってきていますし。
    ハウスの時と同じぐらい話せればいいんですが、さすがにそこまではいかないのが惜しいなと思うところではありますが。
    何か外でちょっとしたきっかけさえあればトントン拍子に人間関係がうまくいきそうな感じです。

    ちなみにココトモ関連では自分はかなり精神年齢が若く幼くなります。自分でもはっきりと理由がわかっています。

    今までずっと仕事関係はもちろん親にも普段頼られたりする立場なので、今までは気を張るのが自然で自分の弱さをどこにも出せなかったんですよね。
    それが去年に限界が来て久しぶりに人前で自分の弱さを出すというのが、立場や世間体も考えると最初は不安でどうしようもなかったことが、一度自分が自信喪失してしまってそれからほぼ回復し徐々にではありますが開き直りつつある最近は、意地張って無理して強がるよりも、気を張らないで自然体で過ごすのって気楽で楽しい!って思えてしまっています(^^♪
    精神年齢が10代ぐらいまで低下している時がありますが、最近それが楽しくなってしまっていて困りものです(^^ゞ

    今までは過去の辛い事が原因で非常に強く感情が固まってしまっていたと思いますが、最近気持ちがどんどんほぐれてきて感情や気持ちがどんどん出てきてしまっています。そうなると周りが見えなくなってしまい、後で俺の言動が周りに迷惑をかけているんじゃないかな?と思い自分を責めたりする事もありますが、何とか自分で運動や趣味やったり仕事や他のものに没頭したりして適度に発散しつつやりくりしていますね。

    そうですね、このコメントを読みまたお話を聞きたくなりました。
    優しい気遣いのあるコメントをありがとうございました^ー^

  9. オハナ 2016/04/27 15:28

    ヒロさん♡
    先日はありがとうございました、お会い出来て嬉しかったし、またもやコメントもありがとうございました(^^)
    ちなみに、コメントについてはメンバーいがいの方も書けるんですよ、自由なんです、だから気にしないでコメントしてくださいね!!
    ペットの話など、こちらこそ癒される時間をありがとうございました。そしてブログも褒めてくださり嬉しい限りです。

    人への不信感であったり、恐怖であったり、辛かったことから、それを乗り越えたり立ち直ったりすることは、簡単ではないと思うんです。何年もかかる人がいて当然で、進み方は人によって千差万別。

    ヒロさんにはヒロさんの立ち直り方があって、治し方があるはずなんです。
    それを探して実践して治るまでには、時間はかかってしまうかもしれないけど、焦らず自分のペースでやっていって欲しいです。
    でも、今もう、ヒロさんは治りかけている気がしますよ。だって、学ぼうとする意思が既に出ています。兆しがない人はきっとまだ学ぼうって気持ちは芽生えない気がするんですよ。

    意外と、あともう少しかもしれません。
    なるべく落ち込まないように、自分なりに向き合っていくことが大切なような気がします。

    是非またハウスでお待ちしてますね!!また会える日を楽しみにしています(^^)

  10. ヒロ 2016/04/27 09:45

    オハナさん、少し書き込みたくなってしまい書きます。

    読んでいて心温まる内容で嬉しく感じれてよかったです。
    最近自分はよくここに書き込むようになって今更気づいたのですが、ここってメンバーの方が書き込むブログなんですね・・・
    なんで俺ここに書き込みしているんだろう?と昨日気づき、もう書くのはやめようと思ったのですがつい読んでいて少し書きたくなってしまいました。

    この間は陽気で楽しい会話をありがとうございます。
    ペットの話は本当に癒されました^^

    自分もまだ思い込みの部分もきっとあるでしょうが、過去の辛かった事から完全に立ち直れてはいないような気がします。
    仕事以外での人間関係を極力避けることにより、無用なトラブルや揉め事を回避して生きているので寂しい人生を歩んでいますが、最近は少し気持ちに変化が出来、また自分と相性のいい人が見つかったら、前みたいに誰かと一緒に楽しく人生過ごしていきたいなと思えるようになっています。
    それと同時に人間関係をしていくにあたって、無用なトラブルをうまく避けていく方法を学び直さないといけない気がしています(^^ゞ。

    メンバーでもないのに色々とここで書き込みをしてしまい失礼しました。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP