みんなの『自信を取り戻せたきっかけ』

 

みなさん、こんにちは^^

広報メンバーのorganです

調子はいかがでしょうか♪ 

ココトモ内では、風邪菌がうようよしているようです

まったく・・・

お野菜を食べるのですよ、お野菜を。 

ちゃんと食べてちゃんと遊んで、たっくさん寝て、

とりあえず明日をむかえてくださいね

明日の為に休むことは、

明日の為にがんばることと一緒です。大丈夫(^^*)
 
 
さてさて。

先週のココトモ通信では、

「失った自信を取り戻せたきっかけ」をみなさまに

お伺いしました

ご投稿くださったみなさま、ありがとうございます^^

今週もたくさんのお声が届いて、うれしいです


リクエストしてくださったライスさんに、

ちょっぴり自信をなくしてしまってる人に、

みんなのお話が届くといいな^^

ではでは、全9話、はじまりはじまり〜♪

 

みんなの『自信を取り戻せたきっかけ』

 

○鷹れんさん○

私が自信(というか、自分の存在価値的なもの)のことを

分からなくなったのは、中学生の頃です。

向き合ってくれない親。生徒をコントロールするばかりの先生。

表面だけのクラスメイトたち。

失敗する私は価値がなく、迷惑をかける私は悪者で、泣く私は弱い。

そうやって傷ついていく日々でした。

そんな私が自信を取り戻せたようになったキッカケは、およそ一年前、

ココトモに出会えたことです。

居場所が見つかって、休めて、ほぼゼロだったエネルギーが溜まると、

自分で思うよりも「できること」がたくさんあることに気づきました。

失敗したり、迷惑をかけたりするのは私が挑戦できてるからで、

泣くのはそれほど真剣に考えることができてるから。

長くなりましたが、

そんなわけで、今の私がいるのはココトモのおかげなのです( ´ ▽ ` )

あらためて、ゾノさん、ココトモメンバーのみなさん、

ココトモに来てくれたみなさん、ありがとうございます。

 

○ゆっきーなさん○

私は小学生の頃から声が低いのが悩みでした。

合唱では、ソプラノパートにつきたいと思ったことはあっても

あなたは声低いからアルトね。」と、周りから言われ


そのうち授業で合唱があると自分でも遠慮して

アルトパートに入るようになりました。

小学生の時は男子ばかりがアルトに入る中、

私だけ女子一人アルトなんてことはあるあるでしたf(^_^;

中学に入っても「声が低い」といじられるようになり、

ミュージカルの道を目指すものの周りから「声が汚い」と言われて、

本格的に自分の声が大嫌いになりました。

高校一年生からは通信制高校に通い、

合唱をすることや声を周りの人に聞かせるようなことはなくなりました。

そんな時に今声楽を教えて頂いているY先生に出会いました。

声を聞いていただくと

あなたはアルトではないメゾソプラノだね。」と言われて新しい自分を発見しました。

実はY先生も声が高い方ではなく、若い頃は自分の声が大嫌いだったそうです。

面白い話を聞いたのですが、人は自分の声が嫌いだと声を変えるそうです。

自分が理想とする声の「モノマネ」をして歌うんだとか!!!

私は明らかにそのタイプでした。声が高くありたいと思うあまり、

オペラでアリアを歌う女の人のような声を出していたんですf(^_^;

でもY先生に

「ミュージカルはアリアじゃない。声が低い役柄、

高い役柄があって初めて芝居が成り立つ。」と聞きました。

確かに、声が低い素敵な役柄はミュージカルに沢山あります。

「あなたの声は、明らかに周りより低い。けどあなたらしさがあるよ!自分の声を出してみなさい!」

と多少怒られながらですが言われて、「ああ、声まで演技をする必要はないんだ…」

と楽になりました。

それからやっと「声が低い自分」を受け入れ、

自信を持って台詞を言ったり歌ったりできるようになりました(*^^*)

ちなみに今はミュージカルの道は目指していませんが、

声の一件があってから自分の声が出せるようになるまで声楽を続けようと思っています!

女性の音階について知らない方がいらっしゃってはいけないので、表記しておきますね!

高い順 ソプラノ→メゾソプラノ→アルトです!

 

○綺麗々さん○

私はピアノを長年やっていますが、

やればやるほど自分の意見が出てくることが多くなり、

先生と噛み合わなくなることがあるんです。

いつものように噛み合っていなかったのですが、

その日は先生から「どうしてそんな風にしか弾けないの」とさんざん責められ、

挙句に彼氏さんからも「嫌ならやめればいいじゃん」なんて言われて。

ピアノがすっかり弾けない私になっていました。

そんな時に母から、

「貴方の好きな曲を好きなように弾いてアレンジして…

楽譜が読めなくなった時みたいにキラキラしながら弾いてる貴方がもう一度みたい」

そんなことを言われて、少しずつまた自信を取り戻したのを覚えています。

時に優しい母、そんな姿を目指して今も頑張ってます!

 

○ぬいさん○

自信って失ってしまうとなかなか返ってこないような気がします

大きな失敗が無くても、日々の小さな失敗の積み重ねで

なんとなく擦り減って、気づいた時にはもう自分の力で立ち上がれなくなってたり

そんなときって妙に焦ってしまって

何かしないといけないような気分になって、

中途半端な気持ちでことに望んでまた失敗する

なんていう悪循環に陥ってしまう

そう思うとなかなか厄介だなと思います

さらに、自信がないときは人からの言葉が自分を責めているように聞こえて

人の話を聞けなくなって

独り善がりで孤立しやすくなるように思います

こんなとき、周りの人の助けもなかなか受け入れられないまま

立ち直るのは困難な気がします

こんなときはどうすればいいか

私なりの考え方ですが

止まらないことだと思います

何もかも諦めてしまえばそれまでのこと

元気なときみたいに前に進めないけれど

休みながらも前進をやめないことが大切なような気がします

そうすれば、歩いてきた道のりが

自信になっていく

そんな気がします

前の見えない道を進んでいくことは本当に怖いことですが

どうか一歩一歩踏みしめるように

進んでいけばいいのかななんて

 

○レモンさん○

学校で、隣の席の子がものすごく苦手で、学校を3日連続休んだ事があります。

その時、担任の先生が心配して、話を聞いてくれました。

先生も対応するから、君も強い心をもつようにして』と言われて、

無事復活できました。

担任の先生は、よくみんなに、いろいろ不満を言われていますが、

私は絶対に言いません!!!

 

○ルナさん○

自信を失った時は片想いの人の姿見るとホッとすると同時に自信取り戻せます。

 

○さきさん○

自信は私にはありません。これといったものもないし。

これは、悲観的にいってはいません。どんな形であっても、

支えてくれる人や私を信じてくれる・信頼してくれる人が近くにいる、

それが安心感に繋がって、山あり谷ありで、

逃げたくなっても頑張っていけるからです。

テーマと少し違うけど、許してくださいね(笑)

 

○ヒロスケさん○

「自信について」

これは、人それぞれだと思いますが、俺の場合・・・なんだろう()

自信に関しては、方法は様々です。

短くいくつか載せます。

・読書をしたり、何か簡単なものでもいいから、やり遂げる、方法です。

・趣味をして、それに関して、日記をつけたり。

・これは、心理学の分野にも触れますが、

やったことを辿るやり方です。(自分で何をしたか)

私は頑張り過ぎて、ノイローゼ気味になりましたが、

その時に、本や人から教えてもらった方法です。

俺の場合、自信持っちゃうと、完全主義の傾向あって、

調子に乗りやすいんで、謙虚を心掛けてます。

反感を買っちゃって、しょんぼり、とか。

自信を取り戻す方法は、僕の場合は、誉めてくれる人に出会ったこと。

それまでは、資格など取ったけど、

いつの間にか(自分を)けなしていた面があり(人と比べて)、

なんでけなすんですか?と言われたりしましたが、まず、親からそうでした。

親とは不仲です。

私も人から言われたことを鵜呑みにして、

自分をも馬鹿にしていたんです。

(出会う人など、上から目線な人とか、多かったから)

(資格でもなんでも)取った時の気持ちは忘れてしまいますね。

なんで、僕は初心を忘れないようにしてます。

○琴音さん○

大学出て、大学で学んだ分野に就職して、
「一から勉強」のつもりでスタートしたのに、
直属の上司からのパワハラで、泣いてばかりで、
気が付くと勉強も手につかず…
仕事を辞めたいと思ったけど、そしたら何だか逃げるようで、
負けたような気になって辞めたくなくて…
うん、若かったんだな、当時は。
そんな時、同じ分野に就職した友人が、
励ますために遠くから来てくれたり、長電話に付き合ってくれたり、
ポロッと困ってることを言うと、恩師はじめ、
同業者の先輩や 友人が資料をおくってくれたり、
パワハラにおびえる私に、
「聞きたいことがあったら、言いにくいだろうから俺に言って!」と
言ってくれた職場の同期、
「琴音さんが元気ないんだ」…という噂から、
何度となく食事会を開いてくれた同期の仲間たち…
今は退職して、仕事とも仲間とも遠く離れてしまったけど、
10年間の「お勤め」を支えてくれた皆さんに感謝です。
本当にありがとう!!
そしてまた、こうやって「ココトモ」で新しい一歩を踏み出せているのも、
その10年があったからです。
これからは「ココトモ」のメンバーとも、新しい道を踏み出していきたいです。
どうぞよろしくお願いします♪

おわりに

・・・なるほどなぁ

味方でいてくれる存在があるだけで、チカラがわいてきますよね

ココトモも、あなたの味方になれていたら嬉しいな^^ 

ではでは、また来週お会いしましょう(^▽^)/

 

organでした

 

P.S うまいこと改行されていなかったらごめんなさい

どうしてもこうしてもうまくいかなくて(´・ω・`)

システムの神様の言う通りにしたのにな。むー

 

 

ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全6件のコメント

  1. organ 2015/02/05 11:05

    匿名さん(^^)
    コメントありがとうございます^^
    匿名さんに響く言葉があってよかった
    暖かいご報告、とても励まされるのです
    よかったらまた覗きにきてやってくださいね♪

  2. 匿名 2015/02/05 02:01

    みなさん、それぞれ素敵ですね。特にぬいさんのことばが、今の私にあってるなって思いました。

  3. organ 2015/01/31 00:15

    あつさん(^^)
    あはっ。あつさんたら、コメント欄でも最高におもしろいです
    あつさあつさん、・・・ぐりぐりぐり〜(・∀・)!

  4. あつ 2015/01/30 21:57

    オルガンさんに、撫でくりまわして頂くと、元気になります。…これ、効果覿面‼︎

    …お題と違う❓❓

    …これは失礼しました〜Σ(´д`*)

  5. organ 2015/01/30 09:42

    ライスさん(^^)
    今週もがんばりましたー!ありがとうございます
    お。いいこと言うなぁーライスさん^^
    なんだか最近急に男っぷりがあがったんでないですか♪にひひ
    ライスさんのブログ、早くよみたーい

  6. ライス 2015/01/30 08:38

    集計ご苦労でありました!
    やっぱり人を救うのは人なんですね。
    助けられるだけでなく、自分が誰かを助けることで自信を取り戻すことができる人もいるようで、
    助けを求めている人も、人を救っているのかもしれませんね。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP